新着情報

2013年06月25日

写生会の優秀作品

5月2日に皇居東御苑にて写生会を実施しました。今年度は例年以上の力作揃いでした。優秀作品が出揃いましたのでご覧ください。

  • マシンクラフト科から
  • 工芸高校ニュース

2013年06月25日

平成25年度高校生夕張キャンプ第Ⅰ期選抜大会に参加し、優秀賞を受賞、夕張市に派遣されることになりました!

6月22日(土)東京都庁第一本庁舎大会議場にて平成25年度高校生夕張キャンプ第Ⅰ期選抜大会にグラフィックアーツ科二年生の5人が参加しました。「広報・PR部門」でプレゼンテーションを行い10チームの中から優良賞として選ばれ7月23日~26日の4日間、夕張市に派遣されることが決まりました。
高校生夕張キャンプ(夕張市派遣)は、夕張市からの依頼に基づき、自治体間連携モデル事業として、東京都の高校生を対象として、広く夕張市訪問を呼びかけ、夕張市民との交流を深め、夕張市の自然、歴史、文化、施設、産業等を直接体験することを通して、未来への洞察力、発想力、行動力を培うなど青少年の健全育成を目的として実施する(東京都教育委員会)という取り組みです。今回の第Ⅰ期選抜大会は「広報・PR部門」「食品部門」「研究・開発部門」の3つに別れており、「広報・PR部門」は10チーム出場、その中から優良賞が2チームに与えられ、その1チームに本校グラフィックアーツ科の生徒たちが選ばれました。

  • グラフィックアーツ科から
  • 工芸高校ニュース

2013年06月24日

生徒作品が採用されました

東京都教育委員会発行の冊子『平成26年度 東京都立高等学校に入学を希望する皆さんへ』の表紙及び挿絵に、デザイン科生徒のイラストが採用されました。
下の画像はデザイン科2年 田邉香奈子さん(挿絵)、デザイン科3年 鈴木南奈さん(挿絵)、デザイン科3年 伊藤彩歌さん(表紙)の作品です。
(画像をクリックすると大きく表示されます)

 

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2013年06月19日

生徒作品が採用されました

『文京区社会を明るくする大会』のポスター及びチラシのデザインに、デザイン科1年 和田幸恵さんのイラストが採用されました。
(画像をクリックすると大きく表示されます)

  • デザイン科から
  • 工芸高校ニュース

2013年06月19日

7月の校内見学のご案内(全日制)


「7月のカレンダー」をご覧ください。
校内見学のご予約やお問い合わせは、電話03-3814-8755で(8:30~17:00)受け付けております。
FAXにて申し込まれる方はこちらの用紙(PDFファイルが開きます)をお使いください。

 

  • 中学生へのお知らせ

2013年06月15日

授業公開及び学校説明ご来校の御礼(全日制)

本日は大変お暑い中を、本校の授業公開及び学校説明にお越しいただきまして誠にありがとうございました。

午前中3・4時間目に行われた授業公開には、541名の保護者や中学生、企業の方々が来校され、各科のさまざまな実習の様子や普通教科の授業を見学していただきました。
午後に行われた学校説明には、199名の中学生と保護者の方々にご参加いただき、工芸高校の概要をお聞きいただきました。写真は学校説明の様子です。
ご来校いただいた皆様、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回の授業公開は、11月16日(土)に予定しております。
また、夏季休業中の7月23日(火)、7月30日(火)、8月13日(火)、8月20日(火)に学校見学会を実施します。
この見学会では、各科の実習室や校内の施設・設備を見学していただきながら、学校の紹介をいたします。
中学生の皆さん、ぜひご参加下さい。

  • 中学生へのお知らせ

2013年06月15日

体育祭の写真 その2 「全力で応援するぞ!」(全日制)

午後一番に行われた各科の応援合戦の様子です。それぞれ個性あふれるパフォーマンスは応援合戦を超えたエンターテイメントを感じさせました。午後の競技にとても気合が入ったことと思います。応援団の生徒、それを応援していた生徒のみなさんお疲れ様でした。写真はデザイン科3年大島隆人くんが撮影してくれました(一部教員が撮影したものもあり)。

  • 工芸高校ニュース

2013年06月13日

武蔵野美術大学の公開模擬授業に参加しました

6月9日(日)、武蔵野美術大学オープンキャンパスの企画として、共通絵画研究室が実施した公開模擬授業に、他校の生徒と共に本校からも2、3年生13名の生徒が参加しました。

真っ黒に炭化した大きな角材が重ねて置いてあり、それを大判の紙に自由に描く、という授業。
モチーフや画材と素直に向き合い、手や足や顔まで真っ黒にしながら大きな画面と格闘しました。
最後は大学の先生方からの講評を頂き、美術大学の授業の一端を肌で感じることができました。

写真は制作中の様子と講評風景です。(クリックすると大きな画像で見られます)

 

 

  • 工芸高校ニュース
Copyright Tokyo Metropolitan KOGEI High School. All rights reserved.
先頭に戻る