2017
06.27

「不安な個人、立ちすくむ国家〜モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか〜」について

先月(平成29年5月)、経済産業省若手官僚たちが一つのプレゼンをまとめました。タイトルは「不安な個人、立ちすくむ国家~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~」です。

これからの社会はどのような方向に進むのか、そのために今、何を学習し、どんな進路を選択していくべきか、そのことを考えるときにどんな視点があるのか、などが、見通しを立てることが困難な時代に生きる高校生が考えなければならないことです。「不安な個人、立ちすくむ国家~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~」は、国の中枢にいる若手官僚が、これからの社会はどのようでなけれねばならないのか、そのために国民が、あるいは社会が選択していくことは何か、そのことを考えるにはどんな視点があるか、といったことを有識者の意見や様々なデータを基にまとめています。

このプレゼンは次の3つの章から成り立っています。
1 液状化する社会と不安な個人
2 政府は個人の人生の選択を支えられているか?
3 我々はどうすれば良いか
現在、私たちの多くは、現状を変えられない不満、将来生活が成り立っていくかどうかの不安を抱えていますが、このプレゼンではそのことを「液状化する社会と不安な個人」と表現しています。そして、
「人類がこれまで経験したことのない変化に直面し、個人の生き方や価値観も急速に変化しつつあるにもかかわらず、日本の社会システムはちっとも変化できていない。
このことが人々の焦り、いら立ち、不安に拍車をかけているのではないか。
なぜ日本は、大きな発想の転換や思い切った選択ができないままなのだろうか。」
と述べ、さらに、
「(1) 定年後、まだまだ働きたいのに、働く場所がない
(2) 人生の終末期に過ごす場所を、望み通り選べない ・・・手厚い年金や医療も、必ずしも高齢者を幸せにしていない 一方で、
(3) 母子家庭になると、半数以上は貧困に
(4) 一度、非正規になると貧困から抜け出せず、子どもまでも ・・・社会のひずみの縮図のような弱者が生まれている また、
(5) 若者の社会貢献意識は高いのに、活躍できていない
こんなもったいない状況を放置していいはずがない。」
と、現状をまとめています。

作成したのは、経済産業省の若手の人たちですので、日本を代表する大学を優秀な成績で卒業し、国家公務員試験に合格しています。経済的にも恵まれた家庭環境に生れ育った人も多いと想像できますが、そうした人たちがこのプレゼンにおいて、日本の置かれている厳しい状況や社会的、経済的な弱者、子供の貧困問題、母子家庭に真剣に目を向け解決の糸口を探そうとしていることを評価したいです。ネット上では毀誉褒貶いろいろと評価を受けているようです。中には感情的とも思えるような否定的な意見もあり、社会の問題点を集約し、解決策を提示することのむずかしさも強く感じるところです。

ちなみに解決策の考え方として次のような提言を行っています。
「このままでは、いつか社会が立ちゆかなくなることは明らか。
若い世代には、そんな日本を見限って、生活の場を海外に移す動きも出てきている。
従来の延長線上で個別制度を少しずつ手直しするのではなく、今こそ、社会の仕組みを新しい価値観に基づいて抜本的に組み替える時期に来ているのではないか。
(1) 一律に年齢で「高齢者=弱者」とみなす社会保障をやめ、働ける限り貢献する社会へ
(2) 子どもや教育への投資を財政における最優先課題に
(3) 「公」の課題を全て官が担うのではなく、意欲と能力ある個人が担い手に(公共事業・サイバー空間対策など)
これにより、個人の帰属・つながりを回復し、不確実でも明るい未来を実現する。」

解決策については、作成者の代表に対するインタビュー記事もネット上に掲載されています。具体性に乏しいとか、現実的な解決策なのか、といった批判や意見も多く寄せられていているようです。

さて、7月2日は都議会議員選挙です。3年生の一部と4年生全員の生徒諸君には選挙権があります。候補者や政党の主張をよく吟味し投票をお願いいたします。

Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.