2016
12.05

キャリア教育について感じていること1

都立工芸高校は東京のど真ん中にあり、生徒諸君も都内から通学してくるために、東京がいかに日本国内で突出しているか、私たちが意識することはありません。当たり前のように、大学進学を考える時には東京都内にある有名大学の名前を挙げ、就職を考える時も東京都内に本社のある東証一部上場企業の名前を思い浮かべます。
しかし、全国にある工芸系の高校に通学している高校生にとっては、このことはとてもうらやましいことであるだろうと思います。全国で行われる工業系、工芸系高校の研究協議会では、必ず高校生と地域産業とのコラボレーションによる町おこしや地域活性化の取組が発表されます。その内容のレベルの高さは驚嘆に値するほどであり、そうした取組によって、高校生たちの技術や意欲の向上が図られ、地域産業が盛り上がりを見せるような良好な結果までもたらしています。こうした全国の工業系、工芸系の高校のがんばりは、県内のその地域で大きな期待を担っており、それに応えようとする高校生たちの努力は素晴らしいとしか言いようがありません。そして地域の大人たちにとって工業系、工芸系高校がそこに存在していることが、地域活性化の起点として意識されていることに気が付かされます。
都立工芸は地方の高校と同じように、地元文京区の期待を一身に背負ってがんばっているでしょうか。確かに、文京区役所から御依頼をいただいているポスター、パンフレットのデザイン、防災マップの作成、地域のお祭りの装飾、警察や消防とのコラボレーション、地域の保育園や福祉作業所での奉仕活動、学校周辺の清掃活動など、全日制も定時制も工芸生はいろいろとやっていますが、地方と決定的に違う点は、都立工芸がさらにもっとがんばらなければ、文京区がダメになってしまうとか、文京区の人口が流出して産業が崩壊してしまう、というわけではありません。都立工芸だけではなく都内にある全ての都立高校、国立高校、私立高校の生徒たちは、学校が所在している地元産業界の要請を一身に全力で背負っていく必要がない。「人間と社会」で地域貢献活動を積極的に実施しよう、インターンシップをもっと取り組もう、と各高校でがんばっていますが、絶対的な必要性の面において地方の高校と置かれている状況がまるで違うように感じます。
 さて、文部科学省はこの10年「キャリア教育」を推進してきました。キャリア教育とは「一人一人の社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して、キャリア発達を促す教育(中教審答申H23年1月)」であり、その育成すべき力を「基礎的・汎用的能力」としています。「基礎的・汎用的能力」とは「人間関係形成・社会形成能力」「自己理解・自己管理能力」「課題解決能力」「キャリアプランニング能力」の4つの能力によって構成されますが、乱暴に括ってしまうと、これから私たちが生きていくために、社会の一員としての意識をもち、自己管理がしっかりできて、他人とコミュニケーションを取れ、何か起きた時にはそれを乗り越えて、将来を見通しをもって人生を送ることができるような力を身に付ける、ということです。東京に住んでいる私たちは、「基礎的・汎用的能力」を身に付けることだけを努力しながら、自分の進路をどのようにしていくか考えていくことができます。すなわち、東京で考えるキャリア教育には余計な足かせがありません。しかし、地方でのキャリア教育に対する受け取りはちょっと違うように私には感じられます。誤解を恐れず強い言い方をすれば、地元で育った若者が仮にいったん都会で大学に行ったり就職したりしたとしても、必ず将来、もう一度地元に呼び戻して、地域産業の活性化を図ることがキャリア教育である、と考えられているように思われます。

