平成30年度に文部科学省後援「第46回レタリング技能検定」が行われ、デザイン科とインテリア科の2、3年生が受検しました。 レタリング技能検定は、文字デザインに関する知識と文字を造形する技術を問う試験です。 各級の合格者人数は以下のとおりです。 【2級合格】 デザイン科  3年生 2名 デザイン科  2年生 4名 (全国の合格率  27.9 %) 【3級合格】 インテリア科 3年生 1名 インテリア科 2年生 29名 デザイン科  2年生 28名  (全国の合格率  65.5 %)   なお、合格者の中から特に優秀な成績を収めた者として、以下の3名の生徒が入賞しました。 【2級 優秀賞】 デザイン科 3年生 加藤 彩乃さん 【2級 優良賞】 デザイン科 2年生 永井 遥さん 【3級 優秀賞】 デザイン科 2年生 田口 波留香さん 「おおしま手づくり絵本コンクール2018」(主催:公益財団法人 射水市絵本文化振興財団)に、デザイン科3年生がオリジナル絵本を応募し、以下の賞を受賞しました。 ■ 銅賞・射水市教育委員会賞  杉山 双葉 さん  『シンパイ星のクヨクヨ』 ■ NHK富山放送局長賞  西川 菜那 さん  『たからものはなあに?』 ■ 入選  坂牧 優 さん  『SWAMP』 ■ 入選  春原 未来 さん  『ウムちゃんと夢』 ■ 入選  廣瀬 彩花 さん  『なみだのでない王子さま』 (応募総数:868点)   おおしま手づくり絵本コンクールの詳細は以下のサイトをご覧ください(クリックすると外部サイトが開きます) 「おおしま手づくり絵本コンクール2018」     1月11日(金)、1月21日(月)の2日間、デザイン科3年生による「卒業制作プレゼンテーション」を行いました。 卒業制作は3年間の学習の集大成として、自分でテーマを決めて作品制作に取り組みます。自らのやりたいことを追求し、様々な試行錯誤を繰り返しながら形にしてきました。 プレゼンテーションでは一人10分の持ち時間で、作品のコンセプトや制作過程、デザインのポイントなどを、見る人にその魅力が伝わりやすいようにビジュアル化したり演出を工夫しながら、在校生や教職員、保護者の皆様の前で発表しました。   卒業制作の作品は、3月2日(土)、3日(日)、5日(火)に上野の東京都美術館で行われる「卒展」で展示いたします。 個性あふれる力作を「卒展」でぜひご覧ください。 文京区主催、第12回『文京区三曲のつどい』のチラシに、デザイン科3年生 松野 文音さんのイラストが採用されました。 文京シビックホール主催、文京区民参加オペラCITTADINO歌劇団第19期生公演 ヴェルディ作曲/歌劇『椿姫』のチラシに、デザイン科3年生 赤堀 若葉さんのイラストが採用されました。 チラシは文京シビックセンター等にて配布されています。 「第17回 全国高校生ポスターコンクール」(主催:日本国際ポスター美術館)にデザイン科3年生が応募し、以下の賞を受賞しました。 テーマ「まつり」 ■ 大垣市教育長賞  西川 菜那 さん ■ 奨励賞  石崎 友香 さん、蓮 百恵 さん、眞庭 りえ さん ■ 入選   木村 紗妃 さん、鈴木 佳菜 さん、中山 瑠弥 さん、松浦 ももか さん、松野 文音 さん (応募総数:956点)   第17回 全国高校生ポスターコンクールの詳細は以下のサイトをご覧ください(クリックすると外部サイトが開きます) 「全国高校生ポスターコンクール結果発表」 下の画像は西川さんの作品です。 東京都教育委員会より『平成31年度 東京都立高等学校に入学を希望する皆さんへ』の冊子表紙および挿絵のイラストを依頼され、デザイン科生徒2名の作品が採用されました。 下の画像は、デザイン科2年生 田中 友貴さん(挿絵)と2年生 永井 遥さん(表紙)の作品です。 8月22日(水)に(株)本田技術研究所から、本校デザイン科OBの山岸政彦氏と才津優氏にお越しいただき、レンダリング講習会を行いました。 レンダリングとは、プロダクトデザインにおける製品の完成予想図のことです。デザイン科1、2年生の希望者16名が参加しました。   午前中はHondaのデザインや会社の取り組み、プロダクトデザインについて幅広く解説していただき、ものづくりの仕事に関する理解を深めることができました。 午後は、マーカー・パステルを利用してHondaの乗用芝刈り機のレンダリングを描く実習を行いました。 ヴェラム紙の裏面、表面をマーカーで塗り分けて製品の陰影の色合いを表したり、光の反射や立体感をパステルで表現したりと、実習を通して立体の表現の仕方や道具の扱い方などを丁寧に教えていただきました。 写真は午後の実習風景です。生徒一人一人に対して実技指導や作品の講評をしていただき、生徒たちも皆熱心に取り組んでいました。   8月16日(木)、17日(金)の2日間「わくわくどきどき夏休み工作スタジオ」として、小学校5、6年生の親子を対象に『革細工講座』を行いました。 革にいろいろな形の刻印を打って模様をつけ、好きな色で染めて、小銭入れやパスケースなどオリジナルの革小物を制作しました。   この講座は2年生の生徒たちが運営しており、革小物を作る体験をもとに指導方法を検討して準備を行い、当日の進行も生徒だけで実施しました。 参加者には、生徒たちとの交流を通して、ハンドメイドのものづくりの楽しさを体験していただきました。 写真は制作中の風景と参加者の作品(一部)です。 7月24日(火)〜27日(金)の4日間、デザイン科の2年生が飯田橋駅前の総合ショッピングセンター「RAMLA」の区境ホールにてワークショップを開催しております。 ペットボトルのキャップを利用した「麦わら帽子」の形のストラップ作りです。 開催時間は12時〜17時で、どなたでも無料で制作体験ができます。15分ほどの時間で簡単に制作できてお持ち帰りいただけます。 場所等の詳細はこちらのサイトをご覧ください(クリックすると外部サイトが開きます) RAMLAのイベント&ニュース お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。   「第8回文京・見どころ絵はがき大賞」(主催:NPO法人文京建築会/文京建築会ユース)に、デザイン科3年生が文京区内で描いたスケッチ作品を応募して、以下の賞を受賞しました。 ■ 文京アカデミー賞  眞庭 りえ さん 「本郷給水所公苑」 ■ 優秀賞  鬼頭 花菜子 さん 「神田川の橋から見える風景」 ■ 作品賞  中山 瑠弥 さん 「樋口一葉菊坂旧居跡」 ■ 作品賞  安田 珠音 さん 「昭和第一高校裏の坂」 ■ 作品賞  宮下 恵理歌 さん 「御茶ノ水駅へ向かう帰り道」 ■ 作品賞  加藤 彩乃 さん 「岩崎庭園」 なお、工芸高校は団体賞を受賞しました。 (応募総数:548点)   文京・見どころ絵はがき大賞の詳細は以下のサイトをご覧ください(クリックすると外部サイトが開きます) 「第8回文京・見どころ絵はがき大賞」 下の画像は文京シビックセンターで行われた表彰式の写真と眞庭さんの作品です。 ※7月26日加筆しました。