工芸高校ニュース

2018年09月18日

2018工芸祭プロポスバッヂデザイン

今年度の工芸祭(工芸高校文化祭)のプロポスバッヂ(プログラム・ポスター・バッヂ)のデザインが決まりました。


プログラム表紙デザイン
2年 デザイン科 石渡 響さん


ポスター・DMデザイン
2年 グラフィックアーツ科 長谷川珠乙さん


バッヂデザイン
3年 アートクラフト科 黒田 宙さん

プログラムは工芸祭当日に配布します(部数が限られています。一グループ一部の配布にご協力お願いします)。
ポスター・DMは東京都の公立中学校に配られる予定です。
バッヂは工芸祭中に工芸生が身につけます。外部への販売はありません。

  • 中学生へのお知らせ
  • 工芸高校ニュース

2018年09月11日

2018工芸祭のポスターが決まりました!

2018工芸祭のポスターが生徒の投票で決まりました。全・定生徒の応募作品47点のうちから、全日制 グラフィックアーツ科 2年 長谷川 珠乙さんの作品が選ばれました。長谷川さんの作品は切り絵の力作です。このあと東京都の公立中学校に配布されます。

  • 工芸高校ニュース

2018年09月10日

イラストが採用されました

東京都教育委員会より『平成31年度 東京都立高等学校に入学を希望する皆さんへ』の冊子表紙および挿絵のイラストを依頼され、デザイン科生徒2名の作品が採用されました。

下の画像は、デザイン科2年生 田中 友貴さん(挿絵)と2年生 永井 遥さん(表紙)の作品です。

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2018年09月07日

30年度ものづくり人材育成プログラム(ワックス彫刻・彫金講座)を実施しました

今年度も、本校卒業生の吉田積人先生(ワックス造形作家)と桂盛仁先生(人間国宝)に講師をお願いし、ワックス彫刻・彫金講座を開催、アートクラフト科の生徒10名が受講しました。
ワックス彫刻講座は無垢材からの削り出しで精密な彫刻を制作。彫金講座は鏨で打ち出した銅板に、銀を象嵌した帯留めやブローチを制作しました。
ものづくりの第一線で活躍する大先輩の巧みな技を目の当たりにした貴重な経験となりました。
講座で制作した作品は本校8階アートクラフト科職員室前に展示されています。
お越しの際はぜひご覧ください。

写真は講座の様子と完成した作品です。

 

  • アートクラフト科から
  • 工芸高校ニュース

2018年09月03日

レンダリング講習会を行いました

8月22日(水)に(株)本田技術研究所から、本校デザイン科OBの山岸政彦氏と才津優氏にお越しいただき、レンダリング講習会を行いました。
レンダリングとは、プロダクトデザインにおける製品の完成予想図のことです。デザイン科1、2年生の希望者16名が参加しました。

 

午前中はHondaのデザインや会社の取り組み、プロダクトデザインについて幅広く解説していただき、ものづくりの仕事に関する理解を深めることができました。
午後は、マーカー・パステルを利用してHondaの乗用芝刈り機のレンダリングを描く実習を行いました。
ヴェラム紙の裏面、表面をマーカーで塗り分けて製品の陰影の色合いを表したり、光の反射や立体感をパステルで表現したりと、実習を通して立体の表現の仕方や道具の扱い方などを丁寧に教えていただきました。

写真は午後の実習風景です。生徒一人一人に対して実技指導や作品の講評をしていただき、生徒たちも皆熱心に取り組んでいました。

 

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2018年08月29日

革細工講座を行いました

8月16日(木)、17日(金)の2日間「わくわくどきどき夏休み工作スタジオ」として、小学校5、6年生の親子を対象に『革細工講座』を行いました。
革にいろいろな形の刻印を打って模様をつけ、好きな色で染めて、小銭入れやパスケースなどオリジナルの革小物を制作しました。

 

この講座は2年生の生徒たちが運営しており、革小物を作る体験をもとに指導方法を検討して準備を行い、当日の進行も生徒だけで実施しました。
参加者には、生徒たちとの交流を通して、ハンドメイドのものづくりの楽しさを体験していただきました。
写真は制作中の風景と参加者の作品(一部)です。

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2018年08月19日

中学生対象の体験学習を行いました!

8月10日に、マシンクラフト科で中学生対象の体験学習を行いました。9日にも実施する予定でしたが、台風の接近に伴い中止となり、申し訳ございませんでした。

地下1階では旋盤という工作機械を使用して真鍮製のハンドベルを制作しました。

地下2階ではガス溶接を用いてペンスタンドを制作しました。

6階ではレーザー加工機を使用してアクリル製のストラップとゴムのスタンプを制作しました。

これらの体験はマシンクラフト科の2年生が「人間と社会」という授業の一環として体験の準備や運営を行っています。和気あいあいとした雰囲気で中学生の皆さんに楽しみながら制作してもらうことができ、素敵な作品が出来上がりました。沢山のご応募・ご参加ありがとうございました。

マシンクラフト科では10月27日、28日の工芸祭でも各種体験を行っています。興味のある方は来年度に是非ご参加ください。

  • マシンクラフト科から
  • 工芸高校ニュース

2018年08月15日

日刊工業新聞に本校の記事が掲載されました

日刊工業新聞7月20日・金曜日版に本校の記事が掲載されました。

下記の画像をクリックするとすると画像ファイル(346KB)が別ウインドで開きます。

  • 工芸高校ニュース
Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.
先頭に戻る