終了しました。 平素より本校の教育活動御理解御協力を賜り、厚くお礼申し上げます。 11月30日(土)9時から(受付開始8時半)行われる学校説明会ですが、急な天候の変化から体調を崩されている方が多くいらっしゃるようでキャンセルが出ております。 既に定員に達していますが、お席に余裕がありますので、参加をご希望される方は直接おいでいただくか、事前にご連絡いただければ対応しますのでよろしくお願いします。 都立工芸高校:03-3814-8755(代表) 9:00~16:30   アートクラフト科で毎年挑戦している「アクアリウムコンテスト」 東京ドームホテルで表彰式が開催されました。 今年度は、来場者最多得票の『恐竜の里帰り』制作チームが最優秀賞を受賞。 『奇妙な行列』、『ピロリロリン☆ゆめかわウキウキランド』制作の2チームも優秀賞を受賞しました。 受賞作品は夏季中、東京ドームホテルのロビーで展示していただきました。 自由な発想から金属等で作られた精巧な装飾に、水槽を覗き込む子ども達の目が輝いていました。 作品制作期間は1年間!と非常に長い歳月をかけて挑戦をしました。 参加したA科、全5チームの皆さん、本当にお疲れさまでした。 アクアリウム(水槽)は現在、8階コモンスペースに展示してあります。 金魚と共にお待ちしております。お立ち寄りの際はぜひご覧ください。       富山県射水市主催「おおしま国際手づくり絵本コンクール2019」の表彰式に11月23日(土)に行って来ました。応募数694点の中からデザイン科3年生の3名が「富山新聞社賞」「北陸中日新聞社賞」「毎日新聞社賞」を受賞しました。当日は天気も良く大変賑わっていました。地方新聞社からも取材を受け、また今年も都立工芸高校の名を刻むことができました! 11月23日(土)に都立工芸高校で、令和元年度 第26回東京都高等学校工業科生徒研究成果発表大会が開催されました。工芸高校定時制からは、アートクラフト科とインテリア科の生徒が出場しました。 結 果 インテリア科 最優秀賞 「挑戦!東京2020パラリンピック“こん棒”製作」 発表者4年 西澤 直斗、関谷 朱花、春田 菫 アートクラフト科 特別賞 「生徒に癒しを与えるドアチャイムの制作について」 発表者アートクラフト科 4年 奈良場 汐音   マシンクラフト科、課題研究班にて、 ものつくり大学で行われた、スターリングテクノラリー大会に参加しました。 国内外から、スターリングエンジンを製作した学校や企業が集まり、工夫を凝らしたマシンを走らせていました。 新しい発想や加工技術を知ることができ、学ぶことの多い一日になりました。   第57回東京都高等学校定時制通信制・総合体育大会 男子ダブルスⅡ部 優勝 3年M科   小林 大悟 2年I科   山田 冬威 女子ダブルスⅠ部 第4位 3年A科   狐塚 真生 3年M科   磯 夏梨 女子ダブルスⅡ部 第3位 4年A科   恩田 櫻 2年A科   伊藤 楓 入賞することができました。応援ありがとうございました。 平成31年度 第9回科学の甲子園東京都大会の研究発表会及び表彰式が11月24日(日)に東京ビックサイト国際会議場で開催されました。大会に出場した1年インテリア科生徒4名が出席しました。入賞はできませんでしたが、次年度も挑戦したいと思います。 第3回 避難訓練を実施しました。 11月21日に今年度3回目の避難訓練を実施しました。 避難訓練実施後、文京区危機管理防災課と本郷消防署の協力得て、「起震車体験|激震震度7」、「防災映像視聴|首都直下地震の恐怖」、「三角巾等の使い方|ストッキングで!?」を学習しました。 文京区危機管理防災課と本郷消防署の皆様、本当にありがとうございました。 令和元年11月12日(火)〜15日(金)の3泊4日で、2学年は大阪・直島に修学旅行に行ってきました。 1日目:大塚国際美術館見学+体験学習(海遊館バックヤード見学・食品サンプル制作・落語家と行く!なにわ探検クルーズ・お好み焼き体験) 2日目:直島見学、高松港からフェリーで直島へ~地中美術館・ベネッセミュージアム・家プロジェクトを見学~ 3日目:ユニバーサルスタジオジャパン見学 4日目:大阪市内班別散策 1日目はこんぴらさんで有名な香川県の琴平グランドホテルに、2,3日目はUSJ敷地内にあるホテル近鉄ユニバーサル・シティに宿泊しました。大阪周辺の文化や産業を肌で感じ、また普段の生活圏の中ではなかなか触れることのできない様々なアートに出会うことで、今後の作品制作に活かすことの出来る感性や想像力を育む工芸高校ならではの修学旅行になりました。 「JAPAN パラバドミントン国際大会 2019」を観戦してきました。 選手たちの迫力あるプレーは、想像以上であり感動的でした。 障害に対する理解を深めることもでき、「東京2020大会」パラリンピックの気運醸成につながる観戦になりました。