工芸高校ニュース

2013年09月10日

多摩美術大学の講習会作品展示中

本校の高大連携事業の一環として、夏休み中に多摩美術大学の先生によるデッサン講習会や同大学の公開授業が行われ、多くの生徒が参加しました。
講習にて制作された生徒作品を、9月26日(木)まで1階生徒昇降口に展示しています。
本校にご来校の際には、ぜひご覧ください。

 

 

 

  • 工芸高校ニュース

2013年09月06日

カナダ・アメリカへの海外研修に参加しました(全日制)

7月23日(火)~8月1日(木)までの10日間、全国工業高等学校長協会が主催するカナダ(バンクーバー)・アメリカ合衆国(シアトル)への海外研修に、デザイン科2年生の西尾かなでさんが参加しました。
国際感覚や英会話能力を身に付けることを目的として、バンクーバーでのホームステイや現地の高校生との交流、アメリカではマリナーズの球場やボーイング社、航空博物館等の見学を行いました。滞在最終日のさよならパーティでは、研修参加者を代表してホストファミリーの方々へ感謝のスピーチを行いました。
ホストファミリーやカナダ人学生との交流を通して、日本とは違う暮らしや文化に触れ、自分の意思を伝えることの難しさやコミュニケーションの大切さを学ぶことができました。

この海外研修によって得られた貴重な体験や沢山の思い出を、今後の生活に生かしてもらいたいと思います。

 

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2013年08月26日

中学生体験授業においてアニメーションの制作を行いました!

8月1日・2日・22日・23日の4日間、中学生体験授業を行いました。4日間で約80人の中学生が参加して、アニメーションを制作しました。グラフィックアーツ科の高校2年生(写真では黄色い実習服を着ています)が、奉仕の授業の一環として中学生の制作を一日サポートし、パソコンの画面上で個性的な花火を打ち上げるお手伝いをしました。写真はその時の様子です。みなさんお疲れ様でした。【写真は許可を得て使用しています】

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2013年08月14日

「わくわくどきどき夏休み工作スタジオ」「中学生体験学習」を行いました

7月25日(木)、26日(金)に「わくわくどきどき夏休み工作スタジオ」を実施しました。

『レーザー光線や立体プリンターでオリジナル作品を作ろう』をテーマにパズル制作とキーホルダー制作を行いました。思い思いのデザインで真剣に取り組む小中学生達を2年生は温かく見守りながら指導しました。

8月1日(木)、8月2日(金)に「中学生体験学習」を実施しました。

『アルミ鋳造体験』『レーザー加工機によるキーホルダーの制作』『ウォータージェット加工によるモビール制作』の体験を行いました。普段在校生が授業で行う内容を実際に体験しました。ウォータージェットやレーザー加工機など中学校では体験できない特殊な機械を使ったり、電気炉で溶かしたアルミを砂型に流し込むなど貴重な体験ができたと思います。

  • マシンクラフト科から
  • 工芸高校ニュース

2013年08月01日

陶芸部にて講習会を行いました(全日制)

7月29日(月)、30日(火)の2日にわたり、陶芸部にて陶芸家による講習会を実施しました。
東京芸術大学の非常勤講師で本校デザイン科OBの高岡太郎先生をお招きし、電動ろくろなどによる成型技法を学びました。
今回制作した作品は、11月2、3日に行われる工芸祭(文化祭)で展示する予定です。

 

 

  • 工芸高校ニュース

2013年07月31日

わくわくどきどき夏休み工作スタジオを行いました

7月30日(木)、31日(金)の2日間、グラフィックアーツ科の「わくわくどきどき夏休み工作スタジオ」を実施しました。『マイバックを作ろう!』という講座名からわかるように、パソコンでさまざまなイラストを描いたものをプリントアウトしてトートバッグに印刷をしました。 写真は体験している様子で、トートバッグにイラストをアイロンで定着させています。

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2013年07月30日

夕張キャンプ第Ⅰ期に参加してきました!

平成25年度夕張キャンプ第Ⅰ期(7月23日から26日の4日間)にグラフィックアーツ科2年の生徒5名が参加してきました。選抜大会で選ばれた6校の生徒が様々なプログラムに参加して夕張を理解するとともに、夕張の方々との交流を深めてきました。写真はその時の様子です。夕張メロン農家での体験活動、現地調査活動(北海道物産センター・ぱんじゅう小倉屋・ラーメンのんきや・ゆうばり屋台村・夕張高校)、夕張ツムラでの工場見学と講習会、夕張高校生との交流会と地域ボランティア活動、福島の子供たちとの交流会、石炭博物館見学など盛りだくさんの夕張キャンプでした。本当に夕張のみなさんありがとうございました。今後得られた知識と経験を夕張のPR・広報活動に活かし発表していきます。

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2013年07月29日

夏休みの体験講座を行いました

7月23日(火)、24日(水)に、中学生対象の体験学習として、飛び出す絵本のようなポップアップ式の『グリーティングカード制作』を行いました。身近な人への贈り物としてアイデアを一から考え、工夫を凝らして作ったカードは、どれも独創的でユニークな作品に仕上がりました。

7月25日(木)、26日(金)には、わくわくどきどき夏休み工作スタジオとして、小学校5、6年生の親子を対象に『革細工講座』を実施しました。革にいろいろな模様や色をつけて、オリジナルの革小物を制作しました。生徒とふれあいながら、和気あいあいとした雰囲気の中で、ものづくりの面白さや達成感を体験していただきました。

 

これらの講座は、2年生の教科「奉仕」の体験活動として実施し、生徒たちが講座の指導方法等を検討しながら準備を進め、当日の運営も行いました。
写真はそれぞれの体験講座の様子です。

 

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース
Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.
先頭に戻る