工芸高校ニュース

2017年09月12日

夏期体験講座を実施しました

アートクラフト科では、8月15日(火)、16日(水)に「わくわくどきどき 夏休み工作スタジオ」で「銀のスプーンの制作」と、17日(木)、18日(金)に中学生体験学習「銀のペンダントの制作」を行いました。

スプーンの制作ではあらかじめスプーンの形に切り抜かれた銀の板に、叩いてくぼみをつくったり、持ち手に文様を打ってオリジナルのマイスプーンを制作しました。ペンダントの制作ではガスバーナーで純銀を溶かしてから、大きな金鎚で叩き延ばし、たがねなどで自分なりの文様を入れて磨きあげました。

受講生の皆さんは、とても集中して真剣に作業に取り組んでいる様子で、「初めて行う作業が多く難しかったけど、作品をつくることができてとても楽しかった」という感想をいただきました。
作品の完成度も高く、講座の最後には全員の作品を鑑賞し、交流を深めました。

また、今回の講座は2年生の教科「人間と社会」の体験活動の一環でもあり、生徒が先生として受講生に制作を教えました。
日々の授業で学んだことを生かし、わかりやすい指導をこころがけ、あらためてものづくりの楽しさを実感していました。
写真はそれぞれの講座の様子です。

  • アートクラフト科から
  • 工芸高校ニュース

2017年09月12日

ものづくり人材育成プログラム

夏休みに29年度ものづくり人材育成プログラム「ワックス彫刻講座」を実施しました。
今年度も本校卒業生の吉田積人先生(ワックス造形作家)の指導のもと、2学年15名が7日間受講しました。
無垢材のワックスを素材として、キサゲを使った削り出しや研磨の指導を受け、精密な彫刻を制作しました。巨匠の技を目の当たりにすることができ、受講した生徒も喜んで制作に励んでいました。

今回の講座で制作したワックス彫刻は8階アートクラフト科の科務室前に展示しています。
ご来校の際には、ぜひご覧ください。

  • アートクラフト科から
  • 工芸高校ニュース

2017年09月12日

多摩美術大学の講習会作品展示中

本校の高大連携事業の一環として、夏休み中に多摩美術大学の先生によるデッサン講習会が行われ、多くの生徒が参加しました。
講習会で制作された生徒作品を、10月2日(月)まで1階生徒昇降口に展示しています。
本校にご来校の際には、ぜひご覧ください。

 

 

  • 工芸高校ニュース

2017年09月04日

印刷博物館で校外活動を行いました

8月中に印刷博物館(凸版印刷株式会社)で、夏休み体験教室が開催されました。

8月16日(水)と17日(木)にかけ、グラフィックアーツ科2年生が教科「人間と社会」の体験活動として、『中綴製本体験 マイノートをつくろう』と、『活版印刷体験 カラフルなハガキをつくろう』のお手伝いをさせていただきました。

博物館の方々からの御指導も含めて、企業・施設の社会貢献とホスピタリティについて理解や実感することができました。

印刷博物館Webサイト(別ウインドで外部リンクが開きます。)

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2017年08月13日

第29回優秀板金製品技能フェア金賞受賞

神奈川県伊勢原市内の(株)アマダFORUM246にて「第27回 優秀板金製品技能フェア」の授賞式が行われました。同フェアは、板金加工技術・技能の向上を図ることを目的として行われており、毎年マシンクラフト科では3年課題研究の作品を出品しています。今回マシンクラフト科では、協同制作「WORKER」が金賞を受賞しました。その他、「蜘蛛」が銀賞、「存在感のあるスピーカー」が優秀賞を受賞しました。

写真は作品と受賞式の様子です。

優秀板金製品技能フェア(別ウインドで外部リンクが開きます。)

表彰式集合写真協同制作「SL」

協同制作「SL」蜘蛛スピーカー

  • マシンクラフト科から
  • 工芸高校ニュース

2017年08月10日

革細工講座を行いました

7月31日(月)、8月1日(火)の2日間「わくわくどきどき夏休み工作スタジオ」として、小学校5、6年生の親子を対象に『革細工講座』を行いました。
20組、計40名の親子が参加して、革にいろいろな形の刻印を打って模様をつけ、好きな色で染めて、小銭入れやパスケースなどオリジナルの革小物を制作しました。

 

この講座は2年生の教科「人間と社会」の奉仕活動として実施し、生徒たちが講座の指導方法を工夫しながら準備を進め、当日の運営も行いました。
参加者には、生徒たちとの交流を通して、ハンドメイドのものづくりの楽しさを体験していただきました。
写真は制作風景と革の豆知識クイズの様子です。

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2017年08月10日

多摩美術大学の先生による講習会

本校では高大連携推進事業の一環として、多摩美術大学の先生方にご協力をいただきながら講習会等を実施しています。
7月11日(火)に、多摩美術大学グラフィックデザイン学科の秋山孝教授より「美術大学で何を学ぶか」というテーマでご講演いただきました。美術系大学に進学を希望している多数の生徒が聴講しました。

 

7月26日(水)~8/1(火)の間には、同大学の先生方によるデッサン講習会が前半・後半の2回に分けて実施され、多くの生徒が参加しました。
「本を持つ手をデッサンする」という課題で、生徒たちは自分の手や本の様子をじっくりと観察しながら、真剣にデッサンに打ち込んでいました。

写真はデッサン制作中の様子と講評会の風景です。

  • 工芸高校ニュース

2017年08月10日

グリーティングカード制作体験を行いました

7月26日(水)~28日(金)に「中学生対象の体験学習」として『グリーティングカードの制作』を行いました。
身近な人へおくる暑中見舞いやバースデーカードなどを想定し、飛び出す絵本のようなポップアップの仕組みを活かして、開くと絵が起き上がるサプライズカードを制作しました。
飛び出す絵柄のアイデアや色の塗り方など、工夫を凝らした素敵なカードが仕上がりました。

 

この講座は2年生の教科「人間と社会」の奉仕活動として実施し、生徒たちが制作の指導から作品の講評まですべての運営を行いました。
写真は制作風景と講評会の様子です。

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース
Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.
先頭に戻る