学校紹介
学校紹介トップページ
全日制紹介
全日制 学科紹介
全日制 アートクラフト科
全日制 マシンクラフト科
全日制 インテリア科
全日制 グラフィックアーツ科
全日制 デザイン科
全日制 カリキュラム
全日制 進路状況
全日制 部活紹介
定時制紹介
定時制 学科紹介
定時制 アートクラフト科
定時制 マシンクラフト科
定時制 インテリア科
定時制 グラフィックアーツ科
定時制 カリキュラム
定時制 進路状況
定時制 部活紹介
施設紹介
アクセス
Photo 自由で伸びやかな校風の下で 個性と技術を伸ばして欲しい 東京都立工芸高等学校 校長 松本光正
生徒たちは明確な目標を持っているから、充実した毎日を送れているのでしょう
初めて工芸高校を訪れた方は、その自由で個性的な雰囲気に驚かれることでしょう。その雰囲気はどこからくるのか。単に生徒がのびやかに見えるからではありません。
本校の生徒たちは、実習や授業を通じて、自由に発想すること、自分の個性や考えを表現する方法を学んでいます。何かを表現したい、作り出したいというエネルギーが、意欲的で自由闊達な校風を生み出しているのです。

私はしばしば生徒たちから「この学校に来て良かった」という言葉を聞きます。「高校時代は進学や就職までの通過点にしか過ぎない」と思われがちな昨今、工芸高校が若い生徒たちの思い入れの対象になっていることを、非常に嬉しく思います。

工芸高校の生徒たちは、各々が明確な目標や目的を持ち、それを成し遂げるために日々奮闘しています。その充実感が、高校生活を楽しく、有意義なものにしているのでしょう。
これから工芸高校を目指そうとしている中学生のみなさんには、「ものづくり」に興味があるならば、工芸高校は必ずみなさんが満足できる学校であるということをお伝えしたい。中学校で美術、技術の授業が徐々に削られていく中、思う存分絵を描き、ものを作ることができる環境がここにはあります。それは、先輩たちの充実感に満ちた笑顔をご覧になればお分かりになると思います。

この学校で身につけた知識や技術、それは必ず将来の役に立ちます。また、仲間たちと力をあわせ、あるいは競い合いながら自己を表現しようとした日々の記憶は、これから人生を紡いでいく上での励みや糧になることでしょう。

「ものづくり」を通して得た技術、そして仲間との絆を活かして自分の夢を形作り、それを実現して欲しい。それを祈って止みません。
人と人のつながりが、高校生活を豊かにする。工芸高校の伝統は、脈々と受け継がれています。 校長 松本正光Photo
「ほかのどこでもなく、工芸高校に入りたかった」。そんな生徒が多いのも本校の特徴です。本校では毎年秋に「工芸祭」という学園祭を開催します。生徒たちの作品を展示し、盛大に行なうのですが、ここで工芸高校を知り、「あんな作品を作りたい」と思い、進路の選択肢に加える中学生が多いようです。
家族や親戚に本校の在校生、卒業生がいたからという生徒もいます。100周年を迎える伝統ある学校だけに、親子3代工芸高校出身というご家族もあるくらいです。

きっかけはさまざまですが、みな工芸高校に憧れて入学してきた生徒です。学年や所属する科が違っても、「ものをつくる」ということに喜びを感じる点は同じです。実際、教員と生徒のコミュニケーションは円滑ですし、先輩・後輩の区別なく、ともに技術を高めあう機会も数多くあります。

