2017
12.26

韓国の高校生たち(2学期終業式校長校講話)

 先週、韓国からのお客様が2グループ、工芸高校の見学に来ました。1つ目はいくつかの学校が集まって見学に来た木材加工を学習しているグループ、2グループ目は単独の工業高校で機械科の生徒たちでした。さらに2月には別のデザイン系の韓国の高校が工芸高校に見学にやって来ます。
 韓国の生徒たちは、工芸高校の生徒のつくった作品にきわめて強い関心を示しました。展示されている作品を、どうやってつくったのかをとても知りたがり、どんな道具、どんな工作機械を使って、どんな素材でつくるのか、接合はどうなっているのか、仕上げ加工をどのようにしているか、熱心に質問しました。その熱心な様子から、実際に一生懸命に実習を学んでいることが想像でき、かつ、美しいものをつくろう、良いものをつくろうという思いは、韓国の生徒も一緒だと感じました。
 韓国の生徒たちには、それぞれに得意な分野があり、CADライセンスをもっている生徒もいれば、旋盤の検定をもっている生徒もいて、得意な分野に関わる工芸高校生徒の作品に強く興味を示しました。CADライセンスをもっている生徒は、図面を一生懸命見ていましたし、旋盤の検定をもっている生徒は、地下一階のM科の施設をしっかりと見学していったようです。そうした韓国の生徒たちにどんな検定やライセンスがあるのか、どんな実習をして技術を学んでいるか聞いてみたところ、工業技術の基礎的な学習はほぼ一緒だと感じました。日本にはJIS規格があるように、韓国にはKS規格があり、国際規格に基づいた工業高校生の資格検定が行われていました。これからの時代、技術者の交流が進んでいくと、工芸高校卒業生がどこかの現場で、韓国で資格を取得した韓国の若者と作業を行うことになるかもしれません。韓国だけではなく、台湾や中国、アメリカといったそれぞれの国で実施している国際規格に基づいた資格を取得した若者たちと一緒に、同じ現場で同じ作業を行う時代が来るように思います。
 なぜ、韓国の高校の生徒たちが工芸高校に見学にやって来るのか。おそらくそれは韓国では高校生たちに、海外の同世代の高校生たちの様子を見学させ、刺激を受けさせ、技術や知識を身に付けることの必要性を、自覚させようとしているからだと思います。まず自分を高めていかなければ、将来、韓国の産業が国際競争に打ち勝って、生き残っていくことができない、そうなれば仕事がなくなってしまうという強い危機感があるように感じました。
 また、韓国の同じ文化の中で学習するだけではなく、異文化の同世代の若者が、自分とは異なった発想や感性でものづくりに取り組んでいることも、分からせようとしたように思います。同じ文化の中だけでものづくりをしていると、異文化圏の発想や感性を想像できなくなってしまう。隣国である日本の高校生たちの発想や感性を見せたいと考えたのでしょう。
 では、見学を受け入れた私たち工芸高校の生徒諸君に、同じような危機感はあるのかというと、ある人もいると思うし、無い人もいるように思います。知識や技術をきちんと身に付けなければ、将来自分に仕事が無いかもしれないという危機感をもち、授業や実習に臨んでいる人ばかりではなさそうです。また、異文化の外国で、ものづくりやデザインを学んでいる若者たちが、どんな発想や感性で作品づくりに取り組んでいるのかについても、海外のいろんな情報に敏感な人とそうでない人がいるように感じます。
 工芸高校は、多くの生徒がまじめに勉強している学校で、資格やコンペでも成果を上げてきていますし、卒業時に希望の進路先を決定しています。しかし、欲を言えば、工芸生には、これからの時代を世界の若者たちと一緒につくっていこうという気概や、自分がつくったもの、デザインしたものが世界中の人々に使われるようになろうというような志をもってもらいたいと、韓国の生徒たちと話しながら思いました。

Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.