アートクラフト科

金属やガラス、宝石を素材に、手仕事による工芸品を創作

アートクラフト科では、手仕事により工芸作品を創作します。取り扱う素材は金属(銀・銅・鉄等)やガラス、宝石など。これら様々な素材からレリーフ、銅鍋、花器、食器、ジュエリー(指輪、簪[かんざし]、帯留、シルバーアクセサリー)有線七宝、トンボ玉、鍛鉄家具といった、工芸・彫刻作品から宝飾品、雑貨、日用品まで幅広く立体作品の制作を行います。 授業ではデザインから制作までの理論と技術を学び、美術造形に欠かせない構成力やデッサン力、自由な感性も磨きます。
本校の卒業生の中には伝統工芸の世界で人間国宝に認定された方もおり、伝統技法の継承者として彫金、鍛金、鋳造の金工技法を身に付けつつ、現代的な感覚をもって作品制作を追及できる人材を育てます。
生徒一人ひとりが自ら考えたデザインを手仕事でかたちにし、さらにそれらを自分で使ったり身に付けたりできるのもアートクラフト科の特徴。手作りの工芸作品を日常生活に取り入れながら、豊かな暮らしのためのものづくりを探求することを教育の目標としています。

専門科目
共通履修
工業技術基礎
アートクラフト実習
アートクラフト製図
情報技術基礎
課題研究
アートクラフトI
アートクラフトII
アートクラフトデザイン
選択
アートクラフト実習A
アートクラフト実習B

立体作品をつくるために必要な基礎的な平面の制作(デッサン、水彩画、平面構成、製図など)も学びます。
手作業が中心ですが、ジュエリーCADと光造形機によるジュエリー制作、マッキントッシュを使ったイラストレーターやフォトショップによる画像編集なども行います。

設備

 「彫金室」「鋳造室」「鍛金室」には、それぞれの金属工芸技法が学べる専門工具、溶解炉、精密鋳造機、レーザー溶接機などが揃っています。
「Mac室」にはデザインのためのマッキントッシュや光造形機があります。撮影スタジオや照明設備もあり、作品を撮影できるようになっています。

  • 主な実習室
  • 彫金室
  • 鋳造室
  • 鍛金室
  • Mac室
担当教諭
から
初めはおっかなびっくりだったガスバーナーにもすぐに慣れ、放課後に銀を溶かして自主制作をしていたり、ブロンズ製ハンドベルの透き通る音色が廊下で言葉を交わしたり、仲間と作った模型の間を縫って泳ぐ熱帯魚に癒されたりと、A科には一風変わった心地よい景色が広がっています。15歳から本物の手仕事の技を磨き奥深さを知ることは、将来のお仕事の大きな拠り所となるでしょう。伝統を踏まえつつ、時代を切り拓くあなたを待っています。(宇高先生)
在校生
より
工芸高校アートクラフト科は金属技法はもちろんのこと美術に関して多方面に学ぶことができます。そして、私がアートクラフト科のここが1番魅力的だと感じたとこは、先生方の生徒への理解の深さと多種多様な人間性、個性に触れそれぞれの新たな世界観、価値観に出会えることだと思います。これらのことが今後の作品制作につながり、自分の土台になると思います。(2018年度1年生 玉利くん)
先頭に戻る