新着情報(グラフィックアーツ科から)

2016年05月03日

見学会・撮影会を行いました

5月2日(月)に横浜美術館見学と野毛山動物園の撮影会を行いました。天候に恵まれ、撮影会日和でした。
横浜美術館ではコレクション展(常設展)を見学。様々な作品を見て表現の多様性について感じることができました。
午後は、野毛山動物園に移動し動物たちを撮影しました。動物園での撮影は檻の柵が画角に入ってしまうことが難点です。野毛山動物園の柵は非常に細かく撮影が非常に困難でしたが、生徒たちは精力的に撮影を行っていました。
生徒たちが撮影した写真は6月に行われる 校内写真展で全員の作品が発表されます。また実習の一環として刷られる動物のポストカードの写真としても採用する予定です。
写真は撮影会の様子です(クリックすると別のウインドが開きます)

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2016年04月09日

ポスター作品(3年)を企業の皆様にご講評を頂いております

毎年グラフィックアーツ科では第3学年実習の企業広告・商品広告ポスター作品のご講評を各企業の皆様からいただいております。昨年度も多くの企業の皆様にご協力を賜りました。ご協力有難うございました。

東京急行電鉄株式会社の皆様におかれましては、直接生徒本人から説明を聞いて頂きました。率直なご意見、ご講評を頂戴し大変感謝しております。東京急行電鉄株式会社 鉄道事業本部 事業戦略部 事業推進課 並びに、世田谷線管区(上町駅)の皆様、ご協力有難うございました。今後とも工芸高校の教育活動へのご理解、ご協力をお願いいたします。

※ポスター作品は作品ギャラリーに掲載しております。

 

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2016年03月22日

学年末プレゼンテーション

3月15(火)・16(水)・17(木)の3日間、全日制課程グラフィックアーツ科1・2年生による学年末プレゼンテーションを行いました。
1年生は基礎基本を、2年生は様々な新しいメディアについて、1年間多くの課題に取り組んできました。それぞれの実習の目的、自分の目標、自己評価を端的に説明するとともに、次年度に向けての抱負なども加えて、与えられた時間の中で表現していました。
3日間の発表お疲れ様でした。 新2年生・新3年生になっても頑張ってください。

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2015年10月03日

「卒業生を囲む会」を行いました

9月26日(土)にグラフィックアーツ科卒業生を囲む会(縦の会)が行われました。
会に出席してくれた先輩たちは、
・私立美術大学に進学し、在学中の先輩
・公立教育系大学に進学し、在学中の先輩
・高校を卒業して、高校生向けの進路イベントや情報誌を作る企業に就職した先輩
・私立大学で映像の勉強をして卒業したのち、映像編集会社でお仕事をされている先輩
計4名の卒業生にそれぞれプレゼンを行っていただき非常に貴重なお話をしてもらいました。
事前に話す内容を考えていただいてはいましたが、プレゼンのスライドを開始1時間前に急きょ作成していただきました。スライドのある分、さまざまなアプローチの仕方があり、参加した在校生にはとても良い進路でのアドバイスが多かったです。質疑応答でも在校生からの質問を熟考して答えていただきました。本当にありがとうございました。
会の最後に『グラフィックアーツ科卒業生の保護者』の方にも登壇していただき、お話を少しだけしていただきました。突然の依頼をお受け頂きありがとうございました。
先輩方、卒業生の保護者の方、貴重なお話しを本当にありがとうございました。

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2015年09月17日

IGASの見学

International Graphic Arts Show 2015 の見学を9月16日(水)午後に行いました。
IGAS 2015は、最新の印刷・紙工・デジタルグラフィックス関連の機材・技術・サービスを一堂に会した国際総合印刷機材展です。最新技術や様々なソリューションを提案するとともに印刷産業の未来を展望できる場です。(開催概要より)
新しい技術や機材を身近に見ることができて、大変有意義な見学会でした。生徒たちはこの後、見学した内容をレポートにして提出です。

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2015年07月31日

高校生夕張キャンプに参加しました!

