グラフィックアーツ科

視覚表現を用いて情報伝達をデザイン

グラフィックアーツ科では、視覚的な表現に特化した知識と技術を習得します。習得する技能の三本柱は「組版編集」「写真」「印刷」で、写真や文章を美しく分かりやすく、正しく伝えるかに創意工夫を凝らします。一般にグラフィックアーツで取り扱うメディアは、ポスター、新聞、雑誌、パンフレット、パッケージなど紙に印刷するものですが、本科は電子媒体やマルチメディアにも対応し、ウェブサイト、映像、アニメーションなどの制作にも取り組んでいます。
ただし本科の教育は、グラフィックアーツ作品を制作できるようになることだけを目的とはしていません。情報をデザインして、送り手から受け手へとつなぐコミュニケーションの創造を目指し、マーケティング・デザイン→メディアの選択・判断→グラフィックアーツの企画・制作→印刷・製本・加工まで全工程を理解したディレクターとしての役割を果たすとともに、情報伝達のコンシェルジュ(総合案内)となれる、提案できるクリエーターを育成します。

専門科目
共通履修
工業技術基礎
グラフィックアーツ実習
グラフィックアーツ製図
情報技術基礎
課題研究
写真
グラフィックアーツI
グラフィックアーツII
グラフィックメディア
コンピュータグラフィクス
選択
グラフィックアーツ実習
画像機器

授業ではイラストレーション作成、写真加工、文章レイアウト、映像編集、アニメーション作成など、業界で標準的な各種ソフトウェアを使用し、グラフィック制作のスキルを習得します。また進学先や就職先で活用できる、コンピューターを使ったコミュニケーション能力の習得にも力を入れています。

設備

グラフィック作品を制作するコンピューターはWindowsとMacを整え、卒業後もさまざまな制作現場に対応できる技術を身につけられるようにしています。
印刷機やプリンターも各種あり、版画の道具もそろっています。どれもプロユースの機材で、制作意欲を充たしてくれる制作環境を整えています。

  • 主な実習室
  • スタジオ/現像室
  • コンピューター室
  • グラフィックメディア室
  • ペーパープレス室
担当教諭
から
手近にある本を一冊、手に取ってみましょう。文字や画像の配置、外見のつくりなどに工夫を凝らしたさまざまなデザインが施されていることが分かります。電子書籍の時代になっても、視覚で情報を伝えることへの多様な工夫はなくなりません。グラフィックアーツ科の学習内容は幅広いですが、グラフィックアーツのさまざまな分野に興味や関心をもち、それらを組み合わせ、豊かな発想力の表現者として活躍してほしいです。(久保先生)
在校生
より
工芸高校の生徒は同じ夢や興味をもっているので会話が盛り上がり、勉強を教え合ったり、一緒に課題に取り組んだりしています。先輩・後輩の仲も良く、廊下で会って挨拶をしたあとそのまま立ち話をすることもよくあります。専門分野を学ぶことには真剣ですが、とても過ごしやすいと思います。グラフィックアーツ科に興味のある中学生の皆さん、是非一緒に充実した高校生活を送りましょう。(2014年度1年 鈴木くん)
Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.
先頭に戻る