新着情報(アートクラフト科から)

2017年02月17日

糸鋸レース開催!

2月15日(水)に、アートクラフト科恒例の卒業生を送るイベント「糸鋸レース」を行いました。
各学年2チーム(1チーム5人)計6チームの選抜メンバーが、糸鋸を使って、真鍮板を魚の形に切り抜く速さを競いました。
結果は3年生チームが見事優勝!3年間授業で磨いた技術で頑張りました。
選手も応援する生徒も皆大いに盛り上がり、卒業間近の楽しい思い出作りができました。

  • アートクラフト科から
  • 工芸高校ニュース

2017年02月13日

国際コイン・デザイン・コンペティション2016「フューチャー賞」受賞

独立行政法人造幣局主催の「国際コイン・デザイン・コンペティション2016」において、全日制アートクラフト科3年 中湊菜津海さんの作品「渡来」が、学生部門の「フューチャー賞」に選ばれました。
このコンペは 国内のみならず広く海外からコインのデザインを募集しており、アートクラフト科も2、3学年の授業で制作したデザインを応募しました。学生部門は6か国202作品の中から中湊さんの作品が優れた作品として選ばれました。

以下のサイトから、詳細をご覧になれます(外部サイトが開きます)。
【国際コイン・デザイン・コンペティション2016】

受賞に伴い、造幣局の方がご来校され、本校視聴覚室にて表彰式が行われました。
画像は中湊さんの受賞作品と、当日の様子です。

  • アートクラフト科から
  • 工芸高校ニュース

2017年01月23日

28年度ものづくり人材育成プログラム(彫金講座)

冬休みに28年度ものづくり人材育成プログラム「彫金講座」を実施しました。
今年度も本校卒業生の桂盛仁先生(人間国宝)に講師をお願いし、8日間で2学年5名、3学年3名の計8名が受講しました。
鏨で打ち出した銅板に、銀線を象嵌した帯留めを制作しました。デザインは生徒が自分たちで考えたものです。
昨年度も受講している3年生は更に高度な作品を仕上げることができました。
桂先生の巧みの技を拝見したり、教えていただきながら制作することで更に彫金への知識、理解が深まったことと思います。

講座で制作した帯留めは本校8階アートクラフト科職員室前に展示されています。
お越しの際はぜひご覧ください。

  • アートクラフト科から
  • 工芸高校ニュース

2016年12月20日

帯留めコンテストで賞をいただきました

NPO法人京都古布保存会主催の「第七回 帯留めコンテスト」にて、全日制アートクラフト科3年の加藤由季さんが高校生部門奨励賞をいただきました。
画像は受賞作品の、加藤さんが制作した帯留めです。

  • アートクラフト科から
  • 工芸高校ニュース

2016年10月21日

アクアリウム(水槽)が東京ドームホテルに展示、表彰されました!

アートクラフト科2学年が制作したアクアリウム(水槽)の装飾デザイン3作品が、(株)東京ドームホテル、芙蓉総合リース(株)、(株)アクア・アートの協力で、8月上旬に東京ドームホテルのロビーに展示されました。

今回も「夏休み」をテーマに制作し、花火や竜宮城、宇宙人といった賑やかなデザインに子供たちは大喜びでした。

また、お客様による人気投票の上位3賞を受賞し、表彰式では社長さんから賞状・副賞と合わせて『自由な発想の水槽装飾を、子供たちを囲んで家族で見入る光景が微笑ましく、感謝します』とお言葉を頂きました。生徒は、子供たちの夏休みの思い出づくりに貢献できて、制作発表の大切さを実感することが出来ました。

  • アートクラフト科から
  • 工芸高校ニュース

2016年09月21日

ものづくり人材育成プログラム

夏休みに28年度ものづくり人材育成プログラム「ワックス彫刻講座」を実施し、アートクラフト科の生徒が受講しました。
今年度も本校卒業生の吉田積人先生(ワックス造形作家)に講師をお願いし、7日間の講座が行われました。
無垢材のワックスを素材として、キサゲを使った削り出しや研磨の指導を受け、精密な彫刻を制作しました。巨匠の技を目の当たりにすることができ、受講した生徒も喜んで制作に励んでいました。

今回の講座で制作したワックス彫刻は8階アートクラフト科の科務室前に展示しています。
ご来校の際には、ぜひご覧ください。

  • アートクラフト科から
  • 工芸高校ニュース

2016年08月22日

夏休みの体験講座

アートクラフト科では、8月16日(火)、17日(水)に中学生体験学習「銀のペンダントの制作」と、18日(木)、19日(金)に「わくわくどきどき 夏休み工作スタジオ」で、「銀のスプーンの制作」を行いました。

ペンダントの制作ではガスバーナーで純銀を溶かしてから、大きな金槌で叩き延ばし、たがねなどで自分なりの文様を入れて磨きあげました。
スプーンの制作ではあらかじめスプーンの形に切り抜かれた銀の板に、くぼみを叩いてつくったり、持ち手に文様を打ってオリジナルのマイスプーンを制作しました。

受講生の皆さんは、とても集中して真剣に作業に取り組んでいる様子で、「初めて行う作業が多く難しかったけど、作品をつくることができてとても楽しかった」という感想をいただきました。
作品の完成度も高く、講座の最後には全員の作品を鑑賞し、交流を深めました。

また、今回の講座は2年生の教科「人間と社会」の体験活動の一環でもあり、生徒が先生として受講生に制作を教えました。
日々の授業で学んだことを生かし、わかりやすい指導をこころがけ、あらためてものづくりの楽しさを実感していました。
写真はそれぞれの講座の様子です。

 

  • アートクラフト科から
  • 工芸高校ニュース

2016年08月10日

東京ドームホテルにアクアリウム(水槽)が展示されました!

アートクラフト科2学年が共同で制作したアクアリウム(水槽)の装飾デザイン作品が、芙蓉総合リース(株)、(株)アクア・アート、(株)東京ドームホテルのご協力で、東京ドームホテルに展示されました。

今回は「夏」をテーマに制作した3作品が展示されます。

展示期間:2016年7月30日(土)〜8月9日(火)
展示場所:東京ドームホテル1階ロビー
(※展示は終了しました。)

お近くへお越しの際はぜひご覧ください。

 

  • アートクラフト科から
  • 工芸高校ニュース
Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.
先頭に戻る