新着情報(アートクラフト科から)

2018年05月11日

写生会・見学会を行いました。

アートクラフト科では、5月1日(火)北の丸公園にて写生会、
5月2日(水)東京国立近代美術館、工芸館にて見学会を行いました。

写生会では初夏の陽気の中、若葉が眩しい北の丸公園にて皆集中した様子で写生を行いました。
写生会終了後の講評会ではクラス毎に全員の絵を鑑賞しました。
見学会では常設展示を鑑賞し、美術・工芸分野の素晴らしい作品を存分に知ることができました。
特に工芸館では、十二の鷹の展示を行っており明治期の超絶技法に圧倒されました。

写生会の作品は以下の日程で学年毎に1階生徒昇降口のスペースにて展示いたします。ご来校の際はぜひお立ち寄りください。

1年生 5月14日〜18日

2年生 5月21日〜25日

3年生 5月28日〜6月2日

写真は写生会の様子と生徒昇降口の展示風景、
そして写生会作品展示告知ポスターです。

 

  • アートクラフト科から
  • 工芸高校ニュース

2018年03月31日

アートクラフト科パンフレット2017 Art Craft Course Pamphlet 2017

アートクラフト科のパンフレットが完成し、本校にて現在配布中です!

今年度版は英語訳もつけました。

ぜひご活用ください!

◆各ページの詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

【アートクラフト科パンフレット 表紙/裏表紙】 (PDFサイズ 3039KB)

【アートクラフト科パンフレット 2-3ページ】 (PDFサイズ 2814KB)

【アートクラフト科パンフレット 4-5ページ】  (PDFサイズ 3018KB)

【アートクラフト科パンフレット 6-7ページ】 (PDFサイズ 3374KB)

  • アートクラフト科から
  • 工芸高校ニュース

2018年03月01日

3年生送別糸鋸レース開催!

卒業間近の2月14日(水)、アートクラフト科恒例の卒業生を送るイベント「糸鋸レース」が開催され、大いに盛り上がりました。
各学年2チーム(1チーム5人)計6チームの選抜メンバーが、糸鋸を使って、真鍮板を魚の形に切り抜き、その速さを競いました。
結果は2年生チームが見事優勝!2年間、授業で磨いた技術を発揮することができました。

イベント終了後には、工芸祭の各班の班長と体育祭の団長および応援団長のお披露目がありました。
3年生から2年生へと、バトンが引き継がれた瞬間でした。

写真は糸鋸レースの様子です。

 

  • アートクラフト科から
  • 工芸高校ニュース

2018年02月21日

平成29年度ものづくり人材育成プログラム(彫金講座)終了

冬休みに平成29年度ものづくり人材育成プログラム「彫金講座」を実施しました。今年度も本校卒業生の桂盛仁先生(人間国宝)に講師をお願いし、8日間で2学年11名が受講しました。自分でデザインした図の通りに、銅板を鏨で打ち出し、銀線や銀板を象嵌して帯留めを制作しました。桂先生の匠の技を目の当たりにして彫金の難しさを感じつつも、更に興味を深めることができたようです。

講座で制作した帯留めは本校8階に展示されています。御来校の際はぜひご覧ください。

 

  • アートクラフト科から
  • 工芸高校ニュース

2018年02月15日

国際コイン・デザイン・コンペティション2017「審査委員特別賞」受賞

独立行政法人造幣局主催の「国際コイン・デザイン・コンペティション2017」において、全日制アートクラフト科3年 佐藤寛竜さんの作品「雁」が、「審査委員特別賞」に選ばれました。
このコンペは 国内のみならず広く海外からコインのデザインを募集しており、アートクラフト科も2、3学年の授業で制作したデザインを応募しました。

以下のサイトから、詳細をご覧になれます(外部サイトが開きます)。
【国際コイン・デザイン・コンペティション2017】

受賞に伴い、造幣局の方がご来校され、本校視聴覚室にて表彰式が行われました。
画像は佐藤さんの受賞作品と、当日の様子です。

  • アートクラフト科から
  • 工芸高校ニュース

2018年02月05日

第11回糸魚川翡翠ジュエリー・アクセサリーデザイン画コンテスト「法人会会長特別賞」受賞 

糸魚川法人会が主催する第11回「糸魚川翡翠ジュエリー・アクセサリーデザイン画コンテスト」において、アートクラフト科3年の松浦美帆さんの作品「越の丸なす」が法人会会長特別賞を受賞しました。

このコンテストは「糸魚川翡翠」の魅力を広く知ってもらうためのPRとして毎年開催されています。
松浦さんの入賞した製品化デザイン部門のテーマは「山の恵み」です。

入賞作品は下の画像をご覧ください。

 

 

  • アートクラフト科から
  • 工芸高校ニュース

2017年12月03日

東京ドームホテルAQUA ARTデザイン・コンテストで表彰されました!

8月上旬に、芙蓉総合リース(株)、(株)アクア・アート、(株)東京ドームホテルの御協力で、アートクラフト科2学年の有志が「夏」をテーマに制作したアクアリウム(水槽)の装飾デザイン作品が東京ドームホテルに展示され、来場者最多得票の『イースター島の夏』が最優秀賞、『妖精も七夕始めました』が芙蓉総合リース社長賞、他作品も優秀賞,敢闘賞を受賞しました。

自由な発想から陶土や金属等で作られた精巧な装飾は大好評で、水槽を覗き込む子ども達の目が輝いていました。

 

  • アートクラフト科から
  • 工芸高校ニュース

2017年09月12日

夏期体験講座を実施しました

アートクラフト科では、8月15日(火)、16日(水)に「わくわくどきどき 夏休み工作スタジオ」で「銀のスプーンの制作」と、17日(木)、18日(金)に中学生体験学習「銀のペンダントの制作」を行いました。

スプーンの制作ではあらかじめスプーンの形に切り抜かれた銀の板に、叩いてくぼみをつくったり、持ち手に文様を打ってオリジナルのマイスプーンを制作しました。ペンダントの制作ではガスバーナーで純銀を溶かしてから、大きな金鎚で叩き延ばし、たがねなどで自分なりの文様を入れて磨きあげました。

受講生の皆さんは、とても集中して真剣に作業に取り組んでいる様子で、「初めて行う作業が多く難しかったけど、作品をつくることができてとても楽しかった」という感想をいただきました。
作品の完成度も高く、講座の最後には全員の作品を鑑賞し、交流を深めました。

また、今回の講座は2年生の教科「人間と社会」の体験活動の一環でもあり、生徒が先生として受講生に制作を教えました。
日々の授業で学んだことを生かし、わかりやすい指導をこころがけ、あらためてものづくりの楽しさを実感していました。
写真はそれぞれの講座の様子です。

  • アートクラフト科から
  • 工芸高校ニュース
Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.
先頭に戻る