2017
05.28

創立110周年記念式典校長式辞

輝く初夏の陽射しの美しい今日この良き日、東京都立工芸高等学校 創立110周年記念式典の開催にあたり、大勢の御来賓の皆様の御臨席を賜りましたことを、高いところからではございますが、心より御礼申し上げます。

東京都立工芸高等学校は、明治40年 1907年、東京市京橋区築地の地に、東京府立工芸学校として誕生いたしました。本校建学の主旨については、日露戦争直後の産業振興と国力増強とを色濃く反映した記録が残っています。当時、東京高等工業学校長 手島精一氏による、東京府議会に提出した工芸学校設立予算案において、府立工芸学校建学の主旨として次のように文章が残っています。「近時我国における機械製作または土木建築に属する工業教育は漸次勃興したりといえども、工芸品の製作に関する技術者の養成にいたりては、いまだ教育的施設あるを見ず、戦後経営の一としてこの種事業の振興を図るはきわめて機宜に適することのみならず、まず都市において施設する必要を痛切に認むるものなり」工芸品の製作技術者の養成による産業の開発、振興が、本校を設立する理由であることが示されています。その後、渋沢栄一氏を設立委員会委員長として計画が進み、創立年には金属細工科、精密機械科、翌年には家具製作科、明治43年には附属補習夜学校、大正7年には印刷科が設立され、さらに第二次大戦後の昭和24四年に図案科が加わり、110年の歴史を刻む中で、卒業生22000人を超える堂々たる高等学校として現在に至っています。

本校卒業生の中には文化勲章を受章された方、人間国宝に認定された方、叙勲や褒章を受けられた方をはじめとして、伝統工芸の世界、デザイン、クリエイティブな世界の第一線で、大勢の卒業生たちが活躍してきました。
こうした素晴らしい人材を輩出してきた背景として、本校の教育活動の質の高さがあげられます。実習等を通して、いろんな角度から生徒のもつ能力、才能を引き出し、高い技術や知識を身に付けるように鍛錬していく、そうした姿勢は綿々と本校に引き継がれてきました。創立から2年後の明治42年の「学校案内」が記録として残っています。「教育の方針」として「本校の教え方は可成生徒をして進んで自ら学習せしめ、教師は生徒の学習に対し親切に手を引いてやる流儀なり」「本校に於ける教授は一般に実用を主とし、殊に技術に関する学理実習の両方面は、全然実際的にして、業務に就きて後出会うがごとき教材を精選し、その相互の連絡に関しては十分に思慮を加えたり」とあり、この姿勢は百十年経った現在でも何ら変わるところがないと断言できます。

しかし、本校はけっして平坦な道をたどって現在に至っているわけではありません。大正12年の関東大震災の際は、築地の校舎は全焼し、焼け跡に仮校舎を建てて実習をおこなった時期がありました。日中戦争時から第二次世界大戦に至る時期においては出征する先生、士官学校や兵学校、予科練に進路変更する生徒の姿がありました。先生方の努力もあり、空襲で校舎が焼けることはありませんでしたが、戦後、企業に拠出したりGHQに接収されたりして工作機械が不足し、実習に不都合が生じた時期もありました。また、校地の移転問題や現校舎建て替えの際の先端技術教育センターとの併設問題など、多くの苦労があったということも聞いています。こうした苦労を先人たちが乗り越えて、110年目を迎えることができたことを忘れてはなりません。

さて、これからの時代の本校の役割は何か、本校はどうあるべきか、ということを考えていかなければなりません。近年、急激なコンピュータとネットワークの発達は私たちの生活を大きく変えてきました。文部科学省が昨年末に発表した中央教育審議会答申には、「子供たちの65%は将来、今は存在していない職業に就く」という、ニューヨーク市立大学大学院センター教授キャシー・デビッドソン氏の予測や、「今後10年〜20年程度で、半数近くの仕事が自動化される可能性が高い」というオックスフォード大学准教授マイケル・オズボーン氏などの予測、「2045年には人工知能が人類を越える「シンギュラリティ」に到達する」という指摘を掲載しています。しかし、こうした将来の予測が困難な時代であるからこそ、しっかりとした知識と技術に裏打ちされた教育が必要となってきています。そして、その教育の成果として、社会の在り様、ライフスタイル、それに伴う必要な「ものづくり」や「デザイン」をきちんと提示すれば、それがこれからの社会のスタンダードとなっていくに違いありません。すなわち、都立工芸生が、本校で学んだ技術と知識によって、これからの社会の将来像を提示できるようになることこそが、創立以来これまで、日本の「工業」「工芸」「デザイン」をリードしていた本校の役割ではないか、と私は思います。
もちろんこのことは、けっして容易なことではありません。しかし、都立工芸生の心意気として、より困難な開拓者の道を選び、創造性や感性、発想力によって、新たな時代をつくり出していくことが大切だと思います。そして、優れた「ものづくり」や「デザイン」を生み出すことによって世界の人々に平和と幸せをもたらしてきたいものです。

結びとなりますが、創立110周年を期に、本校の益々の発展と、本校生徒諸君、卒業生の皆様の活躍を祈念するとともに、全都立高等学校の発展と都立高校に通う生徒全員の幸せを願い、また、創立110周年記念式典に御出席いただきました皆様の御健勝をお祈りいたしまして式辞といたします。

Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.