多摩美術大学との高大連携事業により、7月20日(土)、 7月30日(火)から8月2日(金)の計5日間、公開講座が 開催されています。 高校では体験できない大学の空気を身体で感じながら、 生徒はさまざまな講座に取り組んでいます。また、他校 生徒とともに活動することにより、交流も深められます。 写真は「工芸コース」の素材体験授業(陶芸)のひとこま です。 粘土にふれ、形を作ることを意識せず、出来た形を複数つ くる課題です。生徒たちは当初の予定を超えて、楽しそう 粘土に触れ合っていました。 写真は、自分の中で「一番のもの」と、「ワーストのもの」を、 それぞれ講評している姿です。 7月30日(木)、31日(金)の2日間、グラフィックアーツ科の「わくわくどきどき夏休み工作スタジオ」を実施しました。『マイバックを作ろう!』という講座名からわかるように、パソコンでさまざまなイラストを描いたものをプリントアウトしてトートバッグに印刷をしました。 写真は体験している様子で、トートバッグにイラストをアイロンで定着させています。 高校生を対象とした「夢のマイルームコンテスト」は、全国33校(定時制は2校)から400作品という多数の作品が提出されました。応募された作品は、夢のある豊かなアイデアに溢れた力作が揃いました。そのなかで、内山 佳美が全国ナンバーワンの最優秀賞(1名のみ)に輝きました。 定時制通信制バドミントン大会において 4年井尻祐哉君が3位入賞しました。 8月に行なわれる全国大会に出場することが決定しました。 応援よろしくお願いします。 本日、生徒たちが説明を行う学校見学会を実施しました。 午前の部には132名,午後の部には91名の中学生と保護者の方がご来校されました。 視聴覚ホールにて、5科の生徒たちによる各科の紹介を行いました。その後、それぞれの科のフロアを生徒たちがご案内し、実習施設や作品などを見学していただきました。 大変お暑い中、ご来校誠にありがとうございました。   夏休み中には、8月13日(火)と20日(火)にも、生徒たちが説明を行う学校見学会を10時~12時、14時~16時の2回ずつ行います(見学会の内容はすべて同じです)。 まだ工芸高校を見学したことのない中学生の皆さん、在校生たちの生の声が聞ける見学会ですので、どうぞこの機会にご来校ください。 写真は学科の紹介とフロア見学中の様子です。 平成25年度夕張キャンプ第Ⅰ期(7月23日から26日の4日間)にグラフィックアーツ科2年の生徒5名が参加してきました。選抜大会で選ばれた6校の生徒が様々なプログラムに参加して夕張を理解するとともに、夕張の方々との交流を深めてきました。写真はその時の様子です。夕張メロン農家での体験活動、現地調査活動(北海道物産センター・ぱんじゅう小倉屋・ラーメンのんきや・ゆうばり屋台村・夕張高校)、夕張ツムラでの工場見学と講習会、夕張高校生との交流会と地域ボランティア活動、福島の子供たちとの交流会、石炭博物館見学など盛りだくさんの夕張キャンプでした。本当に夕張のみなさんありがとうございました。今後得られた知識と経験を夕張のPR・広報活動に活かし発表していきます。 7月23日(火)、24日(水)に、中学生対象の体験学習として、飛び出す絵本のようなポップアップ式の『グリーティングカード制作』を行いました。身近な人への贈り物としてアイデアを一から考え、工夫を凝らして作ったカードは、どれも独創的でユニークな作品に仕上がりました。 7月25日(木)、26日(金)には、わくわくどきどき夏休み工作スタジオとして、小学校5、6年生の親子を対象に『革細工講座』を実施しました。革にいろいろな模様や色をつけて、オリジナルの革小物を制作しました。生徒とふれあいながら、和気あいあいとした雰囲気の中で、ものづくりの面白さや達成感を体験していただきました。   これらの講座は、2年生の教科「奉仕」の体験活動として実施し、生徒たちが講座の指導方法等を検討しながら準備を進め、当日の運営も行いました。 写真はそれぞれの体験講座の様子です。   本校では高大連携事業の一環として、多摩美術大学の先生方にご協力いただいて講習会等を実施しています。 7月19日(金)に、多摩美術大学グラフィックデザイン学科の秋山孝教授より「美術大学で何を学ぶか」というテーマでご講演いただきました。美術系大学への進学を希望している多数の生徒たちが聴講しました。 7月22日(月)~27日(土)には、同大学の先生方によるデッサン講習会を前半・後半の2回に分けて実施し、75名の生徒が参加しました。「紙の三角錐を持つ自分の手を描く」という課題で、生徒たちは紙の白さの表現や手の陰影のつけ方などに苦心しながらも、先生方の丁寧なご指導のもと、真剣にデッサンに打ち込んでいました。   7月23日(火)に本校会議室に於いて、第7回ものデザインコンテストが開催されました。全国から多数の力作や優秀作品が出品されて、審査員の方々も賞を決めるのにかなり苦労をしていました。その中から本校インテリア科の生徒の作品が入賞する事ができました。これを1つの機会として、より素晴らしい作品を制作してもらいたいと思います。   全日制1学年を対象に、7月12日(金)から13日(土)にかけて、宿泊防災体験活動を行いました。今年度は、本富士警察署による「地震に対する講話」や、本郷消防署や東京防災救急協会のご協力により、「普通救命講習」を実施しました。 また、地域の町内会である、元二親和会の会長様のほかに、PTA会長、東部学校経営支援センターの皆様にも宿泊防災体験活動を見学していただきました。ありがとうございました。