2016
11.28

子供と進路について話をしましょう(「PTAだより」より再掲)

工芸高校の生徒たちは、将来自分のやりたいことが高校入学時からはっきりしている場合が多いように感じます。たくさんの課題を制作してきましたので大半の生徒たちは、学んだことを生かした進学選択、職業選択を希望していることでしょう。
「○○美術大学のAO入試を受験したい。」「株式会社○○に就職したい。」という具体的な話が、お子さんが思い立った時に保護者の方にあると思います。そんな時に「美大のことは分からないから、おまえが決めればいい」「自分の人生だから、就職する会社は自分で決めなさい」と言ってしまいがちです。子供を一人立ちさせるために、時には突き放すことも必要ですが、どうしてその大学を選んだのか、会社を選んだのかをしっかり聞き、お子さんとお話しして欲しいと思います。
「美大のことが分からないから、○○美術大学はどんな大学が教えて欲しい」「その○○美術大学で何を学び、卒業後にどんな就職を考えているのか?」「株式会社○○の仕事はどんな内容なのか?」、「その会社には工芸高校の先輩は就職しているのか?」といったことをお子さんによく聞き、そこから始まるお子さんとの会話でじっくりと進路についてお話しすることをぜひお願いしたいと思います。
なぜこういう一見当たり前のことをお願いするかというと、もちろんお子さんの進路志望を保護者の皆様によく知ってもらって、学校と相談してほしいということもありますが、お子さんがなかなか言えない進路上の悩みや不安を、保護者がいつでも聞くという姿勢をもつことが、これからお子さんが前向きに進路に取り組む大前提であるからと考えるからです。
しかし、それだけはなく卒業後に大学に進学したり、会社に就職したりした新しい年度の4月以降、仮にお子さんが新しい環境でくじけそうになっても、自分の進路決定を保護者の理解を得られている安心感、困ったときに一番近い大人に相談できる安心感をもつことがとても大事だと考えるからです。
高校卒業はゴールではなく、社会に向けての新しいスタートで、進路先で子供たちは自分で自分の生きる道を切り開いていかねばなりません。しかし、現実としてせっかく入学した大学を5月で退学したり、就職した企業を3か月で退社したりする若者が多いのも事実です。生徒たちが最も自分にふさわしい進路選択ができるように、じっくりと保護者とお子さんとで進路についてよくお話しいただきますよう、よろしくお願いをいたします。

Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.