2016
12.01

進路について考える視点

進路を考えるにあたり、これからの時代をどのように考え、どんな大学に進学していくのがよいのか、どんな会社に就職するのがよいのか、判断がとても難しい時代となっているように感じます。
それは3つの理由があるように思います。1つめは情報化が進み、世の中の動きがますます速くなって、政治や経済、国際情勢の変化を見通すことが難しいこと、2つめは様々な工業製品がどんどん世の中に出ていて、これまで我々の生活が変わっていった以上にこれからの生活スタイルも変わっていく可能性が高いこと、3つめは人口増加によって生じる諸問題やテロや紛争、温暖化による様々な災害の発生の予測できないこと、です。
ところで、私が高校2年生だったのは1979年のことです。例えば初代ウォークマンが発売されたのは1979年でした。今から37年前のことです。銀座ソニービルの解体にあたり、ソニーのこれまでのヒット商品を展示する催しを開催しているニュースが報道されていましたが、その中にウォークマンも展示されていました。
この1979年段階では、世の中にはCDもDVDもブルーレイも無かった。ワープロもノートパソコンもウィンドウズもアップルマッキントッシュも無かった。携帯もスマホもメールもLINEもFacebookもなかった。そもそもインターネットが無かった。インベータゲームはあったが、ファミコンはまだだった。
この37年間はデジタル技術の発達、コンピュータとネットワークの発達によって私たちの生活スタイルは大きく変わったけれども、その変化に伴う仕事を、大勢の人たちが携わって収入を得てきた時代だったということもできます。製品の開発や販売、デザインの企画にいたるまで、生活スタイルの変化に人々は生活の糧を求めてきました。
では、生徒の皆さんが大人になり、仕事をして収入を得て生活していく、これからの37年間はどんなことが起き、どんな生活スタイルとなっていくのでしょうか。37年後とは2053年です。21世紀も半分を超えます。
私はこれからの時代を考えるキーは2つあって、1つはAIとロボットの発達、もう1つはグローバリズムの進展だと考えています。
AIすなわち人工知能について、最近様々なテレビ等で特集番組が作られるようになりました。2045問題ということを提唱する学者がいます。2045年問題とは簡単に言えば人工知能が人間の知能を2045年に超えるということです。私は、今人間が行っているものづくりとデザインの仕事の多くを、人工知能とロボットが担っていくようになるだろう、と考えています。ただ、人工知能がどんなに発達しても、全く新しいものを創り出すのは人間にしかできないことだと思います。したがって、自分のもつ創造性をどうやって伸ばそうとしているのか、そして実際に伸ばすことができるか、ということが進路をどうするかというときの判断のポイントとなるように思います。具体的に言えば、この大学に入学したら創造性を伸ばすことができるのか、この会社に就職したら創造性は伸ばすことができるのか、ということが進路を決めるときのポイントであるということです。
もう1つのグローバリズムとは、必ずしもアメリカを中心としたこれまで言われているグローバリズムではなく、世界中のどの地域でもこれからの若者たちの活躍の場になるだろうという新しいグローバリズムの考え方です。1980年代から2010年代までは日本の労働賃金は高く、中国が安かったから、工場がどんどん中国にできて企業は日本から出て行った。そして現在は中国の労働賃金が高くなり、ベトナムなどに工場ができるようになってきている。しかし、現在は労働賃金の安い国々も経済成長が起こり、確実に労働賃金は上がっていく。その結果、これからの時代はどんどん国別の賃金格差がなくなり、同一労働同一賃金となっていくだろう。ただし残念なことですが、個人の所得格差は広がっていくかもしれません。働く意欲が高い若者、高い技術をもっている若者が、世界中からの仕事の依頼を受けるようになっていき、どこの国にいても、労働に見合った報酬を得ることができるようになっていくと思います。アジアのどこかで仕事をする、アメリカのどこかで仕事をする、ヨーロッパのどこかで仕事をする、でも世界のどこにいても同じ賃金を受け取り、生活することができるようになるということです。日本だけが働く場所ではなくなっていく、日本だけにこだわれば、仕事の幅はどんどん狭くなっていくということでもあります。したがって、そうした世界中を活躍の場と考える視点をもった大学なのか、会社なのか、ということが進路を考えるときの判断のポイントとなるということです。
目の前の進学、就職といった判断をする際に、単にどこの大学を受験するとか、どこの会社に入社するといったことだけではなく、長期的なビジョンをもち、様々な視点で進路を考えてもらいたいと思います。

2016
11.28

子供と進路について話をしましょう(「PTAだより」より再掲)

