Q&A

カリキュラムとは?

カリキュラムは、日本語では教育課程や授業計画といわれ、高校の3年間(課程によっては4年間)で教育目標を達成するため、各学年で学ぶ授業「科目」と授業時間数「単位」を一覧できるように記載しています。カリキュラムは、学校ごとに「普通科目」と「専門科目」を組み合わせて構成されます。工芸高校の場合、生徒が希望する進路に応じて、「普通科目」か「専門科目」のいずれかを選べる「選択科目」を設定しています。

各学科について

工芸高校の進路指導は?

工芸高校は、夏季・冬季に進学対策講習会を開催しています。また、平常の授業時間では制作できない作品制作講習会や検定・資格取得講習会、美術大学から講師を招いたデッサン講習会なども開講しています。ほかにも、放課後にプレゼンテーション講習会、ポートフォリオ講習会、進学・就職ガイダンス、OBに話を聞く会などを開き、多くの生徒が参加しています。

学校生活について

高校で学ぶ「科目」とは?

高校での授業は、中学校で学ぶ国語、数学、理科……などの9教科を、さらにくわしく学ぶ「普通科目」と、専門高校で学ぶ「専門科目」があります。「普通科目」は58科目、例えば、中学校での「国語」は、「国語総合」「国語表現Ⅰ」などの科目で、より詳しく学びます。「専門科目」は、農業、工業、英語、美術、体育……など、専門分野に区分された230科目があります。

各学科について

工芸高校の進路(就職)実績は?

工芸高校の卒業生は、就職希望者の9割が専門学科で学んだ工芸・デザイン系の学習を活かせる企業に就職をしています。もともと工芸・デザイン系の企業数は少ないにもかかわらず、就職希望者の就職内定率は100%です。また、これまでに卒業生の就職した企業が多いのは、先輩方が企業の期待に応える実績をあげ、工芸高校出身者への信頼を高めているためです。

学校生活について

専門高校の「専門科目」とは?

高校の「専門科目」は、農業、工業、英語、美術、体育……など230科目があります。そして、専門高校は、専門分野に区分された「専門科目」を最低25単位学ぶことが条件となっています。工芸高校は専門分野は「工業」の専門高校です。特に工業の中でも工芸・デザインについて集中して3年間学びます。

各学科について

「普通科目」とは?

中学校で学ぶ9教科を、さらに詳しく学ぶ58科目があります。その中には、健康維持のための「体育保健」、社会生活で必要な「家庭総合」など最低31単位の「普通科目」が必ず学ばなければいけない「必履修科目」とされています。

各学科について

工芸高校の募集定員は?

募集定員が1クラスは40名である全日制都立普通高校・総合高校に対し、工芸高校のようにものづくりをする専門高校は1クラス35名で募集をし、5学科合計で175名です。
入試別の内訳は、各学科とも推薦に基づく選抜が10名、学力検査に基づく選抜が25名です。
ただし、次年度の正確な募集定員は、毎年10月1日以降に開く学校説明会で明らかにします。そのため、10月1日以前の学校紹介や学校見学会では、次年度の入学選抜についての説明は行っていません。

工芸高校について

工芸高校の放課後の様子は?

放課後は、家庭ではできない課題(作品制作)に取り組む生徒が多くいます。また、定時制の授業が始まる午後5時まで、部活動に励む生徒もいます。

学校生活について
Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.
先頭に戻る