新着情報(グラフィックアーツ科から)

2014年06月05日

パッケージ講習

5月23日(金)3年生のグラフィックアーツ実習「パッケージ制作」に株式会社コクヨにお勤めのデザイナー木村剛さんに来ていただきました。既存の商品のパッケージを形にこだわってをリ・デザインすると言うのがパッケージ制作の授業の内容です。一人約15分ぐらいのディスカッションでしたが、17人の生徒一人ひとりのデザイン案全てに目を通していただいて、ご意見やアドバイスを頂きました。この特別講義は毎年行われていて、それぞれのアイディアをさらにプロの見地から実際にあるものとの整合性なども考えてものづくりをする大変有意義な授業になっています。

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2014年05月07日

撮影会

5月2日(金)多摩動物公園にて撮影会を行いました。非常によく晴れ、撮影に適した日でした。さまざまな動物の写真を撮ることができました。
5/1・2の2日間に行われた撮影会の写真を生徒一人6点提出し、3学年100人以上の作品600点以上の写真の中から選ばれたものが、2年生のグラフィックアーツ実習においてポストカードとして使用され、印刷されます。工芸祭や学校見学などのお越しの際には是非お土産に持って帰ってください。

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2014年05月03日

5/1見学会・撮影会

5月1日(木)、東京都現代美術館(MOT)へ、グラフィックアーツ科1・2・3年生107名で見学を行きました。

約4,500点の収蔵品の中から「MOTコレクション」として常設してある作品の展示、日本スペイン交流400周年事業の一環として、カスティーリャ・レオン現代美術館(MUSAC)の収蔵品から、スペイン、ラテンアメリカの現代アートを紹介した企画展「驚くべきリアル」展、日本の若手作家による現代美術の動向の紹介をしている企画展「FRAGMENTS」展の3つを見学しました。
見学開始前に教育普及担当の方から説明をいただいた後、それぞれの展示を自由に見学させていただきました。東京都現代美術館のWEBサイトにある教育普及ブログでもその時の様子が紹介されています。

http://www.mot-art-museum.jp/blog/edu/

【上記のURLをクリックすると外部サイト(東京都現代美術館教育普及ブログ)へ移動します】

見学終了後、木場公園周辺を中心に撮影会を行いました。この撮影会で撮った写真を6月に校内にて写真展を行います。

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2014年03月20日

学年末プレゼンテーションを行いました!

3月17・18・19日の3日間、1・2年生による学年末プレゼンテーションが
行われました。
一年間に行った、グラフィックアーツ科でのさまざまな実習の中から2つ
から3つ課題を取り上げ、一人5分間のプレゼンを行いました。
それぞれ趣向を凝らしたプレゼンを行い、反省と来年度の目標をたてて
いました。写真はそのときの様子です。

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2014年03月10日

2014卒展

グラフィックアーツ科の卒展の様子です。
特筆すべき作品は、商品広告ポスターです。B1サイズで制作された様々な商品のポスターが壁一面に並び、東京都美術館の広い展示室でとても目立っていました。ポスターに対する企業からの講評を熱心に読まれている方が多くいらっしゃいました。
また、CM作品や3DCG作品などマルチメディアに関する内容から、活版や銅版、シルクスクリーン印刷などの伝統技法の作品まで、数多く展示していました。
(写真をクリックすると大きくご覧いただけます)

 

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2014年01月29日

「少年の非行防止啓発ポスター」高校生の部(ネット犯罪防止)で最優秀賞・優秀賞を受賞しました!

警視庁主催の「少年の非行防止啓発ポスター」高校生の部(ネット犯罪防止)で
最優秀賞を3年グラフィックアーツ科 近藤 歩さん が、
優秀賞を3年グラフィックアーツ科 氣田 愛美さん と、同じく
優秀賞を3年グラフィックアーツ科 笹川 あかりさん が受賞しました。
写真は1月25日(土)に警察博物館で行われた授賞式の様子です。

作品は警視庁のWEBサイトで見ることができます。
少年の非行防止啓発ポスターの審査結果について – 警視庁
【クリックすると別のウインドで外部サイト(警視庁)が開きます】

またフジテレビの1月26日(日)の朝のニュースにて表彰の様子が流れました。
フジテレビ系列のニュースサイトで見ることができます。
FNN(フジニュースネットワーク) – 東京都内の児童や生徒が描いた非行防止を呼びかけるポスター
【クリックすると別のウインドで外部サイト(FNN)が開きます】

 

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2013年10月28日

生徒作品がNHKミニミニ映像大賞の第二次審査を通過しました!【グラフィックアーツ科】

30秒の短い映像を募集する「NHKミニミニ映像大賞」に、全日制グラフィック アーツ科3年鶴岡若葉さんが応募した作品「豪速球」が、応募総数 944本の中から第一次審査を通過し、さらに第二次審査 を通過した50本の1作品に選ばれました!

現在、NHK ミニミニ映像大賞のホームページhttp://www.nhk.or.jp/minimini/(NHKのWebサイトが別ウインドウで開きます) にてファイナリストを選ぶ投票を行っています(11月11日まで)。是非ご覧 になっていただき、『「豪速球」鶴岡若葉(18)東京都』を推し(押し)てください!
鶴岡さんの作品を直接見るには下のリンクから!スマートフォンからも見れます。
http://www.nhk.or.jp/minimini/yosen/index.html?id=22(別ウインドが開きます)

また11月5日(火)午前 2:40(月曜深夜)NHK総合テレビ「ミニミニ予選会」で放映されます。第11回NHKミニミニ映像大賞のお題は「ありがとう」で、そのテーマを時間や場所を超えて親子の絆で表現した鶴岡さんの作品に、皆さんの温かい一票をよろしくお願いします!

この作品は全日制グラフィックアーツ科3年の実習「選択映像」で課題作品として生徒一人ひとりが取り組んだものです。

NHKミニミニ映像大賞のWebサイト

「豪速球」鶴岡若葉さんの一シーン

「豪速球」鶴岡若葉さんの一シーン

「豪速球」鶴岡若葉さんの一シーン

 

 

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2013年10月03日

卒業生を囲む会を行いました

9月28日(土)にグラフィックアーツ科卒業生を囲む会が行われました。
会に賛同していただき出席してくれた先輩たちは、
(1)高校を卒業して就職した先輩 2名、
(2)高校を卒業して大学に通ったのちに就職した先輩 1名、
(3)大学在学中の先輩 1名、
計4名の卒業生で、パネルディスカッションをしていただきました。
「進路選択をした時期は?」「どんなときに仕事や勉強のやりがいを感じるか?」「どんなことを高校生のうちにやっておいたほうがいいか」など、進路を考えるうえで非常に役立ちそうなことを経験を交えてお話ししていただきました。
先輩方、貴重なお話しを本当にありがとうございました。

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース
Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.
先頭に戻る