グラフィックアーツ科

視覚表現を用いて情報伝達をデザイン

グラフィックアーツ科では、視覚的な表現に特化した知識と技術を習得します。習得する技能の三本柱は「組版編集」「写真」「印刷」で、写真や文章を美しく分かりやすく、正しく伝えるかに創意工夫を凝らします。一般にグラフィックアーツで取り扱うメディアは、ポスター、新聞、雑誌、パンフレット、パッケージなど紙に印刷するものですが、本科は電子媒体やマルチメディアにも対応し、ウェブサイト、映像、アニメーションなどの制作にも取り組んでいます。
ただし本科の教育は、グラフィックアーツ作品を制作できるようになることだけを目的とはしていません。情報をデザインして、送り手から受け手へとつなぐコミュニケーションの創造を目指し、マーケティング・デザイン→メディアの選択・判断→グラフィックアーツの企画・制作→印刷・製本・加工まで全工程を理解したディレクターとしての役割を果たすとともに、情報伝達のコンシェルジュ(総合案内)となれる、提案できるクリエーターを育成します。

専門科目
共通履修
工業技術基礎
グラフィックアーツ実習
グラフィックアーツ製図
情報技術基礎
課題研究
写真
グラフィックアーツI
グラフィックアーツII
グラフィックメディア
コンピュータグラフィクス
選択
グラフィックアーツ実習
画像機器

授業ではイラストレーション作成、写真加工、文章レイアウト、映像編集、アニメーション作成など、業界で標準的な各種ソフトウェアを使用し、グラフィック制作のスキルを習得します。また進学先や就職先で活用できる、コンピューターを使ったコミュニケーション能力の習得にも力を入れています。

設備

グラフィック作品を制作するコンピューターはWindowsとMacを整え、卒業後もさまざまな制作現場に対応できる技術を身につけられるようにしています。
印刷機やプリンターも各種あり、版画の道具もそろっています。どれもプロユースの機材で、制作意欲を充たしてくれる制作環境を整えています。

  • 主な実習室
  • スタジオ/現像室
  • コンピューター室
  • グラフィックメディア室
  • ペーパープレス室
担当教諭
から
グラフィックアーツ科生徒の進路希望は、色々な分野を横断しています。なぜならグラフィックアーツは、様々な視覚情報を用いてコミュニケーションを図る技術です。視覚表現は多分野で活躍の場面があります。実習では素描、コンピューター、工芸印刷的な版画、3Dや映像、印刷など、様々な表現方法を学びます。幅広い表現を通して、グラフィックアーツのさまざまな分野に関心をもち、広い視野から柔軟なアイデアを発信する生徒を期待しています。(久保先生)
在校生
より
皆さんは写真に興味がありますか? 私は工芸高校に入学してから写真を学び、課題制作で写真集などを作っていくうちに、「これはほっこりする暖かさを表現したいから、こんな物を写そう。」「これは動きのある写真にしたいから、ちょっとブレさせて撮ろう。」などと、今までは興味のなかった写真に段々興味が湧いて、1枚の写真を撮るにも、多くを考えられるようになりました。工芸高校を志望する皆さんの多くは、興味のあることをしている科に入りたいと思っているかもしれません。ですが、工芸高校ではそれ以上の新しい興味にも出会えるところです。皆さんもこの工芸高校で、新しい可能性を切り開いてみてはいかがでしょう。(2018年度1年生 木村くん)
先頭に戻る