7月27、28日の2日間、マシンクラフト科で中学生対象の体験学習を 2講座×2日間の計4回行いました。 6階では東京都が開催する「わくわくどきどき夏休み工作スタジオ」の一講座として、レーザー加工機を用いたストラップ&スタンプの制作をしました。 地下1階では工芸高校独自の体験学習として、鋳造によるアルミ製表札の制作をしました。 これらの体験はマシンクラフト科の2年生が「人間と社会」という授業の一環として体験の準備や運営を行っています。和気あいあいとした雰囲気で中学生の皆さんに楽しみながら制作してもらうことができ、素敵な作品が出来上がりました。 マシンクラフト科では8月にも別の体験学習を3講座実施しています。今年度の募集は締め切っていますので、興味のある方は来年度に是非ご参加ください。    
12月19日(月)に卒業制作プレゼンテーションを行いました。
卒業制作は3年生が集大成として、自分でテーマを決めて作品制作に取り組みます。
マシンクラフト科では、個人制作と協同制作の2つの課題を行っています。
今回のプレゼンテーションでは個人制作について発表をしました。
一人5分の持ち時間で、作品のコンセプトや制作過程、アピールポイント、苦労したところなどをプレゼンしました。
写真はその時の様子です。
卒業制作の作品は、3月3日(金)~3月5日(日)に東京都美術館に於いて開かれる「卒展」に展示されます。足を運んで見て頂けたら幸いです。
6月8日(水)、マシンクラフト科の進路指導の一環として、卒業生による「進路講演会」を行いました。 就職・工学系大学・美術系大学・専門学校・それぞれに進んだ4名の卒業生を招き、現在の仕事・授業の内容や雰囲気、進路決定の経緯や高校生活でのアドバイスなど、様々な体験談を伺うことができました。   3月14日(月)に泉山喜郎先生による「ものづくり人材育成講演会」を行いました。泉山先生は、オーダーメイドでジュエリーをつくているジュエリーデザイナーです。この講演会では、泉山先生の作品依頼から完成までの流れ、デザインや今後の進路を考えるうえで大切なことなど貴重なお話をしていただきました。さらに、作業の動画を見たり、実際の作品を触ったりなど生徒にとって刺激になる講演会でした。   日本郵政株式会社が主催する「第48回 手紙作文コンクール」の絵手紙部門において、マシンンクラフト科3年生 川本 桃子さんの作品が佳作に選ばれました。「特定の相手に自分の体験したことや考えなどを伝える」というテーマで、川本さんの伝えたい相手はお母さんです。   以下のサイトから、他の入賞作品もご覧になれます(外部サイトが開きます)。 www.post.japanpost.jp/contest_text/48/index.html 下の画像は川本 桃子さんの作品です。  
12月18日(金)に卒業制作プレゼンテーションを行いました。
卒業制作は3年生が集大成として、自分でテーマを決めて作品制作に取り組みます。プレゼンテーションでは一人5分の持ち時間で、作品のコンセプトや制作過程、アピールポイント、苦労したところなどを在校生の前で発表しました。 写真はその時の様子です。
3月3日(木)~3月6日(日)に上野の東京都美術館に於いて開かれる「卒展」に展示されますので、足を運んで見て頂けたら幸いです。    
7月23日(木)、24日(金)に「わくわくどきどき夏休み工作スタジオ」を実施しました。 『レーザー光線や立体プリンターでオリジナル作品を作ろう』をテーマに立体プリンターを用いたパズル制作、レーザー加工機でのキーホルダー制作を行いました。写真は体験を行っている様子と作品です。この体験では2年生の教科「奉仕」の体験活動として実施し、生徒たちが講座の準備や指導も行いました。中学生が在校生との交流を通して、ものづくりの楽しさや達成感を体験していただきました。   3月16日(月)に藤田政利さんによるものづくり人材育成講演会を行いました。藤田先生は、柔らかい・軽い・あたたかい鉄を追及してきた金属造形作家です。この講習会では、藤田先生の作品依頼から完成までの流れや、制作者としての心得など貴重なお話をしていただきました。また、実際の作品を見たり触ったり、作品制作のアドバイスなどもいただきました。生徒はとても熱心に聴講していました。  
下記の内容は、平成26年度10月までに実施した結果です。 講習会は基本的に毎朝8時より実施しています。 希望者対象ですが生徒も積極的に参加し勉強しています。 <計算技術検定1級> 合格者3名 <機械製図検定> 合格者3名 <危険物取扱者乙種1類> 合格者18名 <危険物取扱者乙種2類> 合格者4名 <危険物取扱者乙種3類> 合格者4名 <危険物取扱者乙種4類> 合格者17名 <危険物取扱者乙種5類> 合格者8名 <危険物取扱者乙種6類> 合格者2名 <基礎製図検定> 合格者30名 <アーク溶接特別講習> 合格者10名 <色彩検定2級>合格者1名 <平成26年度前期 ジュニアマイスター顕彰 ゴールド> 2名 <平成26年度前期 ジュニアマイスター顕彰 シルバー> 2名
6月4日(水)、マシンクラフト科の進路指導の一環として、卒業生を招いて「進路講演会」を行いました。 就職・工学系大学・美術系大学・専門学校・それぞれに進んだ先輩方から、高校生活でのアドバイスや進路活動について、現在の仕事や授業の内容など、進路を考える上で参考となる体験談を伺うことができました。