新着情報(グラフィックアーツ科から)

2015年05月01日

春の撮影会・見学会を行いました

4月30日(木)上野動物園にて撮影会、5月1日(金)紙の博物館見学と都電荒川線沿線の撮影会を行いました。
両日ともに晴れ、絶好の撮影会日和でした。
一日目、上野動物園では様々な動物たちを撮影し、あっと言う間に時間が経ちました。
二日目は都電荒川線の一日乗車券を購入し、荒川遊園から鬼子母神などさまざまなところを訪れて撮影を楽しく行いました。
撮影した写真は6月に行われる 校内写真展で全員の作品が発表されるほか、提出された作品の中から印刷実習の一環として刷られる動物のポストカードの写真としても採用されるはずです。新しいポストカードをご期待ください!
写真は撮影会の様子です(クリックすると別のウインドが開きます)

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2015年03月24日

学年末プレゼン

3月18(水)・19(木)・20(金)の3日間、グラフィックアーツ科1・2年生による学年末プレゼンテーションを行いました。
1年間多くの課題に取り組んできましたが、それぞれの実習がどのような目的で、またそれにあわせた自分の目標はなんだったか具体的に説明するとともに、来年度に向けての抱負なども加えて与えられた時間の中で的確に表現していました。
プレゼンテーションはパフォーマンスではないのですが、より分かりやすく、より見ている人が共感しやすいように ヴィジュアル化されていて、3日間のプレゼンテーションはあっという間でした。
発表後は生徒それぞれが担当の指導教員から講評を受け、今後の実習に活かしていくことを再確認していました。発表お疲れ様でした。 新2年生・新3年生になっても頑張ってください。

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2014年12月25日

OAC 奨励賞

公益社団法人 日本広告制作協会(OAC)主催で行われている学生向けコンペティション
『OAC学生広告クリエイティブアワード2014』において本校全日制グラフィックアーツ科
3年生 河合結南さんが映像部門で「OAC奨励賞」を受賞しました。

総評では「OACゴールド(大賞作品)は該当者無しでしたが(中略)今回特別にOAC奨励賞として人気のあった高校生の作品を追加した。なお映像作品の応募が増え、今後の傾向になってくるのではないかと思われた。」と書かれていました。

応募資格において「大学・専門学校などの教育機関に在学の学生」となっていましたが、
本校全日制グラフィックアーツ科の教育活動を理解していただき高校生の参加を認めて
いただいた日本広告制作協会にこの場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

◇映像部門 奨励賞 : 東京都立工芸高等学校 グラフィックアーツ科 河合結南
◇タイトル : ヘアジャムの歌(整髪料のCM)
◇映像リンク : https://www.youtube.com/watch?v=8FT5fYk0Wls
 (リンクをクリックすると別ウインドが開き、外部のウェブサイトに移動します)

 

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2014年10月02日

卒業生を囲む会

9月27日(土)にグラフィックアーツ科卒業生を囲む会が行われました。
会に出席してくれた先輩たちは、
・高校を卒業してDTP関係の仕事をする企業に就職した先輩
・公立教育系大学に在学中の先輩
・高校を卒業して専門学校に通ったのちにCG制作会社に就職した先輩
計3名の卒業生にそれぞれプレゼンを行っていただき非常に貴重なお話をしてもらいました。
今回はさらに『グラフィックアーツ科卒業生の保護者』の方にも登壇していただき、会場からの質問に答えていただきました。『お子さんの進路についてどう考えていたか』については「学校と親が密になってコミュニケーションをすることで信頼し任せていた」と言う嬉しい回答をいただくことができました。
先輩方、卒業生の保護者の方、貴重なお話しを本当にありがとうございました。

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2014年08月25日

初めてのコンピューターアニメーション制作

8月13日(水)、14日(木)、15日(金)、18日(月)にグラフィックアーツ科では中学生体験授業として「初めてのコンピューターアニメーション制作」を実施しました。

アニメーション制作ソフトの基本操作や基本になる動きを学びました。初めて触れるコンピューターソフトの操作に戸惑いながらも、教科「奉仕」の体験活動で指導にあたった本校グラフィックアーツ科2年生との交流を深めながら制作し、最後には音に合わせた打ち上げ花火のアニメーションを全員が完成させることができました。完成したアニメーションの作品データはCDに焼いてお土産として持ち帰っていただきました。

参加して下さった中学生の皆さんありがとうございました。

 

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2014年08月13日

オリジナルノートの製作

7月29日(火)、30日(水)に「わくわくどきどき夏休み工作スタジオ」として、中学生を対象に『オリジナルノートの製作』を行いました。 写真は上から、「表紙のイラスト制作」、「製本機による綴じ」、「裁断機で断ち落とし」、「製本機のパネル操作」を体験講座で行っている様子です。

2年生は教科「奉仕」の体験活動として参加しました。中学生が在校生との交流を通して、ものづくりの楽しさや達成感を体験していただきました。

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2014年07月07日

夕張キャンプ選抜大会参加

6月21日(土)に東京都庁大会議場で行われた「平成26年度高校生夕張キャンプ選抜大会」に参加してきました。「広報・PR部門」「食品部門」「研究・開発部門」の3つの部門の中から今回はグラフィックアーツ科2年生2チーム計8名が「広報・PR部門」にエントリーしました。夕張をどのように広めるかを具体的に考え、実行可能なプランを提案し、10チームの中でも完璧なプレゼンテーションをそれぞれ行いましたが選に漏れ、今年度は高校生夕張キャンプに参加することはできませんでした。しかし2チームの発表が終った際、会場から「良く作ったね」などの声が多く聞こえていたことを生徒に伝えると、普段学んでいるプレゼンテーションの技術をいかんなく発揮でき、それを観客の皆さんが評価してくれたいたことを知って大変自信になった様子でした。中間テストや体育祭などの行事がある中、2ヶ月間放課後や休日に出てきて遅くまで準備した道のりを忘れないで今後の実習に生かして欲しいと思います。

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2014年06月05日

パッケージ講習

5月23日(金)3年生のグラフィックアーツ実習「パッケージ制作」に株式会社コクヨにお勤めのデザイナー木村剛さんに来ていただきました。既存の商品のパッケージを形にこだわってをリ・デザインすると言うのがパッケージ制作の授業の内容です。一人約15分ぐらいのディスカッションでしたが、17人の生徒一人ひとりのデザイン案全てに目を通していただいて、ご意見やアドバイスを頂きました。この特別講義は毎年行われていて、それぞれのアイディアをさらにプロの見地から実際にあるものとの整合性なども考えてものづくりをする大変有意義な授業になっています。

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース
Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.
先頭に戻る