2017
03.29

本の辞書か、辞書アプリか

今から30年以上前、教員になって初めてもらったボーナスで、日本国語大辞典という国語辞典としては最大級の規模とレベルの辞書を買いました。本屋さんで割引してもらいましたが、10巻本の縮刷版で10万円以上の値段だったと記憶しています。しかし、どうしても欲しい辞書だったので、他の欲しいものはたくさんあったのですが、新しい服とか新しい腕時計とかを我慢して辞書を購入しました。購入した辞書を早速本棚に入れ、時々分からない言葉があると、いちいち書棚から取り出して、重たい辞書を膝に乗せてページを繰りながら調べるのが楽しかったです。その後何回か引っ越しましたが、そのたびにこの辞書を持ち歩いていて、今住んでいるの家の本棚にもちゃんと収まっています。
ところで、このブログにも書きましたが今年スマホを新しくしました。まったく使いこなせないのではありますが、適当にいじくりまわしていると、AppStoreなるところにいろんなアプリがあることに気が付きました。それを眺めていると、日本国語大辞典がアプリとして売られていることが分かりました。値段を見ると何と4800円!がっくりきました。あの日本国語大辞典が、国語辞典の中で最大級の辞書がたった4800円で売られてしまう世の中になったのか!
そもそも辞書の編纂は大変な労力が必要と言われています。日本国語大辞典にいたっては、上田万年・松井簡治にはじまった辞書の編纂作業が、親子3代に渡って継続されたと言われています。さらに金田一京助、新村出、諸橋轍次といった日本を代表する国語学者、漢語学者が編集顧問として加わっている辞書で、言うならば日本語に関わる研究者の英知の結晶と言っても過言ではないと思います。
辞書の編纂を題材とした小説に「舟を編む(三浦しをん作 光文社文庫)」という作品があります。辞書編集の担当者となった出版社の社員の奮闘をほんわかとした筆致で描く、なかなか面白い作品です。三浦しをん氏は小説を書くにあたり、丁寧に取材をしていらっしゃるということなので、小説の中で描かれている辞書編集の作業手順や作業工程はおそらく正しく事実をなぞっているのではないかと想像します。興味がある人は小説をお読みください。「舟を編む」は映画にもなり、話題作だったように記憶しています。
さて、日本国語大辞典がアプリになっていることがショックだったというお話を、都立工芸の国語科の先生方にお伝えしたところ、ある先生が調べてくださり4800円ではなく、7800円が正しい値段であること、アプリになっているのは日本国語大辞典の精選版であることを教えてくださいました。精選版はやや収録語数が少ないですが、それでも辞書としてはきわめて大規模な国語辞典であることは変わりありません。
そんなわけでこのアプリを購入しようか迷っていますが、購入してしまうと何か大事なことを失ってしまうような、何に負けてしまったような後悔の念が起きはしまいか、そんなことも心をよぎります。実は最近本棚から日本国語大辞典を取り出して膝に乗せる機会がめっきりと減っているのは事実です。なぜかというと、分からない言葉があると、すぐにググってしまうからです。堕落以外の何ものでもありませんが、スマホを使って言葉を調べるのであれば、ググるよりも日本国語大辞典のアプリで調べたほうがよいようにも思っています。

Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.