2017
04.27

ストップ!フェイク

アメリカ大統領選挙の時にフェイクニュースのことが話題になりました。
クリントン氏とトランプ大統領の一騎打ちの状況となったとき、インターネットやSNSにそれぞれの候補にとってマイナスダメージとなるようなニュースが投稿され、拡散し、それが実際の選挙に大きな影響を与えたとも言われました。しかし、そのニュースが実際に事実であったのか突き詰めていくと、誰かがねつ造したニュース、すなわちフェイクであったということが多くありました。日本においても熊本地震の時に動物園のライオンが脱走したというフェイクニュースを作成して拡散させた人が逮捕されるという事件もありました。
なぜこういうことが起きるようになったかについては、様々な分析がなされていて、例えばニュースを新聞、テレビ、「ニュースサイト」で見る人よりもSNSで見る人が多くなったから、とか、自分の都合の良いニュースばかりを人々が見るようになって、そうしたニュースがフェイクだと思わずに、事実と信じ込んで拡散してしまうようになっているから、とか、政治的な目的や広告収入を上げるため、フェイクを掲載することに効果があることを、ニュースの作り手が気付いたから、とか、現在、多くの人はスマホでニュースを閲覧しているので、拡散するのには画面のタップで簡単に行うことができるようになったから、とかインターネットで検索するとたくさんの記事を見つけることができます。
フェイクニュースという言葉が生まれる前にも、「デマ」とか「ガセネタ」とかいう言葉が存在し、その危険性についてもいろいろと言われていました。私たちがよく聞いたのは関東大震災のときのデマについてで、無関係な人々が大勢犠牲になる事件が起こったという記録があります。しかし、こうしたこれまでのデマとフェイクニュースの違いは、デマが口コミで広がっていくのに対して、フェイクニュースはスマホのタップで広がっていくということではないか。すなわち、その速さと広さが口コミでデマが広がる範囲を大きく超えていくことになり、デマで起きた悲劇よりも、フェイクニュースで起きるかもしれない悲劇のほうが何倍、何十倍も大きくて、取返しがつかないようなことになる可能性がある、そんな危険性が考えられます。
フェイクニュースが何らかの目的をもって拡散されたとき、私たちはそのニュースが事実を伝えたものか、何か目的をもってつくられて拡散しているのか、よく見分けることが必要となっています。今世界では、紛争や難民、核実験やミサイルの発射など解決が困難な問題についていろいろとニュースが流れていて、きわめて危険な状況に陥っていることが伝えられています。こうしたニュースについて、私たちはよく見分けて事実を知らなければなりません。

Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.