8月25日(日)にNHKホールにて“東京2020パラリンピック1年前セレモニー”が行われました。本校定時制インテリア科は、パラリンピックの陸上競技種目である”こん棒投げ”のこん棒を製作することもあり、セレモニーに招待されました。出席した生徒は、盛大に行われた1年前セレモニーに感動し、こん棒の製作に向けて気持ちを引き締めていました。 全日制の学校説明会を本校視聴覚室にて実施します。
日程:令和元年 10月5日(土) 時間:14:30〜(受付開始14:00〜) ※年間予定のプリントでは受付が14:30~になっていました。正しくは14:00~です。 説明会の主な内容は以下のとおりです。 ■次年度の入学選抜内容と過去の入学選抜状況(教務部) ■本校の教育内容、5 学科の特色、学校行事、進路状況などの説明 ※校内見学はありません。
事前の参加申し込みは不要です。 皆様のご来校をお待ちしております。 東京都立工芸高等学校 全日制課程 総務部
今夏も、ものづくり人材育成プログラムとして本校卒業生でワックス造形作家の吉田積人先生を招いての特別授業を実施し、アートクラフト科の生徒15名が参加しました。 講習期間は7日間。 夏季休業前からの宿題として課されていたデザイン画に沿って各々がワックスを精密かつダイナミックに削り出していきました。 第一線で活躍する大先輩の人柄と超絶技巧を目の当たりにした生徒たちは、ものづくりを改めて楽しむとともに、人の手で制作することの可能性を見出している様子でした。   7月30日から8月2日まで2、3年生の希望者を対象に多摩美術大学にて連携授業を実施しました。   また、8月7日~9日では1年生の希望者を対象に本校にて夏季デッサン講習会を実施し、多摩美術大学の先生から指導していただきました。   みなさん一生懸命取り組んでいました。   多摩美術大学の皆さん、ありがとうございました。   本日「生徒による学校見学会」の最終日でした。午前225名、午後225名と合わせて450名の中学生・保護者の方に参加いただきました。 この夏の参加は7月30日414名、8月6日447名、8月16日446名、本日8月20日450名、4日間合計合計1,757名。大変暑い中ご参加いただきありがとうございました! 中学生は1年生から3年生まで、どの方も熱心に聞いていただき、工芸高校について詳しく知ってもらえたのではないでしょうか。 中学生・保護者の皆さんの今後の進路活動がより豊かになりますようお祈りしています。 今後は10月5日(土)に学校説明会があります。来年度の入試にかかわる内容が発表になります。是非お越しいただければと思います。
お盆の最終日8月16日(金)「生徒による学校見学会」が行われました。台風10号が接近するとの事前の予想に反して開催が出来たことは大変幸運でした。
午前の回は223名、午後の回は223名、合計446名の中学生・保護者の方においでいただきました。大変蒸し暑い中、工芸高校に足を運んでいただきありがとうございます、また廊下の冷房の効きが悪くなってしまって申し訳ありませんでした。
学校概要、5科のプレゼンテーション、見学会と続きますが、全て終わった後の生徒との個別相談がとても好評で、5つの科の生徒と全てお話しして帰られた方もいらっしゃいました。本当に熱心に進路活動されているんだと感心させられ、こちらもさらに為になる情報提供をしていかなければならないと考えさせられました。
中学生・保護者の皆さんの今後の進路活動がより豊かになりますようお祈りしています。 【公式twitter、facebookにて当日の様子を公開しています。是非ご覧ください。】
7月29日(月)、30日(火)の2日間「わくわくどきどき夏休み工作スタジオ」の一環で、中学校1〜3年生を対象とした『はじめてのマーカースケッチ講座』を行いました。 デザイン科の1年生で学ぶ、マーカーやパステル等を用いた製品のスケッチ技法を体験してもらいました。 皆さんとても熱心に作業をしていて、はじめてとは思えないくらい上手に、立体感のある絵を描いていました。   7月31日~8月1日に福岡県のマリンメッセ福岡にて、ものづくりの全国大会である厚生労働省・中央職業能力開発協会主催「第14回 若年者ものづくり競技大会」が実施されました。 本校より3学年女子生徒が「木材加工」職種の東京都代表選手として出場し、敢闘賞への入賞を果たしました。放課後や休日等に、ものづくりマイスターの先生の指導を仰ぎ、安全に対する意識を高め、その上で加工精度とスピードを兼ね備えた木材加工技術を、繰り返し練習を重ねて習得した結果が形となりました。今後、大会当日に実際に製作した作品をインテリア科展示室にて展示もいたしますので、是非ご覧いただけたらと思います。   学校閉庁日とは 東京都教育委員会は「学校における教員の働き方改革」を推進しています。 教員の長時間労働を改善し、教員一人一人の心身の健康維持の実現することで、 学校教育の質の向上を図るため、「学校における働き方改革推進プラン」に基づ いた取組の一環として今年度から全都の公立学校で設定されました。 本校の設定日 令和元(2019)年   8月13日(火)、14日(水)、15日(木) 夏季休業中 本校の期間中の対応 ・講習、部活動、学校の施設開放などの業務は原則として行いません。 ・経営企画室の窓口業務も行いません。 東京都立工芸高等学校    電話03-3814-8755 8月6日(火)午前の回は230名、午後の回は217名、合計447名の中学生・保護者の方においでいただきました。 今回は2回目だったので生徒たちも気持ちに余裕があり、つい説明に熱が入って見学の進行が遅れてしまうことがありました。 次回3回目以降はそのようなことがないよう、万全の準備に努めて行きます。 アンケートにたくさんご意見ご感想を書いていただいた中学生・保護者の方々ありがとうございます。 今後の教育活動に生かすとともに、生徒と共有していき次回以降の糧にしたいと思います。 中学生・保護者の皆さんの今後の進路活動がより豊かになりますようお祈りしています。 次回は8月16日(金)です。来週は天候が急変するかもしれません。お出かけの際には工芸高校WEBサイトや公式twitterで情報を確認してください。よろしくお願いします。