工芸高校ニュース

2019年10月10日

出前授業に行ってきました!

10月7日(月)に、マシンクラフト科の教員が世田谷区立緑が丘中学校へ出前授業に行ってきました。マシンクラフト科の実習でも大切にしている仕上げ作業を、メモクリップ制作で行い、最後は研磨剤のピカールでピカピカにして終わりました。緑が丘中学校の皆さんはとても熱心で気持ちよく授業ができました。ありがとうございました。
写真は、世田谷区立緑が丘中学校から頂いた出前授業の様子です(プライバシー保護の観点から写真を加工してあります)。

2019年10月09日

本郷台中学校1年生が体験実習を行いました

10月8日(火)文京区立本郷台中学校1学年の生徒の皆さんが、工芸高校全日制の体験実習に参加しました。これは中高連携事業の一環で毎年行っているものです。

アートクラフト科ではお魚キーホルダー制作。叩いて鱗を表現した後、ピカピカに仕上げる体験をしました。マシンクラフト科ではメモスタンド制作。スタンドを磨いて磨いて角をなくしてツルピカにしていました。インテリア科ではパソコンで作るマイルーム制作。たくさんの材料の中から自分の部屋に必要なものをそろえて3DCGで表現していました。グラフィックアーツ科ではフォトグラム制作。カメラを用いず、印画紙の上に直接様々なものを置いて感光し現像体験を行いました。デザイン科では贈る人を考えたグリーティングカード制作。卒業生の作例を見ながら思い思いのデザインをしてカードを制作していました。参加した中学生の皆さんはどの体験実習も楽しそうに作品制作を行っていました。

2019年10月07日

インテリア科生徒3名が「技能検定2級 家具製作」に合格しました!

令和元年8月3日、国家検定「令和元年度 技能検定2級 家具製作(家具手加工作業)」の実技試験が、東京都城南職業能力開発センターにて実施されました。本校では全日制インテリア科3学年女子生徒3名が、訓練校で木工を学ぶ生徒さんや木工関係の仕事に就く社会人の方々21名に混ざって受検しました。この日までに、第一線で活躍されている家具職人である「ものづくりマイスター」の先生を迎え、放課後や休日等の時間に講習を受け、練習に練習を重ねて試験に臨みました。9月1日に受検した学科試験もクリアして、見事合格を果たしました。

2019年09月17日

高大連携事業特別講義「椅子コレクション・時代の変遷」を受講しました!

夏季休業期間の7月26日(金)にインテリア科1~3年の10名が武蔵野美術大学美術館を訪問し、島崎信名誉教授の特別講義を受けました。

この美術館の「椅子ギャラリー」には400点を超える近代椅子のコレクションがあります。島崎先生からは椅子を中心として幅広くデザイン論を語っていただき、真剣に聞き入っていました。講義の後半では武蔵野美術大学のご厚意で名作椅子に触れたり座ったりして感激していました。

2019年09月13日

世界に1冊! オリジナルノート制作

グラフィックアーツ科では夏季休業中に東京都立工業高等学校長会が主催する「わくわくどきどき夏休み工作スタジオ2019」の活動として「世界に1冊! オリジナルノート制作」を行いました。
事前にグラフィックアーツ科2年生が描いた線画のイラストを選んで、思い思いの彩りをペイントソフトを使用して行ったり、ノートの中身の部分の印刷を行いました。その後自動製本機を使用して綴じを行い、きれいに断裁して自分だけのノートを完成していました。写真はその時の様子です。

2019年09月12日

わくわくどきどき夏休み工作スタジオを開講しました

インテリア科では、夏季休業中の8月19日(月)に、わくわくどきどき夏休み工作スタジオを開講しました。

今回のテーマは「オリジナルクロックを作ろう」で、参加者の皆さんはデザインを考え、木を加工するなどして、楽しく自分だけの時計を作っていました。写真はその時の作品です。参加していただいた皆さんありがとうございました。

2019年09月03日

インテリア科デッサン講習会を行いました!

毎年恒例インテリア科デッサン講習会を8/21(水)〜8/23(金)の日程で実施しました。

進学対策を目的とした生徒、よりレベルを高めたい生徒、弱点を強化したい生徒など、個々に様々な目的を持った1学年から3学年までの希望者17名が受講しました。

講師は、インテリア科から美術大学に進んだ卒業生を迎え、親切丁寧な指導を受け、最終日には一点一点の課題作品に、ポイントを踏まえた分かりやすいアドバイスをもらいました。

完成作品は、7階のコモンスペースに展示をしておりますので、是非ご覧いただけたらと思います。

 

2019年08月24日

夏の特別授業(アートクラフト科)

今夏も、ものづくり人材育成プログラムとして本校卒業生でワックス造形作家の吉田積人先生を招いての特別授業を実施し、アートクラフト科の生徒15名が参加しました。

講習期間は7日間。
夏季休業前からの宿題として課されていたデザイン画に沿って各々がワックスを精密かつダイナミックに削り出していきました。

第一線で活躍する大先輩の人柄と超絶技巧を目の当たりにした生徒たちは、ものづくりを改めて楽しむとともに、人の手で制作することの可能性を見出している様子でした。

 

先頭に戻る