東京地方に自然災害が起こるおそれがある場合は、生徒の安全確保、 交通機関の混乱を回避することから、原則下記のお知らせのようになります。 台風接近時と、それ以外の場合(台風が離れていく場合や台風以外)についてご確認ください。 「 災害時に伴う授業の取り扱い 」 上記のリンクをクリックするとPDFファイルが別のウインドで開きます。 11月に個別対応できるスケジュールを記載した、 校内見学のカレンダーを掲載しました。ご覧ください。 (クリックすると別ウインドで大きく表示されます) 校内見学のご予約やお問い合わせは、 電話:03-3814-8755(代表)で 9:00~16:30に受け付けております。
下記の内容は、平成26年度10月までに実施した結果です。 講習会は基本的に毎朝8時より実施しています。 希望者対象ですが生徒も積極的に参加し勉強しています。 <計算技術検定1級> 合格者3名 <機械製図検定> 合格者3名 <危険物取扱者乙種1類> 合格者18名 <危険物取扱者乙種2類> 合格者4名 <危険物取扱者乙種3類> 合格者4名 <危険物取扱者乙種4類> 合格者17名 <危険物取扱者乙種5類> 合格者8名 <危険物取扱者乙種6類> 合格者2名 <基礎製図検定> 合格者30名 <アーク溶接特別講習> 合格者10名 <色彩検定2級>合格者1名 <平成26年度前期 ジュニアマイスター顕彰 ゴールド> 2名 <平成26年度前期 ジュニアマイスター顕彰 シルバー> 2名
10月1日(水)にレンダリング講習会を行い、デザイン科の希望者12名が参加しました。 講師には(株)本田技術研究所より、デザイン科OBの山岸政彦氏をはじめとする3名のデザイナーにお越しいただきました。 レンダリングとは、プロダクトデザインにおける製品の完成予想図のことです。 本田技術研究所で実際に開発された製品を例に、ペンタブレットによるレンダリングを実演していただいたり、製品が誕生するまでのデザイン検討の過程を、幾つものスケッチを通して詳しくお話しいただきました。 午後には、発電機「enepo」のレンダリング実習を行い、マーカーを使って制作しました。   講習を通して、デザイナーの仕事の様子や製品開発の面白さ、やりがいなどを教えていただき、とても有意義な時間を過ごすことができました。 写真は講習会の様子と生徒が描いた作品です。     9月28日(日)に透明水彩画講習会を行い、デザイン科の希望者43名が参加しました。 講師に水彩画家の青木美和先生をお招きして、透明水彩画の特徴や技法について、実演を交えながらご指導いただきました。 生徒たちは「描いてみたい風景の写真」をモチーフとして、教わった技法を駆使しながら熱心に作品制作に取り組みました。   水彩画家の技術を間近で体験し、制作中も個々にアドバイスをいただいて、貴重な経験となりました。 下の写真は、先生のデモンストレーションや作品制作の様子、作品完成後の講評風景です。   10月1日(水/都民の日)に学校説明会を実施し、234名の中学生と保護者の方に ご参加いただきありがとうございました。 次回の学校説明会は、工芸祭(文化祭)中に行います。 〈日時〉 11月1日(土)・2日(日)  両日ともに 11:00から(受付10:30~) 〈主な内容〉 ■ 5科の教育内容について ■ 入試担当者の説明による来年度の入学選抜について ※校内見学会は行いません なお、上記の学校説明会以外にも、工芸祭開催中に各科のフロアでは「中学生 相談コーナー」を設けております。 各科の教員に個別に相談や質問をしたい方は、 こちらもご利用ください。 全て事前の申し込みは不要です。皆様のご来校をお待ちしております。 「第9回工芸高校夢コンペ」は、9月30日(火)に募集を終了いたしました(当日消印有効)。 ご応募いただいた中学生のみなさん、たくさんのすてきな作品ありがとうございました! 審査の結果は10月中旬に工芸高校WEBサイトにて発表いたしますのでお待ちください。 なお、入賞者の中学校には、郵送にてご連絡いたします。 夢コンペに応募された作品は、工芸祭(11月1日・2日)で展示いたします。 また、ご応募いただいた中学生のみなさんには、工芸祭にてもれなく記念品を差し上げますので、ぜひお越しいただき受付にてお声をおかけください。 たくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。 9月27日(土)にグラフィックアーツ科卒業生を囲む会が行われました。 会に出席してくれた先輩たちは、 ・高校を卒業してDTP関係の仕事をする企業に就職した先輩 ・公立教育系大学に在学中の先輩 ・高校を卒業して専門学校に通ったのちにCG制作会社に就職した先輩 計3名の卒業生にそれぞれプレゼンを行っていただき非常に貴重なお話をしてもらいました。 今回はさらに『グラフィックアーツ科卒業生の保護者』の方にも登壇していただき、会場からの質問に答えていただきました。『お子さんの進路についてどう考えていたか』については「学校と親が密になってコミュニケーションをすることで信頼し任せていた」と言う嬉しい回答をいただくことができました。 先輩方、卒業生の保護者の方、貴重なお話しを本当にありがとうございました。 横浜税関より「不正薬物および銃器の密輸入防止」をテーマとしたポスター制作の依頼を受けて、デザイン科45名の生徒が制作しました。 審査の結果、以下の5名の作品が『税関長賞』を受賞しました。   3年生  田邉 香奈子さん   3年生  陳 由莉さん   2年生  金子 珠季さん   2年生  川中子 朝美さん   2年生  齋藤 彩樹さん   作品は、下記の横浜税関Webサイトからご覧いただけます。(外部サイトが開きます) http://www.customs.go.jp/yokohama/museum/poster01.html  なお、10月1日(水)~10月31日(金)まで、横浜税関資料展示室「クイーンのひろば」にてポスター展が開催され、全45点のポスターが展示されています。興味のある方はぜひご覧ください。 下の写真は、9月26日(金)に横浜税関で行われた表彰式の様子です。