工芸高校ニュース

2019年09月13日

世界に1冊! オリジナルノート制作

グラフィックアーツ科では夏季休業中に東京都立工業高等学校長会が主催する「わくわくどきどき夏休み工作スタジオ2019」の活動として「世界に1冊! オリジナルノート制作」を行いました。
事前にグラフィックアーツ科2年生が描いた線画のイラストを選んで、思い思いの彩りをペイントソフトを使用して行ったり、ノートの中身の部分の印刷を行いました。その後自動製本機を使用して綴じを行い、きれいに断裁して自分だけのノートを完成していました。写真はその時の様子です。

2019年09月12日

わくわくどきどき夏休み工作スタジオを開講しました

インテリア科では、夏季休業中の8月19日(月)に、わくわくどきどき夏休み工作スタジオを開講しました。

今回のテーマは「オリジナルクロックを作ろう」で、参加者の皆さんはデザインを考え、木を加工するなどして、楽しく自分だけの時計を作っていました。写真はその時の作品です。参加していただいた皆さんありがとうございました。

2019年09月03日

インテリア科デッサン講習会を行いました!

毎年恒例インテリア科デッサン講習会を8/21(水)〜8/23(金)の日程で実施しました。

進学対策を目的とした生徒、よりレベルを高めたい生徒、弱点を強化したい生徒など、個々に様々な目的を持った1学年から3学年までの希望者17名が受講しました。

講師は、インテリア科から美術大学に進んだ卒業生を迎え、親切丁寧な指導を受け、最終日には一点一点の課題作品に、ポイントを踏まえた分かりやすいアドバイスをもらいました。

完成作品は、7階のコモンスペースに展示をしておりますので、是非ご覧いただけたらと思います。

 

2019年08月24日

夏の特別授業(アートクラフト科)

今夏も、ものづくり人材育成プログラムとして本校卒業生でワックス造形作家の吉田積人先生を招いての特別授業を実施し、アートクラフト科の生徒15名が参加しました。

講習期間は7日間。
夏季休業前からの宿題として課されていたデザイン画に沿って各々がワックスを精密かつダイナミックに削り出していきました。

第一線で活躍する大先輩の人柄と超絶技巧を目の当たりにした生徒たちは、ものづくりを改めて楽しむとともに、人の手で制作することの可能性を見出している様子でした。

 

2019年08月16日

マーカースケッチ講座を行いました

7月29日(月)、30日(火)の2日間「わくわくどきどき夏休み工作スタジオ」の一環で、中学校1〜3年生を対象とした『はじめてのマーカースケッチ講座』を行いました。
デザイン科の1年生で学ぶ、マーカーやパステル等を用いた製品のスケッチ技法を体験してもらいました。

皆さんとても熱心に作業をしていて、はじめてとは思えないくらい上手に、立体感のある絵を描いていました。

 

2019年08月16日

「若年者ものづくり競技大会」で敢闘賞に入賞しました!

7月31日~8月1日に福岡県のマリンメッセ福岡にて、ものづくりの全国大会である厚生労働省・中央職業能力開発協会主催「第14回 若年者ものづくり競技大会」が実施されました。

本校より3学年女子生徒が「木材加工」職種の東京都代表選手として出場し、敢闘賞への入賞を果たしました。放課後や休日等に、ものづくりマイスターの先生の指導を仰ぎ、安全に対する意識を高め、その上で加工精度とスピードを兼ね備えた木材加工技術を、繰り返し練習を重ねて習得した結果が形となりました。今後、大会当日に実際に製作した作品をインテリア科展示室にて展示もいたしますので、是非ご覧いただけたらと思います。

 

2019年08月01日

中学生対象の体験学習を行いました!

7月25日、26日の2日間、マシンクラフト科で中学生対象の体験学習を行いました。

東京都が開催する「わくわくどきどき夏休み工作スタジオ」の一講座として、レーザー加工機を用いたストラップ&スタンプの制作をしました。

マシンクラフト科では8月にも別の体験学習を2講座実施しています。今年度の募集は締め切っていますので、興味のある方は来年度に是非ご参加ください。

 

2019年07月18日

アートクラフト科進路講演会「アートの輪」

7月13日(土)
アートクラフト科の進路講演会「アートの輪」を開催しました。

今年度は4名の卒業生を講師として招き、就職や美術系大学や専門学校への進学等、様々な卒業後の進路についてのお話を伺うことができました。
講演後、在校生の保護者や教員を交えた懇談会も行いました。

実際の経験を踏まえた新鮮な話を聴くことができ、生徒たちはこれからの進路を考える上での多くの刺激を受けることができました。

先頭に戻る