工芸高校ニュース

2016年11月24日

校長ブログ、始めました。

都立工芸高等学校長の鳥屋尾です。
これから日々の工芸高校に関わることをお伝えしていきます。

【工芸高校校長ブログ】
上記のリンクをクリックすると新しいウインドまたはタブでブログが開きます。

  • 工芸高校ニュース

2016年11月07日

工芸祭ご来場ありがとうございました。

2016年10月29日(土)・30日(日)、本校にて行われました工芸祭2016への来場者数は、「6,317名」でした。沢山の皆様にご来場いただき、誠にありがとうございました。
写真は工芸祭の様子です。 来年も皆様のお越しをお待ちしています。

  • 工芸高校ニュース

2016年10月25日

工芸祭2016特設WEBサイト・facebookページを開設しました!

工芸祭2016特設WEBサイトを開設しました!

KOGEI FESTIVAL 2016

(リンクをクリックすると別ウインドで特設WEBサイトが開きます。)

またfacebookにて工芸祭の特設ページを公開しました。
工芸祭2016についての情報を更新していきます。

【 facebook工芸祭特設ページ 】

(リンクをクリックするとfacebookのページが別ウインドで開きます。)

【10月9日リンク先を更新しました】

  • 工芸高校ニュース

2016年10月21日

アクアリウム(水槽)が東京ドームホテルに展示、表彰されました!

アートクラフト科2学年が制作したアクアリウム(水槽)の装飾デザイン3作品が、(株)東京ドームホテル、芙蓉総合リース(株)、(株)アクア・アートの協力で、8月上旬に東京ドームホテルのロビーに展示されました。

今回も「夏休み」をテーマに制作し、花火や竜宮城、宇宙人といった賑やかなデザインに子供たちは大喜びでした。

また、お客様による人気投票の上位3賞を受賞し、表彰式では社長さんから賞状・副賞と合わせて『自由な発想の水槽装飾を、子供たちを囲んで家族で見入る光景が微笑ましく、感謝します』とお言葉を頂きました。生徒は、子供たちの夏休みの思い出づくりに貢献できて、制作発表の大切さを実感することが出来ました。

  • アートクラフト科から
  • 工芸高校ニュース

2016年10月14日

葛西 薫 氏の講演会を行いました

9月14日(水)に、(株)サン・アド常勤顧問でアートディレクターの葛西 薫 氏をお招きして、「現代のデザインワークにおいて大切なこと」という演題で講演会を行いました。
はじめに映像で作品をご紹介いただいた後、高校生まで過ごした北海道室蘭市での体験談や上京後のお仕事の様子、これまでに手掛けられた広告・CM・サインなど幅広い活動の中から、幾つかの作品の制作秘話などをお話しいただきました。
デザインワークを通した人との繋がりや制作時の想いなど、貴重なお話をたくさん聴かせていただき、とても充実した時間となりました。 

 

≪葛西 薫 氏のプロフィール≫
1949年北海道札幌市生まれ。高校卒業後、文華印刷(株)、(株)大谷デザイン研究所を経て、1973年(株)サン・アド入社、現在に至る。
サントリーウーロン茶、サントリーウイスキー、ユナイテッドアローズなどの広告・CM、虎屋のアートディレクション、六本木商店街振興組合、相模女子大学のCI計画、映画演劇の広告美術、ブックデザインなど多岐に活躍されている。

 

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2016年09月21日

ものづくり人材育成プログラム

夏休みに28年度ものづくり人材育成プログラム「ワックス彫刻講座」を実施し、アートクラフト科の生徒が受講しました。
今年度も本校卒業生の吉田積人先生(ワックス造形作家)に講師をお願いし、7日間の講座が行われました。
無垢材のワックスを素材として、キサゲを使った削り出しや研磨の指導を受け、精密な彫刻を制作しました。巨匠の技を目の当たりにすることができ、受講した生徒も喜んで制作に励んでいました。

今回の講座で制作したワックス彫刻は8階アートクラフト科の科務室前に展示しています。
ご来校の際には、ぜひご覧ください。

  • アートクラフト科から
  • 工芸高校ニュース

2016年09月03日

初めてのアニメーション制作

8月18日(木)・19日(金)・22日(月)・23日(火)の4日間、グラフィックアーツ科で中学生対象体験授業として「初めてのコンピューターアニメーション制作」を実施しました。

午前中にアニメーション制作ソフトの基本操作や基本になる動きを学び、午後にオリジナルのイラストをパソコンで描いてアニメーションに取り入れました。初めて触れるコンピューターソフトの操作に戸惑いながらも、教科「人間と社会」の体験活動で指導にあたった本校グラフィックアーツ科2年生との交流を深めながら制作し、最後には音に合わせた打ち上げ花火のアニメーションを全員が完成させることができました。完成したアニメーションの作品データはCDに焼いてお土産として持ち帰っていただきました。

写真はそのときの様子です。参加して下さった中学生の皆さんありがとうございました!

 

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2016年08月31日

わくわくどきどき夏休み工作スタジオを行いました

8月23日(火)、24日(水)に「わくわくどきどき夏休み工作スタジオ」として、小学校5、6年生の親子を対象に『革細工講座』を行いました。
革にいろいろな形の刻印を打って模様をつけ、好きな色で染めて、小銭入れやパスケースなどオリジナルの革小物を制作しました。

 

この講座は2年生の教科「人間と社会」の奉仕活動として実施し、生徒たちが講座の指導方法を工夫しながら準備を進め、当日の運営も行いました。
参加者には、生徒たちとの交流を通して、ハンドメイドのものづくりの楽しさを体験していただきました。

 

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース
Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.
先頭に戻る