インテリア科

快適で安全な室内空間を企画・設計・制作

インテリア科では、人が心地よいと感じる空間づくりを学びます。
天井、壁、床の素材を決め、カラーコーディネートをして、家具や照明などを選んで配置する、それらすべてをデザインする力を身につけます。
授業では、インテリアデザインの基本となるデッサンやスケッチの描き方、アイデアを人に伝えるための完成予想図や模型のつくり方などを学び、企画のコンペティションやコンテストでプレゼンテーションする能力も養います。また、木材を加工し組み立てる家具づくりにも取り組みます。 家具づくりは、機械加工と手仕事の両方の技術を身につけます。さらに、日本に古くから伝わる木工道具を使い、伝統工芸でもある指物づくりも経験します。
こうしてインテリアに関わる全般を学ぶことで、快適で、美しく、楽しく、そして安全なインテリアを計画・創造する能力を養います。

専門科目
共通履修
工業技術基礎
情報技術基礎
課題研究
デザイン技術
インテリア実習
インテリア製図
インテリアエレメント実習Ⅰ
インテリアプレゼンテーション実習Ⅰ
インテリアエレメント実習Ⅱ
インテリアプレゼンテーション実習Ⅱ

バリアフリー化が進む現在、福祉と住環境の両立を図る「福祉住環境コーディネーター」検定や、インテリアに(内装、家具、照明器具、住宅設備など)関する幅広い商品知識をもち、快適な住空間をつくるプロフェッショナルである「インテリアコーディネーター」資格試験を、在学時に受験できます。

設備

 インテリア科では地下1階の実習室に、コンピューター制御によるスライドソーやNCルータなど、日本でトップレベルの木工機械を備えています。また、情報系やビジュアルデザイン系の実習のためにPC室、製図の基礎を学ぶためのドラフターを備えた製図実習室などがあります。

  • 主な実習室
  • 木工室
  • PC室
  • 製図実習室
担当教諭
から
インテリア科では、家具づくり、インテリア計画、プロダクトデザインなど、人間の生活に密着した「ものづくり」を基礎から学ぶことができます。ものを一からつくり上げるためには、乗り越えなければならない山場がたくさんあります。われわれ教員はそれを乗り越えられるよう、基本から丁寧に指導し作品づくりのサポートをします。一つひとつの作品づくりに心をこめて取り組んでいきたいと思う人は、是非インテリア科を目指してください。
在校生
より
インテリア科に入学して4年目を迎えました。入学当初は、慣れない課題や夜の学校生活に戸惑いもありました。でも、先生方の熱心な指導やクラスメートのサポートで、徐々に満足のいく課題製作ができるようになりました。課題には何か月もかけてつくるものもありますが、完成した時の達成感はそれまで一度も経験したことがない感覚で、今でも自分の中に残っています。是非、インテリア科に入学して、私と同じような体験をしてほしいです。
Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.
先頭に戻る