7月26日、27日の2日間、マシンクラフト科で中学生対象の体験学習を行いました。 6階では東京都が開催する「わくわくどきどき夏休み工作スタジオ」の一講座として、レーザー加工機を用いたストラップ&スタンプの制作をしました。 地下1階では工芸高校独自の体験学習として、鋳造によるアルミ製表札の制作をしました。 これらの体験はマシンクラフト科の2年生が「人間と社会」という授業の一環として体験の準備や運営を行っています。和気あいあいとした雰囲気で中学生の皆さんに楽しみながら制作してもらうことができ、素敵な作品が出来上がりました。 マシンクラフト科では8月にも別の体験学習を3講座実施しています。今年度の募集は締め切っていますので、興味のある方は来年度に是非ご参加ください。
7月24日(火)〜27日(金)の4日間、デザイン科の2年生が飯田橋駅前の総合ショッピングセンター「RAMLA」の区境ホールにてワークショップを開催しております。 ペットボトルのキャップを利用した「麦わら帽子」の形のストラップ作りです。 開催時間は12時〜17時で、どなたでも無料で制作体験ができます。15分ほどの時間で簡単に制作できてお持ち帰りいただけます。 場所等の詳細はこちらのサイトをご覧ください(クリックすると外部サイトが開きます) RAMLAのイベント&ニュース お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。   7月24日(火)に行われた学校見学会に御参加いただきありがとうございました。大変暑い中、工芸高校を選び足を運んでいただいたこと、スタッフ一同より御礼を申し上げます。 一回目の10時からは232名の方々が、二回目の14時からは171名の方々が参加いただき、合計で403名の中学生・保護者の方々に御参加頂きました。 前田校長の話に始まり、総務部から学校の概要やカリキュラムの説明の後、校内を回る見学を約1時間半行いました。暑い中、本当にありがとうございました。 8月7日(火)・14日(火)・21日(火)にも学校見学会が行われます。 3日間とも、10時からと14時からの2回行われます(全て同じ内容です)。 学校の概要説明の後、本校の生徒による各学科のプレゼンテーションと見学コースでの説明があります。 お盆期間中の8月14日(火)は大変な混雑が予想されます。出来るだけ8月7日(火)・21日(火)の御来校をお待ちしています。 写真は7月24日(火)学校見学会前に映像を見てお待ちしていただいている様子です。 今年度も芙蓉総合リース(株)、(株)アクア・アート、(株)東京ドームホテルのご協力で、アートクラフト科2学年の有志による「夏」をテーマに制作したアクアリウム(水槽)の装飾デザイン作品が東京ドームホテルに展示されます。 期間は7月28日(土)から8月5日(日)です。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。 写真は水槽搬入の様子です。 「第8回文京・見どころ絵はがき大賞」(主催:NPO法人文京建築会/文京建築会ユース)に、デザイン科3年生が文京区内で描いたスケッチ作品を応募して、以下の賞を受賞しました。 ■ 文京アカデミー賞  眞庭 りえ さん 「本郷給水所公苑」 ■ 優秀賞  鬼頭 花菜子 さん 「神田川の橋から見える風景」 ■ 作品賞  中山 瑠弥 さん 「樋口一葉菊坂旧居跡」 ■ 作品賞  安田 珠音 さん 「昭和第一高校裏の坂」 ■ 作品賞  宮下 恵理歌 さん 「御茶ノ水駅へ向かう帰り道」 ■ 作品賞  加藤 彩乃 さん 「岩崎庭園」 なお、工芸高校は団体賞を受賞しました。 (応募総数:548点)   文京・見どころ絵はがき大賞の詳細は以下のサイトをご覧ください(クリックすると外部サイトが開きます) 「第8回文京・見どころ絵はがき大賞」 下の画像は文京シビックセンターで行われた表彰式の写真と眞庭さんの作品です。 ※7月26日加筆しました。 冷たい物ばかりではなく、栄養バランスの良い物を摂るよう 心がけましょう。   9月の給食メニュー 7月14日(土)に行われた、全日本剣道連盟主催の「全日本都道府県対抗女子剣道優勝大会」にてグラフィックアーツ科3年生の長南芽依さんと松廣結子さんがオフィシャルカメラマンとして撮影を行いました。撮影した写真はその場で運営スタッフにデータを渡し、全日本剣道連盟のWEBフォトギャラリーにリアルタイムにアップして掲載を行いました。朝の準備の様子から、第一試合から決勝戦まで試合を撮影し、閉会式後も写真の整理を行うなど、一日カメラマンとして務めました。二人の生徒が撮影した写真は以下のリンクから見ることが出来ます。 【全日本都道府県対抗女子剣道優勝大会flickrフォトギャラリー】 (上記のリンクをクリックすると別ウインドでflickrが開きます) 下の写真は、当日の撮影の様子です。 インテリア科1・2学年の生徒が、東京・目黒にある東京都庭園美術館(アールデコ様式の重要文化財・旧朝香宮邸)を見学しました。その後、目黒通り沿いに数十件軒を連ねるインテリア関係のショップをリサーチしながら中目黒方面に移動して、日本の高度成長期における建築家村野藤吾氏の代表作の一つとして知られている、かつて千代田生命保険相互会社本社ビルであった目黒区総合庁舎を見学しました。庁舎管理係の方が、生徒たちの今後の学習や進路活動に役立つような見所を詳しく説明してくださり、非常に有意義な見学会となりました。 平成30年度 中学生対象体験学習は7月9日(月)に締め切りました。 たくさんの応募ありがとうございました。ほぼ全ての講座に応募があり、締め切り前に定員が埋まりました。体験学習が皆さんのより良き工芸高校の理解になりますよう、スタッフ一同努めさせていただきます。よろしくお願いします。 工芸高校の各科で行っている体験学習とは別に、 『平成30年度小中学生ものづくり教室 わくわくどきどき夏休み工作スタジオ』 (主催:東京都立工業高等学校長会)では、工芸高校5科でものづくりの体験を受講することができます(有料 受講費1,000~2,500円) 【わくわくどきどき夏休み工作スタジオ 公式ウェブサイト】 【わくどき 工芸高等学校のページ】 (上記のURLをクリックすると別ウインドで工作スタジオのページが開きます。) また、既にWEBサイトに掲載している、 『グラフィックアーツ科 公開講座【中学生対象】』(受講料 無料) もあります。電子申請サービスは7/2から応募です。往復はがきの応募は開始しております。7/13必着でお願いします。受講決定の際、事前に保険代で100円を徴収します。 【募集を締め切りました(7月17日)】 【江戸時代の本づくり。グラフィックアーツ科 中学生対象公開講座】 (上記のURLをクリックすると別ウインドで公開講座のページが開きます。)