新着情報(グラフィックアーツ科から)

2013年10月28日

生徒作品がNHKミニミニ映像大賞の第二次審査を通過しました!【グラフィックアーツ科】

30秒の短い映像を募集する「NHKミニミニ映像大賞」に、全日制グラフィック アーツ科3年鶴岡若葉さんが応募した作品「豪速球」が、応募総数 944本の中から第一次審査を通過し、さらに第二次審査 を通過した50本の1作品に選ばれました!

現在、NHK ミニミニ映像大賞のホームページhttp://www.nhk.or.jp/minimini/(NHKのWebサイトが別ウインドウで開きます) にてファイナリストを選ぶ投票を行っています(11月11日まで)。是非ご覧 になっていただき、『「豪速球」鶴岡若葉(18)東京都』を推し(押し)てください!
鶴岡さんの作品を直接見るには下のリンクから!スマートフォンからも見れます。
http://www.nhk.or.jp/minimini/yosen/index.html?id=22(別ウインドが開きます)

また11月5日(火)午前 2:40(月曜深夜)NHK総合テレビ「ミニミニ予選会」で放映されます。第11回NHKミニミニ映像大賞のお題は「ありがとう」で、そのテーマを時間や場所を超えて親子の絆で表現した鶴岡さんの作品に、皆さんの温かい一票をよろしくお願いします!

この作品は全日制グラフィックアーツ科3年の実習「選択映像」で課題作品として生徒一人ひとりが取り組んだものです。

NHKミニミニ映像大賞のWebサイト

「豪速球」鶴岡若葉さんの一シーン

「豪速球」鶴岡若葉さんの一シーン

「豪速球」鶴岡若葉さんの一シーン

 

 

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2013年10月03日

卒業生を囲む会を行いました

9月28日(土)にグラフィックアーツ科卒業生を囲む会が行われました。
会に賛同していただき出席してくれた先輩たちは、
(1)高校を卒業して就職した先輩 2名、
(2)高校を卒業して大学に通ったのちに就職した先輩 1名、
(3)大学在学中の先輩 1名、
計4名の卒業生で、パネルディスカッションをしていただきました。
「進路選択をした時期は?」「どんなときに仕事や勉強のやりがいを感じるか?」「どんなことを高校生のうちにやっておいたほうがいいか」など、進路を考えるうえで非常に役立ちそうなことを経験を交えてお話ししていただきました。
先輩方、貴重なお話しを本当にありがとうございました。

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2013年08月26日

中学生体験授業においてアニメーションの制作を行いました!

8月1日・2日・22日・23日の4日間、中学生体験授業を行いました。4日間で約80人の中学生が参加して、アニメーションを制作しました。グラフィックアーツ科の高校2年生(写真では黄色い実習服を着ています)が、奉仕の授業の一環として中学生の制作を一日サポートし、パソコンの画面上で個性的な花火を打ち上げるお手伝いをしました。写真はその時の様子です。みなさんお疲れ様でした。【写真は許可を得て使用しています】

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2013年07月31日

わくわくどきどき夏休み工作スタジオを行いました

7月30日(木)、31日(金)の2日間、グラフィックアーツ科の「わくわくどきどき夏休み工作スタジオ」を実施しました。『マイバックを作ろう!』という講座名からわかるように、パソコンでさまざまなイラストを描いたものをプリントアウトしてトートバッグに印刷をしました。 写真は体験している様子で、トートバッグにイラストをアイロンで定着させています。

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2013年07月30日

夕張キャンプ第Ⅰ期に参加してきました!

平成25年度夕張キャンプ第Ⅰ期(7月23日から26日の4日間)にグラフィックアーツ科2年の生徒5名が参加してきました。選抜大会で選ばれた6校の生徒が様々なプログラムに参加して夕張を理解するとともに、夕張の方々との交流を深めてきました。写真はその時の様子です。夕張メロン農家での体験活動、現地調査活動(北海道物産センター・ぱんじゅう小倉屋・ラーメンのんきや・ゆうばり屋台村・夕張高校)、夕張ツムラでの工場見学と講習会、夕張高校生との交流会と地域ボランティア活動、福島の子供たちとの交流会、石炭博物館見学など盛りだくさんの夕張キャンプでした。本当に夕張のみなさんありがとうございました。今後得られた知識と経験を夕張のPR・広報活動に活かし発表していきます。

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2013年06月25日

平成25年度高校生夕張キャンプ第Ⅰ期選抜大会に参加し、優秀賞を受賞、夕張市に派遣されることになりました!

6月22日(土)東京都庁第一本庁舎大会議場にて平成25年度高校生夕張キャンプ第Ⅰ期選抜大会にグラフィックアーツ科二年生の5人が参加しました。「広報・PR部門」でプレゼンテーションを行い10チームの中から優良賞として選ばれ7月23日~26日の4日間、夕張市に派遣されることが決まりました。
高校生夕張キャンプ(夕張市派遣)は、夕張市からの依頼に基づき、自治体間連携モデル事業として、東京都の高校生を対象として、広く夕張市訪問を呼びかけ、夕張市民との交流を深め、夕張市の自然、歴史、文化、施設、産業等を直接体験することを通して、未来への洞察力、発想力、行動力を培うなど青少年の健全育成を目的として実施する(東京都教育委員会)という取り組みです。今回の第Ⅰ期選抜大会は「広報・PR部門」「食品部門」「研究・開発部門」の3つに別れており、「広報・PR部門」は10チーム出場、その中から優良賞が2チームに与えられ、その1チームに本校グラフィックアーツ科の生徒たちが選ばれました。

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2013年05月13日

5月2日(木)撮影会

5月2日(木)浅草周辺の撮影会を行いました。大変よく晴れ、絶好の撮影会日よりでした。浅草からよく見えるスカイツリーまで足を延ばして撮影に行った生徒たちもいました。隅田川の写真や仲見世の写真、動物の写真などなど、たくさんの写真を撮ることができました。
現在、生徒自らが選出した写真を一人6点提出してもらいました。今後は、3学年100人以上の作品600点の中から選ばれた写真が印刷実習においてポストカードとして使用され、印刷されます。工芸祭や学校見学などのお越しの際には是非お土産に持って帰ってください。

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2013年05月08日

5月1日(水)見学会・撮影会

5月1日(水)に見学会・撮影会を六本木にて行いました。

午前中は国立新美術館で「カリフォルニア・デザイン 1930-1965 -モダン・リヴィングの起源-」展を見学しました。
20世紀の半ば、とりわけミッド・センチュリーと呼ばれた時代に、カリフォルニアで展開したモダン・デザインをテーマとした大規模な展覧会(国立新美術館WEBサイト展覧会概要より抜粋)
http://www.nact.jp/exhibition_special/2013/california/
【外部サイト(国立新美術館WEBサイト)へ移動します】

その後、六本木ミッドタウンや六本木ヒルズ界隈にて撮影を行いしつつ、
東京タワー方面に移動して、愛宕山のNHK放送博物館で解散しました。

この撮影会で撮った写真を6月に校内にて写真展を行います。

 

 

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース
Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.
先頭に戻る