新着情報(デザイン科から)

2018年03月29日

レタリング検定で文部科学大臣賞受賞

平成29年度に行われた文部科学省後援「第45回レタリング技能検定」に、デザイン科とインテリア科の2年生が挑戦しました。
レタリング技能検定は、文字デザインに関する知識と、文字を造形する技術を問う検定試験です。
各級の合格者人数は以下のとおりです。

【1級合格】
デザイン科   2年生 1名 (全国の合格者数 2名)

【2級合格】
デザイン科   2年生 5名 (全国の合格率 21.4%)

【3級合格】
インテリア科  2年生 34名
デザイン科   2年生 30名 (全国の合格率 68.2%)

 

なお、合格者の中から特に優秀な成績を収めた者として、以下の6名の生徒が入賞しました。
工芸高校は団体賞として文部科学大臣賞を受賞しました。

【1級 文部科学大臣賞】 デザイン科 箱田 直生くん

【3級 優秀賞】  デザイン科  石崎 友香さん、藤村 華さん

【3級 優良賞】  インテリア科  高井 祐来くん、田中 杏美さん、手塚 千尋さん

 

下の画像は文部科学大臣賞を受賞したデザイン科2年生の箱田くんと、彼が制作したレタリング1級試験の再現作品です。

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2018年02月22日

イラストが採用されました

産業教育振興中央会発行の『‘翔,第27集』(専門高校生徒意見・体験発表文、研究文、作文集)の表紙に、デザイン科2年生 藤村 華さんのイラストが採用されました。

 

文京区民参加オペラ CITTADINO歌劇団第18期生公演 ドニゼッティ作曲/歌劇『愛の妙薬』のチラシに、デザイン科3年生 鈴木 裕介くんのイラストが採用されました。
チラシは文京シビックセンター等にて配布されています。

 

 

 

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2018年02月16日

卒業制作プレゼンテーション

1/19(金)、1/22(月)の2日間、デザイン科3年生による「卒業制作プレゼンテーション」を行いました。
卒業制作は3年間の学習の集大成として、自分でテーマを決めて作品制作に取り組みます。制作をとおして自分のやりたいことを追求し、さまざまな試行錯誤を経て形にしてきました。

プレゼンテーションでは一人10分の持ち時間で、作品のコンセプトや制作過程、デザインのポイントなどを在校生や教職員、保護者の皆様の前で発表しました。中には実演やパフォーマンス等を交えたプレゼンテーションもあり、短い発表時間の中で作品の魅力を存分に伝えようとする工夫が見られました。

 

卒業制作の作品は、3月2日(金)~4日(日)に上野の東京都美術館で行われる「卒展」で展示いたします。
個性あふれる力作を「卒展」でぜひご覧ください。

 

 

 

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2018年02月07日

選挙ポスターコンクール入賞

『平成29年度(第69回) 明るい選挙啓発ポスターコンクール』において、デザイン科1年生 永井 遥さんの作品が中央審査入選・東京都入選・文京区優秀賞に選ばれました。
(主催:公益財団法人明るい選挙推進協会/都道府県選挙管理委員会連合会/都道府県選挙管理委員会/市区町村選挙管理委員会)

 

この他、文京区の一次審査で優秀賞にデザイン科8名・マシンクラフト科1名、入選にデザイン科1名、佳作にデザイン科8名・マシンクラフト科2名の作品が選ばれました。
以下のサイトから、他の入賞作品もご覧になれます。(外部サイトが開きます)
一次審査結果  明るい選挙啓発ポスターコンクール審査結果

下の画像は永井 遥さんの作品です。

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2018年01月27日

絵本コンクール入賞

『おおしま手づくり絵本コンクール2017』(主催:公益財団法人 射水市絵本文化振興財団)において、デザイン科3年生の制作したオリジナル絵本が以下の賞を受賞しました。

■朝日新聞社賞  横山 翠南さん  『わたしのおばあちゃん』
■NHK富山放送局長賞  佐久間 怜亜さん 『たいよう ようちゃん』
■毎日新聞社賞  鈴木 裕介くん  『一生きみのヴァンパイア』
(応募総数:小・中・高校計885点)

下の画像は富山県射水市大島絵本館で行われた表彰式の様子とそれぞれの絵本の表紙です。

 

 

 

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2017年09月18日

イラストが採用されました

東京都教育委員会より『平成30年度 東京都立高等学校に入学を希望する皆さんへ』の冊子表紙および挿絵のイラストを依頼され、デザイン科生徒4名の作品が採用されました。

下の画像は、2年生 西川 菜那さん(左上挿絵)、3年生 齋藤 ひなさん(右上挿絵)、3年生 大作 萌さん(左下挿絵)、2年生 加藤 彩乃さん(右下表紙)の作品です。

 

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2017年08月10日

革細工講座を行いました

7月31日(月)、8月1日(火)の2日間「わくわくどきどき夏休み工作スタジオ」として、小学校5、6年生の親子を対象に『革細工講座』を行いました。
20組、計40名の親子が参加して、革にいろいろな形の刻印を打って模様をつけ、好きな色で染めて、小銭入れやパスケースなどオリジナルの革小物を制作しました。

 

この講座は2年生の教科「人間と社会」の奉仕活動として実施し、生徒たちが講座の指導方法を工夫しながら準備を進め、当日の運営も行いました。
参加者には、生徒たちとの交流を通して、ハンドメイドのものづくりの楽しさを体験していただきました。
写真は制作風景と革の豆知識クイズの様子です。

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2017年08月10日

グリーティングカード制作体験を行いました

7月26日(水)~28日(金)に「中学生対象の体験学習」として『グリーティングカードの制作』を行いました。
身近な人へおくる暑中見舞いやバースデーカードなどを想定し、飛び出す絵本のようなポップアップの仕組みを活かして、開くと絵が起き上がるサプライズカードを制作しました。
飛び出す絵柄のアイデアや色の塗り方など、工夫を凝らした素敵なカードが仕上がりました。

 

この講座は2年生の教科「人間と社会」の奉仕活動として実施し、生徒たちが制作の指導から作品の講評まですべての運営を行いました。
写真は制作風景と講評会の様子です。

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース
Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.
先頭に戻る