新着情報(デザイン科から)

2016年04月05日

アートライター大賞受賞

筑波大学が主催する『第6回高校生アートライター大賞』のコンテストにデザイン科2年生が応募し、4名の作品が入賞しました。
高校生アートライター大賞は、アートについて自分の言葉で考え伝える力を育むという主旨のもと、応募者自身とアートとのかかわりを2000字の文章で綴るエッセイのコンテストです。
作品をご覧になりたい方は、下記の作品タイトルをクリックするとPDFファイルが開きます。

 

【大賞】
中村 陽道くん 『 流れる、という思い 』 (PDFサイズ212KB)

【入選】
小野坂 葉子さん 『 素晴らしきシンメトリー 』 (PDFサイズ174KB)
菊池 菜々子さん 『 「唐揚げ」 と 「アート」 』 (PDFサイズ92KB)
晴城 友里加さん 『 感覚情報、さまざまな感覚。 』 (PDFサイズ196KB)

 

下の画像は、筑波大学で行われた表彰式の様子です。

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2016年03月31日

進路報告会

3月16日(水)デザイン科の1、2年生を対象に、先日卒業を迎えた先輩から進路活動の体験談を聞く進路報告会を行いました。
4月から デザイン関係の会社や美術系大学・専門学校に進む5名の卒業生を招き、それぞれの進路活動の流れや受験勉強の取り組みなど、具体的な対策や体験を語っていただきました。
進路決定に至るまでの迷いや困難をどのように乗り越えてきたのか、経験から得た後輩たちへのアドバイスもたくさん聞かせていただきました。
1、2年生の皆さんも、先輩の話を参考にして、希望進路実現に向けて頑張りましょう!

 

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2016年02月14日

卒業制作プレゼンテーション

12/21(月)、1/22(金)の2日間、デザイン科3年生による「卒業制作プレゼンテーション」を行いました。
卒業制作は3年間の学習の集大成として、自分でテーマを決めて作品制作に取り組みます。制作のプロセスも皆違い、さまざまな試行錯誤を繰り返しながら形にしてきました。

プレゼンテーションでは一人10分の持ち時間で、作品のコンセプトや制作過程、デザインのポイントなどを、見る人に伝わりやすいようにビジュアル化しながら、在校生や教職員、保護者の皆様の前で発表しました。
10分という短い時間の中で、作品の魅力を存分に伝えようと工夫を凝らしたプレゼンが多くありました。

 

卒業制作の作品は、3月3日(木)~6日(日)に上野の東京都美術館で行われる「卒展」で展示いたします。
個性あふれる力作を「卒展」でぜひご覧ください。

 

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2016年02月02日

ポスターコンクール入賞

『平成27年度(第67回) 明るい選挙啓発ポスターコンクール』の高等学校の部において、デザイン科1年生 松枝 暦さんの作品が中央審査入選・東京都入選・文京区優秀賞に選ばれました。
(主催:公益財団法人明るい選挙推進協会/都道府県選挙管理委員会連合会/都道府県選挙管理委員会/市区町村選挙管理委員会)

 

この他、文京区の一次審査で優秀賞9名、入選1名、佳作10名の作品が選ばれました。
以下のサイトから、他の入賞作品もご覧になれます(外部サイトが開きます)。
一次審査結果→ 【平成27年度明るい選挙啓発ポスターコンクール審査結果

下の画像は松枝 暦さんの作品です。

 

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2015年12月24日

生徒作品が採用されました

文京シビックホールにて2月に公演予定のオペラ『ロメオとジュリエット』のチラシに、デザイン科3年生 木田 光さんのイラストが採用されました。

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2015年09月26日

カリグラフィー講習会

9月13日(日)にカリグラフィー講習会を行い、デザイン科の希望者19名が参加しました。
カリグラフィーとは「美しい書き物」という意味のギリシャ語で、アルファベットを手書きで美しく書く技術です。
講師にカリグラファーとして第一線でご活躍されている白谷 泉先生をお招きし、基本書体のイタリック体について、文字の特徴や書き方を丁寧にご指導いただきながら一文字ずつ練習をしました。

後半には、デザインワークにおけるカリグラフィーの応用例をご紹介いただいたり、様々な種類のペン先を利用した装飾的な文字の書き方を実演していただきました。
筆やペンのタッチで自在に表現される、生き生きとした線や文字の美しさに感動しました。
講習会を通して、カリグラフィーの魅力を存分に味わうことができました。 

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2015年08月12日

夏休みの体験講座

7月28日(火)、29日(水)に「中学生対象の体験学習」として『グリーティングカードの制作』を行いました。身近な人への贈り物として、飛び出す絵本のようなポップアップの仕組みを活かしたオリジナルカードを制作しました。制作後には講評会を行い、独創的でユニークな作品が並びました。

7月30日(木)、31日(金)には「わくわくどきどき夏休み工作スタジオ」として、小学校5、6年生の親子を対象に『革細工講座』を行いました。革にいろいろな形の刻印で模様をつけ、好きな色で染めて、小銭入れやペンケースなどオリジナルの革小物を制作しました。

 

これらの講座は、2年生の教科「奉仕」の体験活動として実施し、生徒たちが講座の指導方法を工夫しながら準備を進め、当日の運営も行いました。参加者には、生徒たちとの交流を通して、ものづくりの楽しさや達成感を体験していただきました。
写真はそれぞれの体験講座の様子です。

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2015年08月04日

生徒作品が採用されました

東京都教育委員会より『平成28年度 東京都立高等学校に入学を希望する皆さんへ』の冊子表紙および挿絵のイラストを依頼され、デザイン科生徒6名の作品が採用されました。
下の画像は、2年生 根本 佳奈子さん(挿絵)、中村 陽道くん(挿絵)、平林 麻衣さん(挿絵)、3年生 岩井 香寿奈さん(挿絵)、山野 実桜さん(挿絵)、中村 天衣さん(表紙)の作品です。

 

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース
Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.
先頭に戻る