Q&A(学校生活について)

工芸高校の制服は?

工芸高校の生徒の大半は、私服で登校しています。私服とはいえ、高校生らしい服装を奨励しており、特に高校卒業後に就職を希望する生徒は、求人企業の方にお目にかかる機会もあり、社会人としてのマナー教育の意味も含め、生活態度とあわせて服装を厳しく指導しています。そのため、入学式や卒業式などでも着用できる生徒らしい服装として、「標準服」を提示しています。なお、作品制作時や体育の授業では、必ず学校指定の服の着用を義務づけています。

学校生活について

高校の学校給食は?

都立の定時制高校では、すべての学校で食堂が設けられており、予約制で給食を実施しています。給食費は高校により異なりますが、1食400円前後です。昼間に仕事をしている、または仕事を探している生徒には東京都教育委員会から1食あたり60円の補助があります。これに対し都立の全日制高校で、学校給食を実施している学校はありません。(2014年4月から消費税8%になり、1食あたりの給食費が380円から400円になりました。記載内容が変更されていませんでした。【2015年9月更新】)

学校生活について

工芸高校の部活動の種類は?

高校生になると様々なことに興味・関心を持つことでしょう。本校では、文化系・運動系のさまざまな部活動があります。その中でも特に本校の学習・施設設備を利用した「金属工芸部・ウッドクラフト部・写真部」などは他のどこの高校にも中学校にはない部活動です。このように専門高校は専門学科の学習内容や施設設備を利用した部活動があります。

学校生活について
Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.
先頭に戻る