工芸高校の生徒たちは、将来自分のやりたいことが高校入学時からはっきりしている場合が多いように感じます。たくさんの課題を制作してきましたので大半の生徒たちは、学んだことを生かした進学選択、職業選択を希望していることでしょう。
「○○美術大学のAO入試を受験したい。」「株式会社○○に就職したい。」という具体的な話が、お子さんが思い立った時に保護者の方にあると思います。そんな時に「美大のことは分からないから、おまえが決めればいい」「自分の人生だから、就職する会社は自分で決めなさい」と言ってしまいがちです。子供を一人立ちさせるために、時には突き放すことも必要ですが、どうしてその大学を選んだのか、会社を選んだのかをしっかり聞き、お子さんとお話しして欲しいと思います。
「美大のことが分からないから、○○美術大学はどんな大学が教えて欲しい」「その○○美術大学で何を学び、卒業後にどんな就職を考えているのか?」「株式会社○○の仕事はどんな内容なのか?」、「その会社には工芸高校の先輩は就職しているのか?」といったことをお子さんによく聞き、そこから始まるお子さんとの会話でじっくりと進路についてお話しすることをぜひお願いしたいと思います。
なぜこういう一見当たり前のことをお願いするかというと、もちろんお子さんの進路志望を保護者の皆様によく知ってもらって、学校と相談してほしいということもありますが、お子さんがなかなか言えない進路上の悩みや不安を、保護者がいつでも聞くという姿勢をもつことが、これからお子さんが前向きに進路に取り組む大前提であるからと考えるからです。
しかし、それだけはなく卒業後に大学に進学したり、会社に就職したりした新しい年度の4月以降、仮にお子さんが新しい環境でくじけそうになっても、自分の進路決定を保護者の理解を得られている安心感、困ったときに一番近い大人に相談できる安心感をもつことがとても大事だと考えるからです。
高校卒業はゴールではなく、社会に向けての新しいスタートで、進路先で子供たちは自分で自分の生きる道を切り開いていかねばなりません。しかし、現実としてせっかく入学した大学を5月で退学したり、就職した企業を3か月で退社したりする若者が多いのも事実です。生徒たちが最も自分にふさわしい進路選択ができるように、じっくりと保護者とお子さんとで進路についてよくお話しいただきますよう、よろしくお願いをいたします。

2016
11.25

ネットワークを取り巻く状況1

3月末のNHKスペシャル「映像の世紀」は印象的な内容でした。
今、世界中の人がスマートフォンを所持していて、すぐに動画を撮影し、それを投稿することで世界中の人に発信することができる、その動画を見た大勢の人々が起こす社会的な動きは、ものすごく大きなうねりとなって、国家体制を崩壊させるなどの歴史的な事件を起こすに至っている。さらに、こうした映像、動画の力を知った過激派組織や武装勢力は意図的な映像発信を行い、世界中でのテロにもつながっていくようになっている、という内容でした。
この番組を見て、コンピュータやネットワークがもはや人間のコントロールの効かない状況になりつつあるのではないか、という危惧を感じました。工芸高校では今年度も外部の方にも来ていただいて、SNSの使用の注意などいろいろと学習しました。ネットワーク上の本当かウソか分からない映像や言葉に含まれる悪意が現実の世界に持ち込まれ、憎しみを増幅させて、関係ない人にまで影響を及ぼすという点において、私たちの身の回りで起こるSNSでのトラブルも、過激派の情報操作によって起こるテロも、実は一線上にあるのかもしれません。
コンピュータやネットワーク上の情報は、一面的であることが多く、ものごとのもつ多面性が一切無視され、善か悪か、○か×か、という二者択一の判断となってしまっています。その延長線上に、テロに代表されるような、自分の考える正義のためには、無関係の人まで巻き込んで他人を傷つけてよい、ということが正当化されているのではないか。自分の主義、主張のために何をしてもよいという考え方や、自分の正義のために手段を択ばない状況が、世界を荒廃させ、人々を不幸にしているように思います。
「他の人の心の痛みに気が付くことができる人」であること、「困っている人を助けるために自分から何かをしてあげようとする気持ちがある人」であることは、人間普遍の精神性です。そして、こうした当たり前の人間性や精神性は、知識や教養を身に付けることで、ますます磨かれていき、多くの人に受け入れられる様々な作品やデザイン制作につながるように思います。