学年の枠を取り払って工芸祭の準備に明け暮れたり、仲間の素晴らしい作品を見て「自分はもっといいものを作りたい」と奮起したり。時折訪れる、社会で活躍する卒業生たちとのふれあいも、確実に生徒たちの刺激になっています。この人と人とのつながりが、生徒たちの大きな財産になることは間違いありません。その財産は、これから工芸高校を目指そうとする新世代のみなさんにも、きっと受け継がれていくことでしょう。
このページのトップへ
全日制紹介
教育目標
・自らの資質や能力を高め、自己実現を図る力を育成する。・教養と人格の向上を図り、民主的な精神を育成する。・社会の変化に対応できる産業人を育成する。「誠実」「元気」「信愛」「規律」を校訓としています。
進路の選択肢は豊富。自分の将来をイメージしながら、腕を磨く日々。
元々職人を養成する学校であった工芸高校は、エンジニア、デザイナー、ディレクターといった現代社会で活躍する「作り手」を生み出し続けています。
生徒たちの進路は実にさまざまです。身につけた技術を活かして就職する生徒。さらに専門的な知識を深めるために専門学校や大学に進学する生徒。多彩な授業を受ける中で、別の分野に興味を持ち、新たなフィールドを模索し始める生徒もいます。
私たちは生徒たちとのコミュニケーションを密にし、彼ら、彼女らの選択をサポートしていきたい。卒業後、どんな分野に進もうとも、「工芸高校で学んだことが、こんなところで役に立った」と思ってくれるなら、こんなに嬉しいことはありません。
このページのトップへ
各種コンクール等の実績(平成23年度の主なものです。)
A科
・ヒコ・みずのジュエリーカレッジ 高校生ジュエリーデザインコンテスト ストーンマーケット賞1名
・平成23年度 明るい選挙啓発ポスターコンクール 最優秀賞1名 他1名
・基礎製図検定 合格40名
・ガス溶接技能講習 合格23名
・危険物取扱者 乙4類取得4名
M科
・全国工業高等学校長協会主催 計算技術検定1級合格4名
・危険物取扱者 乙5類取得7名 他8名
I科
・第4回ものデザインコンテスト クラフト部門最優秀賞1名 他11名
・第6回全国若年者ものづくり競技大会 木材加工職種 第3位1名
・第4回高校生の建築フレッシュアイデアコンペ文の部門 最優秀賞1名
・第23回丹波の森 ウッドクラフト展 ジュニアの部 準グランプリ1名 他2名
G科
・第15回全国着物デザインコンクール 全国染連合会賞1名 他7名
・IPA情報セキュリテイポスターコンクール 韓国インターネット振興院賞1名 他1名
・川の写真コンクール 特別賞1名 他4名
・未成年者喫煙防止ポスターコンクール 最優秀賞1名 他3名
・第10回未成年者飲酒防止ポスター 最優秀賞
D科
・文部科学省後援 レタリング技能検定 2級2名 他1名
・東京都教育委員会 わくわくどきどき夏休み工作スタジオ チラシ採用1名
・東京都教育指針会 「都立高校に入学を希望する皆様へ」表紙原画作成1名
・オレンジカップ2011アイデアのタネコンテスト アイデアのタネ大賞1名 他1名
                                                    
定時制紹介
教育目標
・教養と人格の向上・専門的知識の理解と実技の習得・自治の精神に基づく、誠実・元気・信愛・規律の実線・勤勉で着実な技術者としての態度の涵養・豊かな情操と円満な常識の涵養・創意工夫の能力と美的感覚の涵養・健全で活動的な身体の育成・社会に貢献する精神の涵養
4年間という時間の中で、進むべき道、熱中できることを見つけよう。
生徒数約300人というのは、都内でも有数の規模。それが本校の定時制です。本校の定時制に赴任して来られる先生が口を揃えるのは、「生徒たちの熱心さに驚いた」ということ。全日制と同様、「工芸高校に行きたい」という思いを実現させた生徒たちですから、自然と授業も充実したものになるのでしょう。
定時制には、中学時代に不登校だった生徒、別の高校を辞めた生徒も入学してきます。彼ら、彼女らは、みな工芸高校で新しい自分を見出してくれているようです。実際に手を動かし、自分の分身である作品を作り上げることに喜びを感じ、かつては考えもしなかったクリエイターになるという将来を見出した生徒もいます。いろいろな個性が集まり、磨かれることで、打ち込める対象を見つけてくれたことを嬉しく思います。
定時制は入学から卒業まで、4年間という期間があります。この時間を有効に使い、自分の進むべき道をじっくりと模索して欲しいと思います。
歴史・沿革
1907年(明治40年) 東京府立工芸学校として、京橋区築地に開校
1923年(大正12年) 関東大震災のため、校舎全焼
1927年(昭和2年) 本郷区元町の現在地に新校舎落成
1950年(昭和25年) 東京都立工芸高等学校と校名変更
2006年(平成18年) 創立100周年
歴史について詳しくは「100周年記念」からどうぞ
このページのトップへ