2017
11.28

明治レトロ大正ロマンの続き

 工芸祭について書いたブログの中で、大正期を端的に表すことができる風俗を描くのは難しいということを書きました。唯一のそれは、海老茶式部と呼ばれる女学校生徒の姿で、大和 和紀の「はいからさんが通る」で表現されている、ということも書きました。
 海老茶式部とは、明治の終わりごろから昭和の始めにかけての女学校生徒の通学服のことです。現在でも大学等卒業式で多くの女性が着用する晴れ着として残っていて、着物に袴をベースとした格好であることはよく知られています。袴はもともと男性が着用するもので、女性が着用するものではありませんでしたが、明治に入っていろんな経緯を経ながら、女学校生徒のために女性用の袴が工夫されました。考案したのは学習院女子部、当時の華族女学校教授であるとインターネットには出ています。女子生徒たちは、髪の毛を束髪庇髪に結い上げ、髪の裾を結い流しにして大きなリボンで結び、着物は矢餅柄(やもちがら)が定番となっていて、編み上げブーツ(革靴)を履いて通学していました。矢餅柄がどんな柄が知りたい方は、やっぱりグーグルで検索してください。すぐに出てきます。
 「はいからさんが通る」には主人公が自転車に乗るシーンがあります。颯爽と女学校生徒が自転車に乗る様子が時代の最先端として小説にも描かれています。この自転車通学の女学生のモデルは、芝の自宅から上野の音楽学校に自転車で通っていた後の国際的なオペラ歌手となる人で、当時「自転車美人」と言われて見物人が出ていたそうです。明治の終わり頃では、まだ自転車はきわめて高価な贅沢品でした。1台150円から250円(イギリス製かアメリカ製の輸入車)だったそうで、貨幣価値換算は難しいですが、おおむね当時1円を現在2万円とする説が多いので、自転車の値段は現在の国産高級車と同じぐらいの値段だったと思われます。
 大正期は「モガ」の時代でもありました。モガの女性たちが髪をバッサリと断髪にして、お洒落な帽子をかぶり、世界の流行の先端をいく洋装の写真が残っています。社会進出の先駆けとして、多くの女性たちがそれまでには無かった職業に就くようになりました。「はいからさんが通る」の主人公も、婚約者である少尉がシベリアで戦死した後、没落する婚家を建て直すために、髪を短く切って洋装し、出版社に勤める姿が描かれています。モガが時代の流行としてもてはやされ、多くの女性の憧れであったとは思いますが、例えば一口で洋装といっても、簡単に安価に洋服が手に入るわけではなく、モガであるためには相当な努力と出費が伴ったものと推測します。
 いろんな資料を読んでいると、関東大震災とともに大正ロマンという言葉に代表される大正期の自由で華やいだ雰囲気は終焉し、昭和初期の軍国主義が着実に台頭してくるように感じます。女学校の生徒たちの通学服は、海老茶式部からセーラー服を代表とする洋装へと変わっていきました。府立工芸学校の築地校舎は全焼し、水道橋における新しい時代へと進んでいくことになります。しかし、当時の工芸生たちは新しい時代への希望を胸に抱きつつ、昭和前期の幾多の困難を乗り越えなければなりませんでした。
 「はいからさんが通る」展は東大そばの弥生美術館で開催されています。12月24日までです。

2017
11.24

ドゥシャン カーライについて

スロバキア大使館にて、ドゥシャン カーライというスロバキアのアーティストについての講演がありましたので、聞きに行きました。お話してくださったのは、千葉県内の高校の美術の先生である江森清先生で、長年ドゥシャン カーライと親交があり、毎年のようにカーライ宅に泊まりに行き、カーライの作品を蒐集している先生でした。
カーライは世界的には絵本画家として知られていて、日本においても絵本画家として紹介されているようです。例えば新潮社から出版されているのは、カーライが挿し絵を描いた「不思議の国のアリス」ですし、1988年に国際アンデルセン賞を受賞しているなどにより、その名が知られたという経緯もあります。
しかし、カーライの創作活動は、ファインアートからデザインまで、きわめて多岐にわたっていて、絵本画家といった限られた世界のみではないことが、お話を聞いてとてもよく分かりました。現代のクリエイターやデザイナーは、創作活動が旺盛であればあるほど、様々な分野に活動の幅を広げるように、カーライもいろんなことに貪欲に取り組んできたようです。
カーライの彩色画は細い筆を用いて、細かいタッチで彩色していく技法で、スーラのような新印象派の点描の考え方に近いそうです。また、版画に関しては、木版、銅版、リトグラフ、シルクスクリーンなどあらゆる版画作品を制作していて、さらに、スタンプや切手などのデザインも手がけているとのことでした。
私はカーライのことをこれまで全く知りませんでした。カーライだけでなく、私たちは東ヨーロッパのアートやデザインが、どんな状況にあるかほとんど知識がありません。そのことをスロバキア大使館の人に話したら、スロバキア人も日本のことをほとんど知らない、という返事が返ってきました。
講演の後は、親睦パーティでしたので、スロバキア大使館の人たちに、カーライに対するのスロバキアの人たちの受け止め方を聞いてみたところ、ある人は、カーライは伝統的なスロバキアの文化を継承しているアーティストである、しかし、今の若者は世界で受け入れられるようなアートやデザインを好んで制作していて、カーライのようなアーティストは減っている、と言いました。別の人は、カーライは伝統的なアーティストではなく、独特な表現方法を選択して創作活動を行っていて、想像力による独自な世界を作り出した作家である、シュールレアリスムの影響を受けているのではないか、と言いました。(これらの会話は英語で行われたので、私の拙い英語力では、正しくはその人がそう言った気がする、というレベルです。)
ただ言えることは、カーライはとても勤勉なアーティストで、細かく根気がいる作業(デザインやドローイング、デッサンといった工芸の生徒が毎日行っている実習と同じもの)を全く厭うことなく、創作を続けているという事実です。

