close

2017年02月15日

道のある風景写真コンクール入賞

一般社団法人関東地域づくり協会主催による、第29回「道のある風景写真コンクール」の発表が行われ、高等学校の部門で3年折久木さんが金賞、臺さん、野田さんが銅賞、2年朝岡くん、岩渕さんが努力賞を受賞しました。代表して折久木さんのコメントを掲載します。

この度は金賞という大変栄誉な賞をいただき、ありがとうございます。
この作品は、東京タワーの展望台から撮影したものです。
夜景を撮ることが好きなので、当日も日が暮れる手前の時間から展望台に向かいました。
何百メートルも高い位置から町を見渡せる場所に行ったのは初めてだったので、高いところだからこそ見える角度から、普段私たちが歩いている道を写真に収めたいと思い、この道を見つけました。
光の動きを表現するためにシャッタースピードを遅くして撮りましたが、当時三脚を持っていませんでした。そのため、手ブレしないようにしゃがみこんで壁にもたれて固定させたり体制を模索しながら、必死に工夫して撮影したことが良い思い出です。
高校最後のコンクールで入賞できて嬉しいです。高校を卒業しても写真を撮り続けていきたいと思います。

写真は金賞を頂いた折久木さんの作品「星」です。おめでとうございました。