What's New(インテリア科から)

2019年02月28日

高大連携事業特別講義「椅子コレクション・時代の変遷」を受講しました!

12月7日(金)、インテリア科1~3年の20名が武蔵野美術大学美術館を訪問し、島崎信名誉教授の特別講義を受けました。

この美術館の「椅子ギャラリー」には400点を超える近代椅子のコレクションがあります。生徒たちは普段教科書でしか見たことのない名作椅子に触れたり座ったりして感激していました。また、島崎先生からは椅子を中心として幅広くデザイン論を語っていただき、真剣に聞き入っていました。

 

2019年02月18日

卒業制作プレゼンテーション

2月6日(水)、インテリア科3年生による「卒業制作プレゼンテーション」を行いました。 卒業制作は3年間の集大成として、「課題研究」という授業の中で家具製作・住宅設計・店舗設計のいずれかを選択し、設計・制作に取り組みます。

プレゼンテーションでは一人3分の持ち時間で、作品のコンセプトや制作過程、実物の紹介などを、映像等も使いながら、在校生や保護者の皆様の前で発表しました。

これらの作品は、3月2日(土)、3日(日)、5日(火)に上野の東京都美術館で行われる「卒展」で展示いたします。個性あふれる力作を「卒展」でぜひご覧ください。

2019年02月14日

「技能検定3級 家具製作(家具手加工作業)」を受検しました!

2月9日、国家検定「平成30年度 技能検定3級 家具製作(家具手加工作業)」の実技試験が、城東職業能力開発センターにて実施されました。本校では全日制インテリア科2年生9名、および1年生12名の合計21名の生徒が受検しました。この日までに、第一線で活躍する家具職人の方を講師に迎え、放課後や休日などの時間を利用して講座を開講し、練習に練習を重ねて 試験に臨みました。事前に受検した学科試験と合算して、3月15日(金)に合否の発表があり、良い結果を期待しています。

 

2018年12月09日

建設系高校生作品コンペに出品しました

12月6日(木)~8日(土)、新宿駅西口広場イベントコーナーにて東京都建設系高校生作品コンペティション2018が開催されました。本校でもインテリア科の16名が完成したばかりの卒業制作作品を出品しました。ポスターにはインテリア科2年の亀井優希さんのイラストが採用されました。

 

 

2018年12月03日

浅川保育園にままごとキッチンを届けました!

11月24日(土)、八王子市高尾にある浅川保育園に共同制作した「ままごとキッチン」を全日制インテリア科の生徒たちが届けました。これは人間と社会の授業で高尾に森林ボランティアで行った際に切り倒した間伐材から作ったものです。当日は天気も良く、園児たちにも大変喜んでもらえました。なお、この活動はKDDI、高尾グリーン倶楽部との産学連携で取り組んだもので、今年度で4年目になります。

2018年10月20日

ものづくりマイスターによる木工講習が始まりました!

東京都職業能力開発協会の支援を受け、平成30年10月11日より、国家検定「技能検定3級 家具製作(家具手加工作業)」の課題を題材としたものづくりマイスターによる木工講習(全10回)が始まりました。

全日制インテリア科2年生10名、および1年生12名の希望生徒が、来年2月上旬に予定されている検定試験の合格を目指して、放課後や休日などの時間を利用して講習を受講し、練習を重ねていきます。

2018年07月09日

東京都庭園美術館・目黒区総合庁舎を見学しました!

インテリア科1・2学年の生徒が、東京・目黒にある東京都庭園美術館(アールデコ様式の重要文化財・旧朝香宮邸)を見学しました。その後、目黒通り沿いに数十件軒を連ねるインテリア関係のショップをリサーチしながら中目黒方面に移動して、日本の高度成長期における建築家村野藤吾氏の代表作の一つとして知られている、かつて千代田生命保険相互会社本社ビルであった目黒区総合庁舎を見学しました。庁舎管理係の方が、生徒たちの今後の学習や進路活動に役立つような見所を詳しく説明してくださり、非常に有意義な見学会となりました。

2018年04月16日

卒業生の作品(家具)が東京都立中央図書館に展示中です!

東京・広尾にある東京都立中央図書館にて、企画展「日本の技術 木工・金工の美」が開催され、伝統・文化コーナーで木工・金工という幅広いテーマが、技法とともに紹介されています。その一角でインテリア科卒業生の木工作品の椅子も3点展示されています。展示期間は、平成30年3月2日(金)から5月9日()までとなっておりますので、ぜひ、ご覧いただければと思います。

 

先頭に戻る