7月21日(火)から24日(金)までの3泊4日間、北海道夕張市にて高校生夕張キャンプに参加しました!工芸高校グラフィックアーツ科から2チーム8人が参加し大変有意義な時間を過ごすことができました。
高校生夕張キャンプは北海道及び東京都の高校生を対象として、広く夕張市訪問を呼びかけ、夕張市民との交流を深め、夕張市の自然、歴史、文化、施設、産業等を直接体験することを通して、未来への洞察力、発想力、行動力を培うなど青少年の健全育成の実現に貢献することを目的としています。

■1日目:
羽田空港に集合し飛行機で北海道へ。夕張市役所にて参加5校(6チーム)のプレゼンテーションを行う。その後JA夕張へ移動し夕張メロンについて講習を受ける。
■2日目:
朝、夕張メロン農家で出荷のお手伝い。午前中から夕方まで各チームに分かれて実地調査・活動を行う。夜のミーティングで各チームまとめたものを発表し、情報を共有し合う。
■3日目:
CSR活動によってできた夕張ツムラの見学とJA夕張でメロンの選別作業を見学。午後は夕張高校生と交流会。エゾシカの現状について講演を受けたのち、グループミーティングを行うと同時にシカ肉の調理実習を行った。ミーティングでまとまった内容を食事会で発表した。
■4日目:
夕張炭鉱をボランティア解説員の説明を聞きながら見学。その後4日間お世話になった合宿の宿ひまわりにて閉会式を行い、新千歳空港に移動し飛行機で東京へ。

さまざまな活動が目白押しで非常に充実した4日間でした。この高校生夕張キャンプで得られた経験や知識をレポートにしてまとめ、多くの人たちに夕張市の現状や今後地域再生をどのように行っていくか伝えて行こうと思います。夕張市の皆さん、東京都教育庁、参加5校の生徒や先生方ありがとうございました。

 

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2015年07月05日

世界報道写真展を見学

7月3日(金)の午後、グラフィックアーツ科1・2・3年生は池袋にある東京芸術劇場で行われている「世界報道写真展2015」を見学しました。

「世界報道写真展」は1955年にオランダのアムステルダムで、世界報道写真財団が発足したことにより、翌年から始まったドキュメンタリー、報道写真の展覧会です。

同じ時代を生きる人たちの、普段目にすることが少ない現実。写真展を通して、世界で起きている紛争や現代社会の問題、奇跡的なスポーツの瞬間や、壊されゆく自然の姿を知ることのできる貴重な展覧を見て、生徒たちが世の中の一片を知るとともに写真の力を感じてさらに自分たちがどう表現して行ったらいいか考える機会になればとグラフィックアーツ科では毎年見学を行っています。

写真は見学の様子です(会場での撮影が許可されたので撮影を行っています)。

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2015年06月22日

高校生夕張キャンプ選抜大会に参加、2チームともに優秀賞を受賞しました!

6月20日(土)東京都庁第一本庁舎大会議場にて平成27年度高校生夕張キャンプ第Ⅰ期選抜大会の「広報・PR部門」に4名1チーム、「研究・開発部門」に4名1チーム、グラフィックアーツ科2年生が2チーム合計8名で参加しました。
夕張キャンプ選抜大会は「広報・PR部門」「食品部門」「研究・開発部門」それぞれ3つの部門で夕張市の活性化を高校生の視点を通して考え、日頃の実習を通して実現可能な内容を考え、企画し、発表を行うプレゼンテーションのコンテストで今年で4回目の大会です。
参加した都立専門高校16チームが日頃の実習の成果を発表しアイデアを競い合いました。その中から「広報・PR部門」と「研究・開発部門」それぞれの部門で優秀賞として選ばれ、2チームともに7月21日~24日の4日間、夕張市に派遣されることが決まりました。
高校生夕張キャンプ(夕張市派遣)は、夕張市からの依頼に基づき、自治体間連携モデル事業として、東京都の高校生を対象として、広く夕張市訪問を呼びかけ、夕張市民との交流を深め、夕張市の自然、歴史、文化、施設、産業等を直接体験することを通して、未来への洞察力、発想力、行動力を培うなど青少年の健全育成を目的として実施する(東京都教育委員会)という取り組みです。
東京都の代表として夕張でさらなる活躍を期待します!
(写真は高校生夕張キャンプ選抜大会の様子です)

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース
Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.
先頭に戻る