12月15日(金)から工芸高校図書室で、ドゥシャン カーライ展を行います。江森先生が所蔵するコレクションの一部を展示します。興味がある工芸生は見に来てください。12月21日(木)までやっています。

2017
11.08

キャッチコピーをつくろう

先日、全日制マシンクラフト科の仲三河先生の研究授業が、2階コンピュータ室で行われました。授業のテーマは「キャッチコピーをつくろう」。情報技術基礎の単元「ポスター制作」の中で、ポスターに書かれているキャッチコピーの重要性を知ることを目的とした授業でした。

実は私も20年前、キャッチコピーを教材として、授業で扱ったことがあります。国語表現の中で、ことば一語一語のもつ役割や大切さについて、キャッチコピーをつくることで学習しようと考えました。1980年代から90年代はポスター広告の力が今よりも強力だった時代で、ポスターに載せるキャッチコピーは流行語になるなど多くの人たちに影響を与えていました。広告ポスターはテレビ等マスメディアにおけるコマーシャルと連動し、多くの人々の目に止まるように工夫されていました。そのため、優れたキャッチコピーをつくることができるコピライターは引っ張りだこで、例えば糸井重里氏といった有名人は時代の寵児として大活躍していました。糸井氏がつくったキャッチコピーはとても数が多く、つくられてから30年以上経っていますが、生徒諸君もどこかで聞いたことがあると思います。「いまのキミはピカピカに光って」「おいしい生活」「インテリげんちゃんの、夏休み」「くうねるあそぶ」など例を挙げればキリがありません。
私の授業では、こうしたかつて広告に使われて人口に膾炙したキャッチコピーをいくつも例に挙げて、一体何のコピーであるか空欄に記入する学習プリントを作りました。例えば「スカッとさわやか」「ファイト一発」「腕白でもいい」「お口の恋人」「はやい やすい うまい」など、こちらもいくらでも上げることができます。その後で実際に学校のキャッチコピーをつくってみようということをやりました。

さて、仲三河先生の授業でも、最初に実際に疲れわれているカロリーメイトの広告ポスターを使いました。そのデザインは自転車に乗った男子高校生がカロリーメイトを口にくわえ、「すばらしい空腹」というキャッチコピーが載っているものです。先生はイラストレータにポスターを取り込み、かつこのキャッチコピーを消して、「自分ならどんなコピーをつけるのか考えよう」という質問をしました。生徒たちは話し合いをしながら、キャッチコピーをつくり、生徒たちからは「今日をつくるチカラ」「大好きなあの子に会う前に。」「食事も青春も一瞬だ!!」といいう3つのコピーが発表されました。先生はその場でイラストレータを操作して、カロリーメイトの広告ポスターの中に生徒のつくったキャッチコピーを載せてスクリーンに映し出しました。工芸の生徒のつくったキャッチコピーのほうが、オリジナルよりもできが良いようにも感じました。先生はキャッチコピーをつくってポスターに載せてみると、キャッチコピーによって広告ポスターに描かれたストーリーが全く変わってしまうことを指摘しました。男子高校生がなぜカロリーメイトを口にくわえ自転車に乗っているか?カロリーメイトが彼にとってどんな役割を果たしているのか?キャッチコピーによって全く異なってしまうことを生徒たちはよく理解し、キャッチコピーの広告で果たしている役割の重要性を納得できました。
工芸高校ではキャッチコピー等を考える授業は、マシンクラフト科だけでなく他科でも行われており、先生方からいろんな教材でアプローチしてもらっていると思います。こうした授業を通してことばの力の大切さを実感してもらいたいです。

Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.
先頭に戻る