2016
11.24

校長ブログ開設にあたって

都立工芸高校は110年の歴史をもち、大勢の卒業生の方を世の中に送り出してきました。本校卒業生の方は、日本の工業、工芸、デザインをリードし、クリエイティブな仕事で高い業績を上げ、社会の発展に大きな役割を果してきました。
110年の歴史の中で都立工芸には、その時期毎の明確なミッションがあったように感じます。これは日本全体の動向ときわめて密接に連動して、学校としての方向性を保持し続けてきたからだと考えます。しかし、21世紀も16年が経過し、日本と世界はますます流動性を高めている状況となってきています。こうした日本の状況や世界動向の中で、都立工芸のミッションと方向性を常に探っていかなければなりません。
校長として考えていること、感じたことをいろんなところでお話してきましたが、その時その場所にいらっしゃる方だけにしかお伝えできません。校長ブログを開設することで、御覧になった皆様にお読みいただければと思います。偏った見方をしていることもあるかもしれませんが、そのときは御指摘いただき、より良い都立工芸の在り方を考えていきたいと思います。

2016
11.08

校長講話「オリンピック」

皆さん元気に2学期を迎えたでしょうか?

この夏はオリンピック一色でした。私はオリンピックのテレビ放送を見たくて毎朝早起きして、寝不足気味の夏休みでした。萩野さんや内村さんの活躍に一喜一憂し、アンカーのケンブリッジ選手に声援を送りました。「取り返しのつかないことになった。本当に申し訳ありません。」と泣く吉田さんに「そんなことはない、がんばった、がんばった。」と言いながらテレビの画面をなでたのは、私だけではないと思います。

オリンピックの開会式はとても印象的なパフォーマンスでした。ブラジルの歴史を示すパフォーマンスでは、先住民が暮らすブラジルへのポルトガル人の到来、さらに奴隷として強制的に連れてこられたアフリカ人、アラビア人や日本人など移民のパフォーマンスもありました。現在のブラジルはこうした人々の子孫によって、多様な人々を受け入れる国になっていると聞きます。貧富の差もあり経済や政治の混乱があるとは言いながらも、多様性を受け入れているのは素晴らしいと思います。

現在世界には原理主義を主張する人々が大勢います。原理主義を一概に悪く言うつもりはありませんが、原理主義は多様性を一切認めない考えが強いように感じます。私たちの心の中には自分と異質のものを排除したいという願望がどうしてもあります。そして物事を白か黒か、○か、×かの選択だけで見てしまう考え方がどうしてもあります。

多様性を認める考え方とは、白、黒以外には灰色がある、○、×以外には△もある、それはそれでもいいじゃないかという考え方です。私は、これからの世界には、こうした二者拓一ではない考え方、どちらともつかないけれども、自分とは違うけれども、あなたの考え方、価値観は認めていきます、という姿勢が大勢の人々の幸せにつながると私は思います。

多様性を認めることが世界を豊かにし、また、その国を豊かにします。学校も多様性を認めることが、その学校を豊かにするに違いありません。ぜひみなさんもクラスや学年の友達の考え方が自分と異なることがあってもその価値を認め、多様性による豊かな学校、豊かな社会の実現に心がけてもらいたいと思います。

9月5日からはパラリンピックが始まります。パラリンピックでも多くのドラマが生まれることが期待できますね。とても楽しみです。
また、2学期は工芸祭があります。最上級生は進路を決定していかなければなりません。盛りだくさんの2学期です。多くの成果を上げることを期待しています。

2016
11.08

校長ブログ

都立工芸高等学校長の鳥屋尾です。
校長ブログを始めました。
これから日々の工芸高校に関わることをお伝えしていきます。 

Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.
先頭に戻る