デザイン科

鋭い感性、柔軟な発想力、美的造形力を培う

「デザイン」は、私たちのライフスタイルと密接に関わり、人間と生活環境の健全な関係を築く力をもっています。例えば、ある製品が多くの人に受け入れられて社会に広まるためには、製品の特徴や魅力を的確に伝えなければいけません。デザイナーはそのため、製品のかたちや素材を考えることから、その製品のロゴやマーク、パッケージ、商品広告をデザインし、テレビCMや店頭でのセールスプロモーションを企画するまで、あらゆる場面で活躍をしています。
デザイン科では、さまざまなデザイン活動に関する基本を学習します。発想力・創造力のスキルアップ、構成・配色などの美的造形力の鍛錬、多様な表現技術の習得、提案力・発表力の強化などが主な学習内容となり、表現や素材について幅広く学びます。
より豊かな生活のため、「ものづくり」を通して社会貢献し活躍できるよう、やわらかな発想、確かな技術、果敢な行動力をもった人間性豊かなデザイナーの育成を教育の目標としています。

専門科目
共通履修
工業技術基礎
デザイン実習
情報技術基礎
課題研究
デザイン概論
デザイン史
デザイン技術
選択
デッサン
デザイン計画
編集デザイン

平面・立体の構成、色彩、レタリング、デッサンなど手を動かしての制作技法、グラフィックソフトによる広告やパッケージ、製品等の提案の仕方、写真・映像のデジタル撮影と編集の技術に加え、それらの発想法など、社会で求められるデザインワーク全般を幅広く学びます。

設備

グラフィックやウェブサイトをデザインするソフトウェアを扱うコンピューター室、ライティング完備の写真スタジオと暗室、ビデオ機材とデジタル編集機器、版画印刷などデザインの現場で使用される設備のほか、木材加工機器、電動ろくろや焼成窯などクラフト製作の設備も充実しています。

  • 主な実習室
  • 写真スタジオ・暗室
  • 絵画実習室
  • 陶芸室
  • 映像編集室
担当教諭
から
新年度が始まり、体育祭の得点板制作に燃ゆる3年生を見守りつつ、レタリング検定合格を目指す2年生を応援していたらもう夏休み。秋は工芸祭でメガ盛り課題を展示し、目の前の東京ドームにイルミネーションが輝いて年が明けると1年生の造形力も飛躍的に伸びてきます。平面、立体、動画からウェブサイトまで幅広くカバーする課題に、クラスメートと取り組む高校生活。「課題が恋人」の皆さんを、教員も全力で指導します。(永田先生)
在校生
より
読みやすいポスターや便利な文房具は、それをデザインした人が必ずいます。デザイン科で学び、私も人の役に立つデザイナーになることが目標になりました。難しい課題も、その目標につながっているので頑張れます。広い分野を学べるのでやりたいことを見つけ、それを活かせる職業を知る機会が多いのもデザイン科の特徴。好きなことを追求している友達や個性豊かな先生、先輩方に囲まれて楽しい日々を送っています。(2014年度2年 小島さん)
Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.
先頭に戻る