2017
09.13

もののかたち

手に取ったり、じっと見ていたりしていると、なぜか「ホッとする」形があります。なんて「美しい」と感じる形があります。
 どんな用途のどんな品物であってもいいのですが、「ホッ」としたり「美しい」と感じたりする理由には、大きさや素材、色が関係していることもありますし、自分の経験の中で以前に心の安らぎを感じたこと、感動したことが、目の前の品物に投影されているからである場合もあります。最近は雑貨屋さんやインテリアショップに行くと「ホッとする」「癒される」「心が落ち着く」「安心感を与える」ことを目的とした商品がたくさん販売されていて、工芸高校の生徒たちが制作する作品群からも、「ホッとする」形にしようと意図していることを感じることも多いです。
もののかたちと人の心との関係は、大勢の研究者や制作者のテーマとして、書籍やウェブサイトにおいていろんな人たちが言及しています。あるインテリアに関するウェブサイトには、インテリアイメージを決めるのは、「色」「形」「素材」「質感」の4つの要素であると説明していて、例えばこれを「癒しの雑貨」をつくるための4つの要素と言い換えても、正しい説明として成立するように感じます。しかし、本物の「ホッとする」形、「美しい」と感じられる形をつくり出すのは、こうした知識や理論ではなく、制作中の作品は今どんな形になっていて、歪みや撓みがどのように起こっているのか、完成に向けて現在の作業工程ではどんな方法で、どのように作業を進めて修正していくのがよいか、といった感覚や技術を、経験の中で習得することが必要であるように思います。もちろん工芸高校の生徒諸君は先生方に実習の過程でいろいろと教えていただいていますが、もしかしたら本物の「ホッとする」形、「美しい」と感じられる形をつくり出す能力は、教えられてできるようになるのではなく、自分で感覚と技術を獲得していかなければならないのかもしれません。
さて先日、全M科の鈴木頼彦先生から御紹介いただき、人間国宝の奥山峰石先生の作品展に行きました。奥山先生は鍛金の名工でいらっしゃいます。展示会場には切嵌象嵌、打込象嵌の作品が並び、その文様の美しさ、色彩の美しさはすばらしいものでありました。文様や色彩が美しく感じられるのは地金の美しいからで、金属を叩いて鍛えることによって地金の美しさを引き出しているのだろうと感じました。しかし、そうした美しさは当然のこととして、実は私が一番圧倒されたのは器の形の美しさでした。A科の生徒諸君は全員が経験しているので、鍛金が金属を熱してはたたき、たたいては熱することを繰り返すきわめて根気がいる作業であることをよく知っています。たたくときのほんの微妙な力加減で器の形は変わってしまい、それまでの努力が無駄になってしまう、そんな長時間にわたる緊張感と集中力の持続が必要だと理解していると思います。そうした制作の大変さを微塵も感じさせない形の美しさ、見ている人を安心させる落ち着き具合、人の手がこんなにも微妙で繊細な仕事を行うことができることへの感動を心から感じました。切嵌をしたり、打込をしたりすれば当然器は作者の意図とは別の形に変わってしまうことでしょう。そうしたことも計算しつくして文様や色彩を決め、形をつくっていくのだろうと想像しました。
工芸高校の生徒諸君には自分の思い通り、意図をしっかりと反映している作品を制作して欲しいと思っています。そのためには、実習の授業で課題制作を先生方の御指導をきちんと受け止めてがんばることも大事だと思います。そしてさらに本物を見て、本物を美しさを目指して経験を積んでいくことがとても大切であるように思います。今年度2学期の作品制作を期待しています。そして将来にわたって、良い作品をつくることができるようになっていって欲しいと願っています。

Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.