新着情報(デザイン科から)

2014年03月22日

進路報告会を行いました

3月18日(火)デザイン科の1、2年生を対象に、先日卒業を迎えた先輩から進路活動についての体験談を聞く進路報告会を行いました。
4月から広告デザインの会社に就職する生徒、美術系大学・専門学校に進学する生徒など7名の卒業生を招き、進路決定に至るまでの悩みや苦労を、どう乗り越えてきたのかを一人ずつ語っていただきました。また進路活動の具体的な流れや準備の仕方、効果的な受験勉強の方法など、貴重なアドバイスを沢山聞くことができました。
1、2年生の皆さんも、先輩たちのように高校生活を充実させながら、希望進路実現に向けて頑張りましょう!

 

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2014年03月10日

2014卒展

デザイン科の卒展の様子です。
グラフィックデザインやプロダクトデザイン、写真やクラフト、映像など、生徒自身の興味や進路に応じた幅広い分野の創造性豊かな作品が並びました。生徒一人一人が独自にテーマを設定し、時間をかけて考え抜いたアイデアが形となって結集しました。
個々の作品の前で、制作過程をまとめたポートフォリオや写真集、小物などを手に取り、じっくりとご覧になっている方が沢山いらっしゃいました。
(写真をクリックすると大きくご覧いただけます)

 

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2014年02月21日

「第5回高校生アートライター大賞」に入賞しました

筑波大学主催の「第5回高校生アートライター大賞」において、応募総数1023編の中から、デザイン科2年 大越 梓さんの作品が優秀賞を受賞しました。
高校生アートライター大賞は、アートについて自分の言葉で考え、伝える力を育むという主旨のもと、応募者自身とアートとのかかわりを2000字の文章で綴るエッセイのコンテストです。
大越さんは「本の魅力」というテーマで、身近な本を芸術作品として捉え、本の装丁や構成などの美について考察しました。

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2014年02月14日

色彩検定1級に合格しました

文部科学省後援「色彩検定」の冬期検定試験において、デザイン科3年 大島 隆人くんが
1級に合格しました。 (主催:公益社団法人 色彩検定協会)
色彩検定1級の試験は、主にマークシート方式の1次試験と、実技を伴う2次試験という
2段階の選抜方式で行われ、色に関する幅広い知識と技術が問われます。
全国の合格率は約35%、高校生の合格者は数名という難関の中、見事合格しました。
なお、工芸高校は色彩検定協会より「優秀団体賞」に選出されました。(2/17加筆)

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2014年02月07日

生徒作品が採用されました

産業教育振興中央会発行の『‘翔,第23集』(専門高等学校生徒意見・体験発表文、作文、研究文集)の表紙に、デザイン科3年 友野 由紀子さんのイラストが採用されました。

 

文京区民参加オペラ『ラ・ボエーム』のチラシに、デザイン科3年 芳中 早百合さんのイラストが採用されました。

 

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2014年01月29日

「全国高校野球選手権大会ポスター用原画コンクール」に入賞しました

朝日新聞社主催の「第96回全国高校野球選手権大会ポスター用原画コンクール」において、デザイン科3年 末廣 奈々美さんの作品が「ブロンズ賞」を受賞しました。

以下のサイトから、他の高校の入賞作品もご覧になれます(外部サイトが開きます)。
http://www.asahi.com/koshien/gallery/2014poster/

 

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2014年01月15日

卒業制作プレゼンテーションを行いました

12月16日(月)、1月10日(金)の2日間「卒業制作プレゼンテーション」を行い、3年間の学習の集大成として取り組んできた卒業制作を、在校生や保護者の皆様の前で発表しました。

生徒たちは一人10分の持ち時間の中で、作品の見せ方や伝え方を工夫しながら、作品のコンセプトや制作のプロセス、作品にかける熱い思いをプレゼンテーションしました。
自分が本当にやりたいことを発見して楽しみながら制作してきた生徒、行き詰まって悩みながら必死で作品と向き合ってきた生徒など、その過程は皆違いますが、自らの作品について堂々と語る姿に、3年間の大きな成長を感じることができました。

 

卒業制作の作品は、3月2日(日)、4日(火)、5日(水)に上野の東京都美術館で行われる「卒展」で展示いたします。
生徒たちの個性あふれる力作を「卒展」でぜひご覧ください。

 

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2013年12月14日

OB講演会を行いました

12月6日(金)に、図案科(現デザイン科)8期卒で環境デザイナーの宮沢 功 氏をお招きして、「デザインの仕事とは ~トータルデザインに向けて~」という講演会を行いました。
工芸高校時代のお話や、これまでに手掛けられた幅広い分野のお仕事のエピソードから、デザインにおいて大切なことをたくさん教えていただきました。
貴重なお話を誠にありがとうございました。

 

≪宮沢 功 氏のプロフィール≫
1959年工芸高校卒業、同年(株)GKインダストリアルデザイン研究所入所、1982年(株)GK設計へ移籍後、取締役社長、取締役相談役を経て2009年に退社。現在ヨシモトポール(株)顧問。
モーターサイクルデザイン、銀行や店舗などのインテリア、万国博覧会や様々な都市景観・公共施設のサイン・環境計画のほか、富山ライトレールやモノレール・空港などの交通環境のトータルデザインを手掛けられ、現在も環境デザインの分野で活動中。

 

写真は講演の様子と、生徒の質問にお答えいただいているところです。  

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース
Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.
先頭に戻る